クラウドコンピューティング(用語)

クラウドコンピューティングに関連する記事一覧

  • マイクロソフトがより公平な機械学習モデルを作るためのツールを発表

    マイクロソフトがより公平な機械学習モデルを作るためのツールを発表

    Microsoftは、米国時間5月19日のデベロッパーカンファレンスBuildで機械学習に力を入れていた。そして同社は多くの新しいツールや機能を発表しただけでなく、AzureクラウドとMicrosoftのオープンソースツールキットの両方で、より信頼性が高く公平なAIシステムの構築に取り組んでいることも強調していた。 続きを読む

  • IT部門をクラウドから支援するElectricが01 AdvisorsとSlack Fundから7.6億円調達

    IT部門をクラウドから支援するElectricが01 AdvisorsとSlack Fundから7.6億円調達

    IT部門をクラウドに置くことを目的とするプラットフォームのElectric(エレクトリック)は、2020年初めのシリーズBの延長に続く資金調達を発表した。 続きを読む

  • Amazon KendraはAIと機械学習で企業内サイトの検索精度を強化

    Amazon KendraはAIと機械学習で企業内サイトの検索精度を強化

    Amazon(アマゾン)は、エンタープライズサーチでもWebのような完全な結果が得られるために、機械学習の導入による検索技術のアップデートを目指している。 続きを読む

  • マイクロソフトがニュージーランドに初のデータセンター設置、クラウド利用増に対応

    マイクロソフトがニュージーランドに初のデータセンター設置、クラウド利用増に対応

    新型コロナウイルス(COVID-19)パンデミックで経済の先行きが不透明であるにもかかわらず、成長を続ける分野がクラウドコンピューティング。直近の四半期決算でAzureが59%成長したMicrosoft(マイクロソフト)がニュージーランドにデータセンターを設置すると発表したのはおそらくこのためだ。 続きを読む

  • Visual Studioベースの完全クラウド開発環境GitHub Codespacesが登場

    Visual Studioベースの完全クラウド開発環境GitHub Codespacesが登場

    GitHubがオンライン版に切り替えて開催したSatelliteの目玉は、やはりGitHub Codespacesだろう。これはマイクロソフトのVisual Studio Codespacesをベースにして、デベロッパーにフル機能の開発環境をクラウドで提供するサービスだ。 続きを読む

  • 自社のクラウドストレージAPIをAmazon S3互換にしてAWSに挑戦するBackblaze

    自社のクラウドストレージAPIをAmazon S3互換にしてAWSに挑戦するBackblaze

    Backblazeは、大手に比べて料金がかなり安価な同社のB2 Cloud Storageサービスを、AmazonのS3ストレージサービスとAPI互換にしたことを発表した。B2を、S3に対してAPI互換とすることで、B2を利用しようというサービスのデベロッパーは、単にストレージをBackblazeにリダイレクトするだけでよく、大規模なプログラムの書き換えは必要なくなる。S3からB2への乗り換えを促進するのが狙いだ。 続きを読む

  • AWSが放送局級のライブ配信を可能にするデバイス「Elemental Link」をリリース

    AWSが放送局級のライブ配信を可能にするデバイス「Elemental Link」をリリース

    Elemental Linkはポータブルな動画圧縮、アップロード用ハードウェアで、AWSの Elemental MediaLive サービスと組み合わせて簡単に高品位なライブ動画配信ができる。 続きを読む

  • 新型コロナ感染拡大にもかかわらずAWSやAzureなどのクラウドベンダーは売上急増

    新型コロナ感染拡大にもかかわらずAWSやAzureなどのクラウドベンダーは売上急増

    企業のクラウドへ着実に移行し始めていたのは、新型コロナウイルスの影響よりも前からだといってもいいだろう。市場の主な選手たちの至近の四半期の決算を見ると、パンデミックと経済の低迷で成長が鈍化した気配もない。むしろそれは、成長に貢献しているのかもしれない。 続きを読む

  • クラウド需要の急増が突きつけるグリーンエネルギーの課題

    クラウド需要の急増が突きつけるグリーンエネルギーの課題

    このロックダウン期間中に、膨大な数の人が仕事でビデオ会議を行っている。しかし、燃料を使う通勤手段をデジタルコネクティビティで置き換えると、個人が2時間のビデオ会議で使用するエネルギーは、4マイル(約6.4km)電車に乗る場合に使う燃料よりも大きなものになる。 続きを読む

  • 機械学習のモデルの管理を効率化するComet.mlが約5億円を調達

    機械学習のモデルの管理を効率化するComet.mlが約5億円を調達

    より効率的な機械学習プラットホームを作ろうとしているスタートアップComet.mlは今日(米国時間4/22)、450万ドルの新たな資金調達を発表した。 続きを読む