coaido

  • 年内にも心停止者の救命1号が出る―「コエイド」はハッカソンから生まれた救命サービス

    年内にも心停止者の救命1号が出る―「コエイド」はハッカソンから生まれた救命サービス

    コエイドは、心停止に陥った患者の近くにいる消防士や医療関係者などにスマホアプリで通知して、救急車が到着するまでに心肺蘇生を試みるという枠組みを作った。この秋にもテストケースとして愛知県の自治体へ実際に導入する。テストケースとはいえリアルな環境で運用するので、早ければ10月にもコエイドがなければ失われただろう命が救われることになりそうだ。統計的に言って、今回対象となる自治体だけで1カ月に7〜8人程度の心停止患者が発生することになるという。 続きを読む