CogHead

  • SAP、クラウド進出を睨みCogheadの技術を買収

    SAP、クラウド進出を睨みCogheadの技術を買収

    昨日(米国時間2/18)われわれは、Cogheadがサービスを停止したことを報じた。ウェブベースの企業向けアプリケーション開発用エディターで、実に直感的なインターフェースを備えたサービスだった。今日、同社CEOのPaul McNamaraから連絡があり、以前同社に出資したソフトウェアの巨人SAPが、Cogheadの知的財産を買い取ったことを知らせてくれた。Cogheadは操業停止するが、同社チームの大部分がSAPに移る予定だ(ただし、McNamaraは移籍しない)。 SAPは以前からこの会社に出資はしていたが、最終的にCogheadを買収… 続きを読む

  • Cogheadがサービス停止, デッドプール入りへ

    Cogheadがサービス停止, デッドプール入りへ

    CogheadはWeb上のヴィジュアルアプリケーションエディタで、ユーザは分かりやすいGUIを使って企業向けのアプリケーションを開発できる。そのCogheadが店じまいをする。同社は閉鎖の理由として劣悪な経済状況を挙げ、サービスへのアクセスとデータのダウンロードは2009年4月30日までできると言っている。 このサイトが2006年の10月に復帰したときには、本誌は競合サイトに比べてアクセスしやすい点をほめた。さらにその後本誌は、同社をたびたび取り上げ(英語)(日本語記事)、ユーザが自分のアプリケーション(Cogletと呼ばれる)をどのW… 続きを読む

  • Salesforceにライバル現れる―Intuit、「QuickBase」をデベロッパーに公開

    Salesforceにライバル現れる―Intuit、「QuickBase」をデベロッパーに公開

    Intuitはクラウド・コンピューティングによるエンタープライズ向けアプリケーション開発のプラットフォームの競争に加わることを決めた。Intuitは同社のQuickBaseをデベロッパー向けに開放する。デベロッパーはこのプラットフォーム上にウェブ・アプリケーションや収益事業を構築できるようになる。QuickBase自体はすでに8年前から存在し、25万のユーザーがいる。QuickBaseは本質的にはオンライン・データベースで、ユーザー企業はこれを利用してプロジェクト管理や問題のモニタなど独自のサービスを構築して利用している。今回、サード… 続きを読む

  • Bungee Labs、シリーズCで$8M調達

    Bungee Labs、シリーズCで$8M調達

    Bungee LabsはシリーズCのラウンドで$8M(800万ドル)を調達した。Wasatch Venture Fundのほか、従来の出資者、North Bridge Venture PartnersとVenrock Associatesが参加している。 ユタ州Oremに本社を置くBungee Labsは、対話型ウェブアプリケーションの開発ためのウェブベースのAjax環境であるBungee Connectを提供する。Bungee Connectは、「中小規模の企業をターゲットとする市場に、リッチなウェブアプリケーションを効率よく開発して即座に提供できる」よ… 続きを読む

  • Bungee Connect、ローンチ―野心的な新しいオンライン開発サービス

    Bungee Connect、ローンチ―野心的な新しいオンライン開発サービス

    われわれはオンライン・アプリケーション・ビルダーならさんざん見てきたわけで、DabbleDB、Zoho Creator、 LongJump、Coghead、WyaWorks、その他数え切れないほどだ。さらにSalesforceのようなヘビー級も2007年後半にForce.comで参入してきた。 今日(米国時間2/18)、ユタ州に本拠を置くBungee Connectはプライベートなベータを開始したが、こういったライバル全部と競争するつもりらしい。ただ彼らはライバルに比べてずっと高度な機能を用意することで、ライバルのスタートアップとはまったく違… 続きを読む

  • Salesforce.com、DaaSサービスをローンチ― 新しい内容、価格体系で$1Mの開発コンペも開催

    Salesforce.com、DaaSサービスをローンチ― 新しい内容、価格体系で$1Mの開発コンペも開催

    CRM〔顧客関係管理〕とSaaS〔ソフトウェア・アズ・ア・サービス〕を提供しているSalesforce.comは、同社のForce.comクラウド・コンピューティング・アーキテクチャー(われわれの紹介はここ)で、新たに「Development-as-a-Service (DaaS、サービスとしての開発)」を開始することを発表した。これに伴って新しい価格体系とデベロッパーのコンペの開催も発表された。 DaaSサービスはエンタープライズ業務のデベロッパーがクラウンド・コンピューティングを行うための新しい一連の開発ツールとAPIから成る。これら… 続きを読む

  • Coghead 2.0―Adobe Flexベース、Amazonがホスティング

    Coghead 2.0―Adobe Flexベース、Amazonがホスティング

    Cogheadはウェブ・ベースでDIYのエンタープライズ・アプリケーション開発サービスを提供しているが、今日(米国時間1/14)、これをアップデートして、バージョン2.0を発表した。新しいUI(下のスクリーンショット)はAdobe Flexベースで、新しい機能が50も追加され、パフォーマンスは旧バージョンの3倍速くなっているという。これはもちろん非常に大掛かりなアップデートだ。「Coghead 2.0」と呼んで大騒ぎしたがるのもムリはない。オーサリング環境も新しくなり、ドラグ&ドロップできるウィジェットなどに加えて、OpenIDもサポート… 続きを読む

  • Coghead、アフィリエイト・プログラムをスタートしプラットフォーム戦略を続行

    Coghead、アフィリエイト・プログラムをスタートしプラットフォーム戦略を続行

    他社がクールなアプリを構築するために利用するようなプラットフォームになりたい、とシリコンバレーのあらゆる企業が望んでいる。顧客獲得の最も簡単な方法だからだ。DIY的でウェブベースのビジネス・アプリ構築ツールであるCogheadもそうだ。今日(米国時間12/11)、同社は独自のアフィリエイトプログラムを正式にスタート。ソフトウェアディベロッパーがCogheadを利用してエンタープライズアプリを制作できるようにし、カスタマーに再販可能にする(同プログラムは、2006年10月にスタートして以来プライベートベータだった)。Cogheadはアプ… 続きを読む

  • LongJumpのカスタマイズできるビジネスアプリ群

    LongJumpのカスタマイズできるビジネスアプリ群

    われわれは、6月、 LongJumpのビジネス・アプリケーションのプラットフォームがローンチしたときに紹介している。Coghead、DabbleDB、Zoho Creator、WyaWorks、SalesForceのForce.comなどと同様、LongJumpもプログラミング初心者が独自のアプリケーションを容易にデザインできるサービスだ。LongJumpはビジュアル・アプリケーション作成ツールと作成したアプリケーションをユーザー同士で共有できるディレクトリを提供している。スタート以来、100社以上がエンタープライズ・レベルの利用を行なっ… 続きを読む

  • Salesforce、Force.comでカスタムアプリケーション市場参入へ

    Salesforce、Force.comでカスタムアプリケーション市場参入へ

    Salesforceが来週カスタムソフトウェア市場に進出する。今度の月曜朝にライブとなる同社のサイト「Force」は、開発者がデータベース連動型アプリケーションを作り、これをサービスとして導入できる新プラットフォーム。こちらの探し物をSalesforceが提供するのではなく、誰か別の人がSalesforceのAppExchangeで作ってくれるのでもない、ただ自力でApexのフレームワークを活用して構築することができる、というものだ。 Forceは核のところは開発プラットフォームなので.NETとかJavaの競合かもしれないが、データベー… 続きを読む

  • Cogletsでデータ重視型アプリのウェブページへの埋め込みが簡単に

    Cogletsでデータ重視型アプリのウェブページへの埋め込みが簡単に

    Cogheadは、Cogletsという名の新サービスを今日(米国時間7/10)ローンチ。同分野における全般的な概説は、われわれがCogheadのライバル達について述べたこのエントリをチェックしてほしい。Cogheadの過去記事はここ(日本語)。 Coglets利用により、ユーザーは、種類を問わず制作したCogheadアプリをウェブページに埋め込めるようになる。Cogheadアプリはデータベースからの情報のインプット、アウトプットを扱うデータベース供給のアプリ。WYSIWYGインターフェースを採用し、プログラマーでは無いが、テク関連に強い… 続きを読む

  • Coghead「ビジュアルでアプリを構築する開発者は現在1万7千人」

    Coghead「ビジュアルでアプリを構築する開発者は現在1万7千人」

    今日(米国時間4/16)はシリコンバレーのCogHeadがWeb 2.0エキスポでセンセーションを巻き起こしている。同社のサービスは2006年からずっと一般利用可能だったので半ば儀礼的な節目に過ぎないのだが、本日ようやくサービスが正式ローンチの運びとなった。 同社のことは昨年ここに詳しく書いているように、オンライン・アクセス分野(Microsoft Accessから派生した新語)の新参プレーヤーだ。ライバルに当たるDabble DBやZoho Creator、 WyaWorksのことも過去に紹介している。これらのサービスは主に、タスク・トラッキン… 続きを読む

  • Coghead公開。アプリケーションをビジュアル開発

    Coghead公開。アプリケーションをビジュアル開発

    オンライン・アプリケーション構築の世界は、週を追うごとに面白くなってくる。この分野(「オンラインアクセス」分野と呼ぶこともあるのは、Microsoft Accessを指しているから) のアプリケーションはこれまでに何度も取り上げてきた。 例えば、Dabble DB、Zoho Creator、WyaWorksなど。こういうウェブアプリケーションが前提にしているのは、プログラマーでない人たちにもレコード主動型のウェブアプリケーションが作れるようにすることだ。 今日(米国時間10/11)、Cogheadがビジュアル・アプリケーシヨン構築サービスの公開ス… 続きを読む