CMU

  • 人間の作業を手伝うCMUのバックパック型ロボットアーム

    人間の作業を手伝うCMUのバックパック型ロボットアーム

    カーネギーメロン大学のBiorobotics Labは、モジュール式のヘビ型ロボットの開発で一躍有名となったバイオロボット研究室だ。 続きを読む

  • ロボットとドローンを組み合わせて鉱山救助に挑むCMUチーム

    ロボットとドローンを組み合わせて鉱山救助に挑むCMUチーム

    ピッツバーグを訪れた最後の日に、今では廃坑となった炭鉱に行く機会を得た。カーネギーメロン大学とオレゴン州立大学の学生チームは、次の競技に向けて、1組のロボットの準備を整えていた。 続きを読む

  • この2足ロボットは飛び石を軽快に歩行する

    この2足ロボットは飛び石を軽快に歩行する

    UCバークレーのHybrid Robotics GroupとCMUの研究者らは、荒れた地形をつま先立ちで転ばずに歩くロボットの研究に励んでいる。研究チームは二足歩行ロボットのATRIASと機械学習を使って、ロボットに初見の飛び石を渡り進むよう「教える」ことができる。 続きを読む

  • ニットマシンで3Dのウサギが編めるシステム登場――カーネギーメロン大で開発

    ニットマシンで3Dのウサギが編めるシステム登場――カーネギーメロン大で開発

    産業用編機がついに3D化する。Carnegie Mellon大学の研究チームは任意の3D形状をオンデマンドで編み出すことができるテクノロジーを開発した。3Dプリンターに似ているが、プロダクトはソフトだ。 続きを読む

  • カーネギーメロン大、6脚ロボットを開発――動物の移動の仕組みはロボットの重要なヒントに

    カーネギーメロン大、6脚ロボットを開発――動物の移動の仕組みはロボットの重要なヒントに

    カーネギー・メロン大学ロボット・ラボが開発したスネークは迫力の点でロボットのデモの王座を占めてきた。聖書に出てくるヘビをモチーフにしたということだが、細長く柔軟な動作が可能で、頭部に設置されたカメラで誘導されて狭いスペースに潜り込むには最適の形態だ。このロボットはとぐろを巻ける。柱などに上って視界を確保することができる。全体としてエンジニアリングの傑作だ。 続きを読む

  • ロボットたちに、触れることを通して世界を学ぶことを教える

    ロボットたちに、触れることを通して世界を学ぶことを教える

    ゆっくりと、しかし、確実に、ロボットのBaxterは学んでいる。それは一連のランダムな「掴み」から始まる。大きくて赤いロボットが、あまり器用とはいえない手つきで、目の前のテーブル上の物体を押したり突いたりしている。この、1日8時間かけて1ヶ月に5万回もの掴みを繰り返すプロセスは、私たち人間にとっては極めてうんざりするような代物だ。ロボットは触覚フィードバックと試行錯誤を経て学習している。あるいはプロジェクトの背後にいるカーネギーメロン大学のコンピュータサイエンスチームが言うように、それは世界に関して赤ん坊のように学習しているのだ。 続きを読む

  • Googleが支援するCMUの「スーパーセンサー」プロジェクトは、普通の機器の世界にIoTパワーを持ち込む

    Googleが支援するCMUの「スーパーセンサー」プロジェクトは、普通の機器の世界にIoTパワーを持ち込む

    いわゆる「スマートホーム」は、しばしば信じられないほど馬鹿馬鹿しいものに見えることがある。なんの問題もなく使えている家電たちを、インターネットに接続する同等品に置き換えるために、大金を払わなければならないし、しかもそうした新しい機器たちはハッキングに対する脆弱性を持っていたり、メーカーの気まぐれで機能が使えなくなったりする。 または、家庭内の各機器や可動式什器たちに、センサーを貼り付けることもできる。これは最後には室内をセンサー貼付ガジェットで埋め尽くしてしまうことに等しい、全てのものにモーションセンサーや見苦しいダッシュスタイルボタン… 続きを読む

  • Kineticaは指先で直感的に高度な統計処理とビジュアル化ができるすぐれものiPadアプリ

    大量のデータをすばやくいくつかのグループに分類したいなどと思ったことがあるだろうか? もしそうなら朗報だ。カーネギー・メロン大学(CMU)の人間コンピュータ相互作用センターの博士課程の学生グループが開発中のKineticaというiPadアプリはデータを指先で操作し、分類したり、任意の線に沿って並べたり、スワイプだけでグラフ化したりできる。 続きを読む