コラム

  • ハーレー・ダビッドソン、シリコンバレーに研究開発センターを開設してEV生産を支援

    ハーレー・ダビッドソン、シリコンバレーに研究開発センターを開設してEV生産を支援

    Harley-Davidson、アメリカを象徴する内燃機関モーターサイクルメーカーが、2輪EVに本格参入する。 続きを読む

  • 過去1年間に調達したベンチャー資金総額、出身校別ランキング

    過去1年間に調達したベンチャー資金総額、出身校別ランキング

    大学のランキングといえば、それが資本豊富なファウンダーの数であれ、調達資金総額であれ、ベンチャーキャピタリストの出身校であれ、リストの上位には常に同じ名前が並ぶ。唯一のサプライズ要素は、ハーバードとスタンフォードのどちらがトップにいるかくらいだ。 続きを読む

  • Facebookはネガティブなメッセージに非対称の優位性を与えている

    Facebookはネガティブなメッセージに非対称の優位性を与えている

    Facebookの批評家としてRoger McNameeほど適した人物はいない。Elevation Partnersのマネージイング・ディレクターでFacebookの初期の投資家でもあるMcNameeは、Mark Zuckerbergのメンターを務めただけでなく、彼にSheryl Sandbergを引き合わせた人物でもある。 続きを読む

  • 起業、失敗、そして新しい挑戦――私が起業から学んだこと

    起業、失敗、そして新しい挑戦――私が起業から学んだこと

    初めて設立したスタートアップからは多くのことを学ぶことができた。企業家精神そのものについても学べたし、会社設立から、資金調達、そして最終的に会社を畳むまでの浮き沈み(主に沈み)も経験できた。何かを夢見て、その夢が消えようとする中で生まれる特別なプレッシャーに押しつぶされ、ある友人との関係はねじ曲がり、また別の友人との関係は崩壊した。 起業は決して愉快なものではないのだ。 続きを読む

  • 動画の次はオーディオ―、群雄割拠のメディア界で成長を続けるポッドキャスト

    動画の次はオーディオ―、群雄割拠のメディア界で成長を続けるポッドキャスト

    ライターが目を引くタイトルでPVを稼ごうとする中、教養があり新しいコンテンツを求めているモバイルリーダーが、モバイル”リスナー”へと変化しつつある。文字に起こされたニュースが、あらゆる角度から消費者に向かってなだれ込んでいる一方で、イヤホンを通して私たちに優しく語りかけてくるメディアが存在する。そう、ポッドキャストだ。その内容は、体制への反抗や映画評論、亡くなった人とその人の遺産に関する長編ストーリーなど多岐にわたる。 続きを読む

  • Elon Muskよ、自律飛行ドローンこそが未来の移動手段だ

    Elon Muskよ、自律飛行ドローンこそが未来の移動手段だ

    車が発明される前の時代の人に何が欲しいか聞いたら、”車”ではなく”速い馬”が欲しいと言っただろうというHenry Fordの有名な言葉がある。 私は今日の自動運転車が当時の速い馬にあたるのではないかと考えている。つまり自動運転車は現存するものの延長線上にあるものであって、決して新しいカテゴリーを生み出すものではない。想定の範囲内で革命的とは言えない。 将来的に人間が運転しなくなるというのは間違いないだろう。そして機械が運転手の役割を担うという意見にも賛同している。しかしその機械は、私たちの頭上… 続きを読む

  • 昨年苦しみを味わったウェアラブル市場の課題

    昨年苦しみを味わったウェアラブル市場の課題

    今は手首にはめるデバイスにとって「待ち」の時期だ。数年間ものすごい盛り上がりを見せていたウェアラブル業界だが、今年のCESではあまり目立っていなかった。2つ、3つ新しいスマートウォッチが発表され、パートナーシップやそこそこの出来のフィットネスバンドがアナウンスされたくらいで、業界全体のフォーカスとしては、Alexaを搭載した種々のデバイスやスマートホームへとシフトしたように感じた。 Andoroid Wear 2.0のリリースが遅れたことを主な理由として、メーカーがなかなか新製品をリリースできなかったという背景もある。現在のところ同OSは2… 続きを読む

  • テクノロジーが「人間の温かみ」を置き換えることはできない

    テクノロジーが「人間の温かみ」を置き換えることはできない

    最近、どこに行ってもオートメーションが人間の職を奪うという議論を耳にする。テクノロジーはもちろん急速に進歩し、クリックを中心とするメディア環境のなかではセンセーショナリズムが生まれる。しかし、テクノロジーが人間の代わりに働けるからといって、私たちがテクノロジーによるサービスを望むとは限らない。テクノロジーがまずまずの働きをするとしても、状況によっては、人間とやりとりしたいと思う場面があるのだ。 機械は与えられたタスクを人間よりも効率的にこなせる一方で、それらが行うアクティビティには「芸術性」が欠けている。つまり、ニーズに応える能力だ。た… 続きを読む

  • 「○○の死」は、殆どが過大評価

    「○○の死」は、殆どが過大評価

    テクノロジーの世界では誰もが何かの「死」を熱望する。 少なくとも、それがメディアを見てわかることだ。ゲーミフィケーションの「死」、ケーブルの「死」、ビデオゲームの「死」、デトロイト自動車産業の「死」。不動産業、自動車ディーラー、現金、紙 ― すべてがビジネス殺人の被害者だ。いくら気取ってみても、人は殺戮が好きだ。 続きを読む

  • Facebookプラットフォームの変遷

    Facebookプラットフォームの変遷

    最近のF8カンファレンスで、Mark ZuckerbergがFacebook Messengerは新たなデベロッパープラットフォームになると発表したのを聞きながら、私は2007年にFacebook自身がプラットフォームになったことを思い出した。当時のFacebookは違っていた。大量の友達を招待して数多くのゲームをプレイさせ、プラットフォームを通じて新しいタイプのアプリケーションを作ることができた。Facebookプラットフォームの2007年は、西部開拓時代によく似ていた。ソーシャルグラフを探ったり作ったりするには楽しい時代だった。 続きを読む

  • バブルから身を守る堀を作れ:現代の金融環境を生き抜く

    バブルから身を守る堀を作れ:現代の金融環境を生き抜く

    2週間前、NASDAQは2000年3月の史上最高値を更新した。一方、評価額10億ドル以上の「ユニコーン」非公開企業は現在50社以上ある。非公開テクノロジー企業はかつてないほど簡単に早く資金を利用できるようになった ― 評価額1億ドル以上(15年前なら「超弩級」IPOと考えられていた)の資金調達ラウンドは、今や非公開企業では当たり前になりつつある。 続きを読む

  • ユーザーの位置情報デベロッパーが守らなくてはならない

    ユーザーの位置情報デベロッパーが守らなくてはならない

    位置情報データは極めて繊細だ。そこには住んでいる場所、日々の習慣、友達のネットワークなどに関するデータが含まれている。新たな目的地を発見し、そこへ行く道路の渋滞を避け、到着したらスワイブして新しい友達と会い、帰宅前にエアコンを入れることさえできる。データがここまでわれわれのこと知っている時、注意深い保護が必要になる。 続きを読む

  • 4月30日を「インターネット独立記念日」に制定しよう

    4月30日を「インターネット独立記念日」に制定しよう

    この4月はインターネット商用化20周年にあたるが、皮肉なことに同月、FCCの新たなオープンインターネット規則が正式に発表され、インターネットに低迷と曖昧性の象徴である公共事業モデルを適用しようとしている。同規約は、1934年の独占電話事業のために作られた方法で当局がインターネットを規制することによって、インターネットが守るべき “permissionless innovation”[自由なイノベーション]を潰そうとするものである。 続きを読む

  • オープンソースのスタートアップが失敗する本当の理由

    オープンソースのスタートアップが失敗する本当の理由

    Nebulaのサービス終了にまつわる最近のニュースは、OpenStack市場の現状が原因でOpenStackスタートアップが苦戦しているという憶測を呼んだ。中にはOpenStackドリームは「生命維持」状態だと主張する記事さえある。 続きを読む

  • ポルノとセックスは別物。インターネットはもっと「セックス」を許容すべきだ

    ポルノとセックスは別物。インターネットはもっと「セックス」を許容すべきだ

    「Meerkatの特殊機能を最大限活用しているのは、おそらくアマチュア・ポルノ写真家である」、とThe Economistは冷やかに観察してMeerkat対Periscopeの戦いの分析を終えた。「ポルノには新たなビデオテクノロジーを促進してきた長い歴史がある」。たしかに。ポルノは常にテクノロジーの先端にいる。しかし、セックスはどうか。 続きを読む

  • テクノロジーはトルコを未来へとつなぐ道

    テクノロジーはトルコを未来へとつなぐ道

    編集部注:本稿のライター、Metehan Oguzは、トルコ遺産団体評議員で、Oguz ConsultingのCEO。 IT情報通でも知らない人が多いかもしれないが、テクノロジーのリーダーとして出現しつつある新たな国がある。トルコの急速な経済成長は、世界的経済不況の中でさえ、堅牢な銀行システムから医療改革まであらゆるものを作ろうとする世界の何十という国々のモデルとなっている。この成長も注目に値するが、同国はさらに楽しみな時期への準備を整えた。IT企業と国産イノベーションの急増だ。 若い、「つながっている」世代によって、トルコは発明の発信源、お… 続きを読む

  • なぜ創造的職業の社会的地位は高くないのか?

    なぜ創造的職業の社会的地位は高くないのか?

    Matt Burnsが書いた、先週彼の息子が学校で遭遇した状況は、米国内のほぼどこででも起き得ることだ。学校の職業体験の日、彼の7歳の息子は将来ゲームデザイナーになりたいと先生に言った。先生の反応は熱狂的どころか彼の夢を否定するものであり、それより本物の職業につくようにと息子に言った。 続きを読む

  • 体験的イスラエル・スタートアップ論―国全体がスタートアップを盛り立てている

    体験的イスラエル・スタートアップ論―国全体がスタートアップを盛り立てている

    編集部:Omar Téllezは公共交通機関乗り換え案内アプリのMoovit のプレジデント。それ以前はSynchronoss Technlogiesの幹部。 最初にベングリオン国際空港に着いたときのことを私は決して忘れないだろう。 ニューヨークのJFK空港から12時間の長旅の後で入管の行列に並んだときだった。「MoovitのTシャツを着ている人、前へ出てください」と声をかけられた。一瞬私はやっかいごとに巻き込まれたのかと思った。しかし入管の係官は訛りの強い英語で「イスラエルへようこそ! われわれはスタートアップを誇りにしています。世界の人にイ… 続きを読む

  • 私はこうしてパテント・トロル(特許ゴロ)を撃退した―みんな立ち上がれ!

    私はこうしてパテント・トロル(特許ゴロ)を撃退した―みんな立ち上がれ!

    編集部: Chris Hullsは家族向けSNSのLife360の共同ファウンダー、CEO いじめと戦うのは中学でおしまいかと思っていた。大人しくおくてだった私は小さい頃、かっこうのいじめの的だった。しかしある日、敢然と反撃するともう誰からもいじめを受けることはなくなった。それがまた始まったのだ。私はテクノロジー起業家として新たないじめに直面した。パテント・トロル(特許ゴロ)だ。 続きを読む

  • 18金のApple Watchは理想的な大馬鹿者発見器

    18金のApple Watchは理想的な大馬鹿者発見器

    編集部: ケビン・ローズ(Kevin Rose)はDiggのファウンダー、 ベンチャーキャピタリスト、North TechnologiesのCEO であり、ニュース・アグレゲーターWatchvilleの開発者でもある。 私はアナログ腕時計のコレクターで、自他ともに認めるAppleファンだ。そこで私もApple Watch Edition(EditionというのはAppleが発明した「金」という意味のマーケティング用語)を好きになろうと努めた。しかし私にはApple Watch Editonに含有する金の価格(1トロイ・オンスの18金は900ドル程度)以上… 続きを読む