Coffee

  • コーヒー豆の等級分けロボットとブロックチェーンを使って生産農家に公正な支払いをするBext360

    コーヒー豆の等級分けロボットとブロックチェーンを使って生産農家に公正な支払いをするBext360

    コーヒーは、石油に次いで世界で二番目に大きい貿易商品だ。Fairtrade Foundationの推計では、およそ1億2500万の人びとがコーヒーの栽培で生計を立てている。その多くが小農または農業労働者で、世界銀行の調査では家族が1日2ドル未満で生活している。そこで、デンバーのBext Holdings Inc.は、これらの農家が豆の公正な価格に見合う代金を容易にかつ迅速に得られるようにしたい、と考えた。 続きを読む

  • 出会いサイトMatchのポップアップコーヒーショップでは飲み物の上にお相手の顔を3Dプリントする

    出会いサイトMatchのポップアップコーヒーショップでは飲み物の上にお相手の顔を3Dプリントする

    デートサイトの老舗Matchが、巧妙なパブリシティ策としてコーヒーショップのポップアップショップを開き、しかもそこでは、カフェラッテの泡の上にお相手の顔を3Dプリントする。 店に入って飲み物をオーダーするときに、男4女4計8名の候補から一人を選ぶ。すると、その人の顔が3Dプリントされたコーヒーが運ばれてくる。Match上のその人のプロフィールのリンクなど、関連情報もついている。 続きを読む

  • 米Amazon、自社ブランドの食料雑貨を近々販売へ

    米Amazon、自社ブランドの食料雑貨を近々販売へ

    Amazonは近く、自社ブランド(PB)のコーヒー、紙おむつ、および食料品等を取扱うと、Wall Street Journalは伝えている。 続きを読む

  • 家庭用マシンの中にバリスタを配置するArist、Kickstarterキャンペーンを展開中

    家庭用マシンの中にバリスタを配置するArist、Kickstarterキャンペーンを展開中

    Aristは自宅でカフェの味を実現しようとするプロダクトだ。いろいろな種類のコーヒーを、完璧に淹れることを目指す。豆をひくところから始めて、コーヒーをすすめるタイミングまで考えてくれる。対応スマートフォンアプリケーションは好みのレシピを覚えておいてもくれる。お気に入りの味を見つけたら、その際の温度、シロップの量などを記憶しておいてくれるのだ。さらにはNFCステッカーを利用して、特定のカップにいつも同じコーヒーを注ぐこともできるようになっている。 続きを読む

  • 生豆のローストからはじめて14分でコーヒーを淹れてくれるBonaverde

    生豆のローストからはじめて14分でコーヒーを淹れてくれるBonaverde

    わずか14分間にナマで緑色のコーヒー豆をローストして、そしてその豆を使ってコーヒーを淹れるための機械であるBonaverdeのファウンダーたちが、13万5000ドルの資金調達を目指して、Kickstarterキャンペーンを立ち上げた。このキャンペーン、本稿執筆時点では8日間を残して既に46万5475ドル(訳注:翻訳時点では48万2000ドル以上)を集めている。かなりの人気であるようだが、いったいどういうマシンなのか、ファウンダーのHans StierおよびFelix Artmannに話をきいてみた。単においしいコーヒーをただで飲みたかった… 続きを読む

  • ホリデーギフトガイド:エスプレッソやコーヒーを豆から自動的に淹れてくれるKrups EA82

    ホリデーギフトガイド:エスプレッソやコーヒーを豆から自動的に淹れてくれるKrups EA82

    世の多くの人はコーヒー好きだ。コーヒーメーカーが大好きだという人もいる。そしてとても多くの人が、おいしいコーヒーの入るコーヒーメーカーが大好きだ。 そんなわけでギフトの候補としてEA82をぜひとも考えてみたい。Krupから出ているオシャレなコーヒーメーカーだ。EA82は、飲むたびに毎回コーヒー豆から全自動で完璧なエスプレッソやコーヒーを入れてくれる。これは家庭用に作られたコーヒーメーカーの中で、ベストなもののひとつだと思う。 続きを読む