炭素 / 二酸化炭素(用語)

carbon dioxide。化学式はCO2。地球上における代表的な炭素の酸化物。

  • 新興EVメーカーFiskerは2027年までに気候変動に影響を与えないEVの製造を目指す

    新興EVメーカーFiskerは2027年までに気候変動に影響を与えないEVの製造を目指す

    電気自動車メーカーのFisker Incは、2027年までに同社初のクライメイトニュートラルな(気候変動に影響を与えない)自動車を作り上げるというムーンショット目標を掲げている。フィスカーはまだ実際にクルマを販売していない(クライメイトニュートラルであろうとなかろうと)ので、この目標は野心的と言える。 続きを読む

  • 牧場経営者のCO2排出量削減を支援、家畜用の新しい環境アセスメントサービス

    牧場経営者のCO2排出量削減を支援、家畜用の新しい環境アセスメントサービス

    持続可能な畜産 / 農業において、測定作業は、食糧システムを炭素排出源から炭素吸収源へと転換するプロセスの、最初のそして時には最も困難なステップだ。そこで、農業を中心とした食糧システムに科学的に注力するDSMと、持続可能性のためのデータ分析を行うコンサルティング会社Blonkが共同開発したのがSustellだ。 続きを読む

  • EUがゲイツ氏のBreakthrough Energyと提携、クリーンテックの開発・浸透加速へ

    EUがゲイツ氏のBreakthrough Energyと提携、クリーンテックの開発・浸透加速へ

    欧州委員会は、今後5年間(2022〜2026年)で最大10億ドル(約1095億円)をクリーンテックと持続可能なエネルギープロジェクトへ新たに投資することを目的に、ビル・ゲイツ氏の持続可能エネルギー投資ビークルとの提携を発表した。 続きを読む

  • 南アフリカの自動車サブスクリプション会社Planet42がカーボンニュートラルを目指す理由

    南アフリカの自動車サブスクリプション会社Planet42がカーボンニュートラルを目指す理由

    UberやBoltのような配車サービス企業が交通業界の在り方を覆して以来、彼らの悩みの種となってきたのは交通渋滞と公害だ。調査によると、自家用車よりも配車車両による移動の方が排出量が多いことが示されている。 続きを読む

  • サプライチェーンの温室効果ガス排出量計測・管理をAIで自動化するEmitwiseがシード約3.5億円を追加調達

    サプライチェーンの温室効果ガス排出量計測・管理をAIで自動化するEmitwiseがシード約3.5億円を追加調達

    AIプラットフォームで企業とそのサプライチェーンからの温室効果ガス排出量を測定できるとするスタートアップのEmitwiseは、シードラウンドに320万ドル(約3億5000万円)を追加し、これで同社が調達したシード資金の総額は660万ドル(約7億2000万円)となった。同社はこのプラットフォームにより、サプライチェーン全体のカーボンアカウンティング(炭素会計)の自動化、排出ホットスポットの特定、ERPシステムとの統合、CDP、GHG、TCFDなどの監査・開示システムへの準拠を実現するとしている。 続きを読む

  • グーグルが次世代カスタムAIチップ「TPUv4」を発表、1ポッドでエクサフロップ以上の処理能力

    グーグルが次世代カスタムAIチップ「TPUv4」を発表、1ポッドでエクサフロップ以上の処理能力

    Google(グーグル)は米国時間5月18日のI/Oデベロッパーカンファレンスで、同社のカスタムTensor Processing Units(TPU)AIチップの次世代バージョンを発表した。これは同チップの第4世代で、前世代の2倍の速さだとGoogleはいう。 続きを読む

  • 【コラム】暗号資産とブロックチェーンは問題を受け入れてサステナビリティを牽引するべきだ

    【コラム】暗号資産とブロックチェーンは問題を受け入れてサステナビリティを牽引するべきだ

    Bitcoin(ビットコイン)が史上最高値を記録し、暗号資産(仮想通貨)が主流になりつつある中、この業界の二酸化炭素排出量増加が見過ごせない問題になっている。 続きを読む

  • カーボンオフセットの透明性を高めるSylveraがIndex Venturesからシード資金を獲得

    カーボンオフセットの透明性を高めるSylveraがIndex Venturesからシード資金を獲得

    英国を拠点とするスタートアップのSylveraは、カーボンオフセットプロジェクトの透明性を高めるため、衛星、レーダー、LiDARデータを駆使した機械学習を利用し、責任と信頼性を付与しようとしている。その上で、カーボンオフセットプロジェクトを独立の立場から格付けする。 続きを読む

  • 支援を求めるExxonMobilを横目にスタートアップ企業は炭素回収に取り組む

    支援を求めるExxonMobilを横目にスタートアップ企業は炭素回収に取り組む

    米国時間4月19日、温室効果ガスの排出量が最も多い企業の1つであり、長年気候変動に関する規制に抵抗してきたExxonMobilは、メキシコ湾沖の地層に何億トンもの二酸化炭素を貯留する1000億ドル(約11兆円)の大規模プロジェクトの提案(政府も一部支援)を発表した。 続きを読む

  • 多数の著名投資家が支援するカーボンオフセットマーケットPachamaが約16億円調達

    多数の著名投資家が支援するカーボンオフセットマーケットPachamaが約16億円調達

    森林カーボンクレジットのためのマーケットプレイスを構築しているPachamaが新規ラウンドで1500万ドル(約16億円)を調達した。 続きを読む