コラム(用語)

コラム記事一覧

  • 【コラム】米国の低所得者ブロードバンド支援はLifeline Programの再構築で改革せよ

    【コラム】米国の低所得者ブロードバンド支援はLifeline Programの再構築で改革せよ

    “If you build it, they will come”(それを作れば、彼らはやってくる)は、行動を勇気づけるために30年以上繰り返されているスローガンだ。映画『フィールド・オブ・ドリームス』に出てくるこの一文は、強力な格言だが、私はそこに一語加えてみたい。“If you build it well, they will come.”(それを〈上手に〉作れば、彼らはやってくる)。 続きを読む

  • 【コラム】前代未聞のペースでインドにユニコーン企業を生み出しているTiger Global

    【コラム】前代未聞のペースでインドにユニコーン企業を生み出しているTiger Global

    Tiger Globalは、2021年中にインドのスタートアップ企業と25件以上の契約を締結する(一部は締結済み)。これらの投資のうち、約10件はこれまでに公表されており、残りは1000万ドル(約11億円)から1億ドル(約109億円)を超えるものまで、今後数週間から数カ月の間に準備が進められる。 続きを読む

  • 放課後クラスのマーケットプレイスOutschoolがEdTech界で最も新しいユニコーン企業に

    放課後クラスのマーケットプレイスOutschoolがEdTech界で最も新しいユニコーン企業に

    子どもの仮想校外活動を行う小さなグループのためのマーケットプレイスOutschool)は、CoatueとTiger Global Managementが主導する7500万ドル(約82億円)のシリーズC投資を調達した。この新たな資金により、同社の評価額は13億ドル(約1400億円)に達し、1年も経たない前に確定した評価額およそ3億2000万ドル(約350億円)のほぼ4倍に跳ね上がった。 続きを読む

  • 【コラム】もしものときにNFTや暗号資産を失わないようにする方法

    【コラム】もしものときにNFTや暗号資産を失わないようにする方法

    消費者が富を築く場合、その内容はたいてい、現金、投資、不動産、自動車、宝飾品、美術品をはじめとする「有形の」資産である。しかし、最近は新たなタイプの資産も増えている。暗号資産(仮想通貨)や、最近注目され始めたNFTなどの「デジタル資産」だ。 続きを読む

  • 【コラム】頻繁に耳にする「巨大テック解体論」はまちがっている

    【コラム】頻繁に耳にする「巨大テック解体論」はまちがっている

    疑わしいデータ処理手続き、恣意的なコンテンツ管理ポリシー、明白な反競争的慣行が長年にわたり続いてきたのだ。ここで少し立ち止まってビッグテック業界との関係を考え直すのは当然のことだろう。残念なことに、ビッグテックの解体を求める声をはじめとする、大方の注目を集めている意見のほとんどは、健全な経済学的思考というより、報復的な妄想から生まれている。 続きを読む

  • 【コラム】NFTはより大きな金融資本の経済発展の一部でしかない

    【コラム】NFTはより大きな金融資本の経済発展の一部でしかない

    NFTは、金融資本の世界で起きているずっと大きな発展のわずかな一部でしかない。人々が今、少し困惑しながら苦笑いして見ているNFTは、シリコンバレーの台頭以来機能してきた投資モデルを今後10年もしないうちに完全に変えてしまうだろう。 続きを読む

  • スタートアップが大企業に勝つ方法とは、ドローンの巨人DJIと新興Skydioのケーススタディ

    スタートアップが大企業に勝つ方法とは、ドローンの巨人DJIと新興Skydioのケーススタディ

    ずらすべき「4つの軸」と、そのそれぞれにおいて、どのように軸をずらすべきなのかを説明しよう。それを説明するための例として、Skydioの成長戦略を深堀っていく。Skydioはなぜドローン市場を独占していたDJIを抑え、コンシューマー向けドローンのプラットフォームを築くことができたのだろうか。 続きを読む

  • 我々を殺すのはAIではなく「何もしないこと」、シリコンバレーは災害やパンデミックといった現実の問題を解決する努力をすべきだ

    我々を殺すのはAIではなく「何もしないこと」、シリコンバレーは災害やパンデミックといった現実の問題を解決する努力をすべきだ

    この1年間、私たちの多くは存亡の危機について考えながら過ごしてきた。非常食セットから核バンカーまで、サバイバル用品の売り上げは増加しており、Twitterで1日中ドゥームスクローリング(ネットで悲観的な情報を読み続けること)をしていると、少なくとも文明崩壊の可能性が話題にならない週はないように感じる。しかし、テック業界に長くいると、存亡の危機に関する「現実の問題」と「憶測に基づくシナリオ」との間に驚くほどのずれがあることに気づく。 続きを読む

  • スタートアップを経済の推進役に据えるスペインの10年計画

    スタートアップを経済の推進役に据えるスペインの10年計画

    スペインはスタートアップを支援する法案の成立を目指して準備を進めている。最近ベールを脱いだこの大規模かつ大胆な改革計画は、2030年までに同国を「スペイン起業国家」(若干ぎこちない西和翻訳だが)に作り変えるという、実に壮大な目標を掲げている。ペドロ・サンチェス首相は2020年12月、ウェブサミットの壇上で、間近に迫ったスタートアップ法の導入を発表し「高等長官」という役職を新たに設置することを発表した。高等長官の任務は、関連するすべての政府省庁と協力して全国規模の企業経済変革を成し遂げることだ。 続きを読む

  • 【コラム】都市のモビリティを改革する可能性を秘めたコンピュータービジョンソフトウェア

    【コラム】都市のモビリティを改革する可能性を秘めたコンピュータービジョンソフトウェア

    2019年10月、ニューヨーク・タイムズは、ニューヨーク市内では毎日150万個の荷物が配達されていると報じた。顧客にとっては便利で、世界のAmazonにとっては利益になるが、これほど多くの箱を倉庫から顧客に届けることは、都市にとってかなりの外部不経済を生み出す。タイムズは「利便性の追求は、ニューヨークをはじめとする世界中の都市部の交通渋滞、道路の安全性、汚染に大きな影響を与えている」と報じた。 続きを読む