コンピュータービジョン(用語)

コンピュータビジョンに関連する記事一覧

  • AIを活用したベビーモニターカメラのNanitが新たに約26.3億円を調達

    AIを活用したベビーモニターカメラのNanitが新たに約26.3億円を調達

    Nanitの育児用カメラはコンピュータビジョンと専用の柄のベビー服を組み合わせて、新米のお父さん、お母さんが90秒ごとに抱く不安を解決する。「赤ちゃんはちゃんと息をしているだろうか?」。米国時間2月22日、NanitはGVが主導したシリーズCで2500万ドル(約26億3000万円)を調達したことを発表した。 続きを読む

  • コンピュータービジョンで駐車場をアップグレードするMetropolisが43.5億円調達

    コンピュータービジョンで駐車場をアップグレードするMetropolisが43.5億円調達

    Metropolisは、自動化された駐車場管理の業界でシェアを獲得すべく、BMW傘下のParkMobileと競合しようとしているロサンゼルス拠点の新しいスタートアップだ。 続きを読む

  • コンピュータービジョンで職場の安全性を監視するIntenseyeが4.2億円を調達

    コンピュータービジョンで職場の安全性を監視するIntenseyeが4.2億円を調達

    米国のシンクタンク経済政策研究所によると、同国での業務上の傷害や病気のコストは毎年2500億ドル(約26兆1980億円)を超える。ERA(起業家ラウンドテーブルアクセラレーター)が支援するスタートアップで機械学習プラットフォームのIntenseyeはこの数字を経済的かつ効果的な方法で抑制しようとシードラウンドで400万ドル(約4億2000万円)を調達した。 続きを読む

  • コンピュータビジョンのSuperAnnotateがOpenCVと提携、ノーコードのAIスマートカメラ普及を支援

    コンピュータビジョンのSuperAnnotateがOpenCVと提携、ノーコードのAIスマートカメラ普及を支援

    ノーコードのコンピュータビジョンプラットフォームであるSuperAnnotateが、オープンソースのコンピュータビジョンアルゴリズムの大規模なコレクションを構築している非営利団体OpenCVとパートナーシップを組むことになった。この動きは、スタートアップや起業家が独自のAIモデルを構築し、カメラが機械学習を使って物体を検出できるようにすることを意味する 続きを読む

  • フィックスターズ独自開発の視差計算ソフトがOpenCVに正式実装、自動運転などへの活用に期待

    フィックスターズ独自開発の視差計算ソフトがOpenCVに正式実装、自動運転などへの活用に期待

    マルチコアCPU・GPU・FPGAを用いた高速化技術を手がけるフィックスターズは2月8日、同社が開発した視差計算のオープンソースソフトウェア(OSS)「libSGM」が、コンピュータビジョン向けOSSライブラリー「OpenCV」に正式実装されたと発表した。 続きを読む

  • サッカーなどのチームスポーツを記録し編集、配信できるAIカメラのVeoが約25.5億円を調達

    サッカーなどのチームスポーツを記録し編集、配信できるAIカメラのVeoが約25.5億円を調達

    スポーツの放送や配信は世界中で人気があって収益性が高く、放送局や広告主、視聴者にとって魅力があるため、お気に入りのチームやアスリートを見る(そしてスポンサードする)機会を確保するために巨額の金銭が動いている。 続きを読む

  • Googleマップがコンピュータビジョンで衛星画像の彩色強化、一部都市では表示詳細化も

    Googleマップがコンピュータビジョンで衛星画像の彩色強化、一部都市では表示詳細化も

    Googleマップに大型アップデートが実施される。一層詳細な情報が付け加えられ視覚的にもわかりやすくなる。改良は自然の地形や生態系からストリートレベルの表示までにおよぶ広汎なものだ。 続きを読む

  • 新型コロナで人々は建物の人口密度を計測するDensityの技術を求め始めた

    新型コロナで人々は建物の人口密度を計測するDensityの技術を求め始めた

    新型コロナウイルス(COVID-19)が大流行する前から、いくつもの企業がDensityの技術を利用してきた。例えばTechCrunchの親会社であるVerizonも、Yahoo!とAolの統合後のオフィス空間を効率的に利用するために、以前から導入している。そして今、新型コロナ禍の影響で建物や部屋の人口密度を測定しようと、誰もがDensityの技術を欲しがるようになった。 続きを読む

  • Amazonが購入品を自ら識別するスマートなショッピングカート「Dash Cart」をテスト

    Amazonが購入品を自ら識別するスマートなショッピングカート「Dash Cart」をテスト

    Amazonは米国時間7月14日、最新のスマートストア技術であるAmazon Dach Cartを披露した。これは食料品スーパー用のショッピングカートで、中に入れた商品を識別し代金を請求するというものだ。このカートはまず、2020年中にカリフォルニア州ウッドランドヒルズに開店予定のAmazonの食料品スーパーに導入される。 続きを読む

  • ZOZO研究所のファッションコーデ関連論文がコンピュータービジョンの国際会議ECCVで採択

    ZOZO研究所のファッションコーデ関連論文がコンピュータービジョンの国際会議ECCVで採択

    ZOZOテクノロジーズの研究開発組織「ZOZO研究所」は7月13日、同研究員らが執筆した論文「Exchangeable Deep Neural Networks for Set-to-Set Matching and Learning」(置換不変ニューラルネットワークによる深層集合マッチング)が、コンピュータービジョン分野における世界3大国際会議のひとつ「European Conference on Computer Vision(ECCV)2020」に採択されたと発表した。 続きを読む