コンピュータービジョン(用語)

コンピュータビジョンに関連する記事一覧

  • ノーコードで非技術者でも使えるコンピュータービジョンを提供するMobius

    ノーコードで非技術者でも使えるコンピュータービジョンを提供するMobius

    ベルリンのMobius Labsが、同社のコンピュータービジョン訓練プラットフォームの需要増に応えるために、520万ユーロ(約6億8000万円)の資金調達を完了した。ユーザーは同社が提供しているSDKにより、若干の訓練データのあるカスタムのコンピュータービジョンモデルを自分で作ることができる。 続きを読む

  • 【コラム】データサイエンティストは恐れずに新しい分野に挑戦せよ

    【コラム】データサイエンティストは恐れずに新しい分野に挑戦せよ

    私はフランス出身のデータサイエンティストで、コンピューター・ビジョンの研究技師としての経験を日本で積んだ後、母国に戻った。しかし今私はコンピューター・ビジョンのハブとは思えないドイツのシュツットガルトでこれを書いている。 続きを読む

  • コンピュータビジョンとAIで服のフィット感をより正確に見られる仮想試着室「Revery.ai」

    コンピュータビジョンとAIで服のフィット感をより正確に見られる仮想試着室「Revery.ai」

    ウェブサイトで洋服のサイズやフィット感を確認する作業は、時としてオンラインショッピングの楽しみを奪ってしまう。そこでRevery.aiは、コンピュータビジョンとAIを活用したツールを開発し、より良いオンラインドレッシングルーム体験を実現しようとしている。 続きを読む

  • ロボット、チップ、完全自動運転、イーロン・マスク氏のTesla AI Dayハイライト5選

    ロボット、チップ、完全自動運転、イーロン・マスク氏のTesla AI Dayハイライト5選

    イーロン・マスク氏はTeslaを「単なる電気自動車会社ではない」と見てもらいたいと考えている。米国時間8月19日に開催されたTesla AI Dayで、イーロン・マスクCEOはテスラのことを「推論レベルとトレーニングレベルの両方でハードウェアにおける深いAI活動」を行っている企業であると説明した。 続きを読む

  • インテルが3D深度カメラ「RealSense」事業を閉鎖へ、コア事業に注力の戦略

    インテルが3D深度カメラ「RealSense」事業を閉鎖へ、コア事業に注力の戦略

    インテルは現在、主力事業の半導体チップ部門に注力していますが、そのために重要度の低い部門を切り離しています。インテルはコンピューター情報メディアのCRNに対して3D顔認識や空間検知機能を持つAIカメラ「RealSense」の事業を閉鎖し、これまでRealSenseに関わってきた人材や技術はコアビジネスに応用していく予定とのことです。これまでRealSense事業を率いていたSagi Ben Moshe氏は2週間ほど前、自身のLinkedInページを更新してインテルを離れたことを明らかにしていました。 続きを読む

  • 医療現場のバラバラな書類からデータ構造を解明するMendelが約19.7億円調達

    医療現場のバラバラな書類からデータ構造を解明するMendelが約19.7億円調達

    メンデルによると、研究機関や製薬会社の間では、患者の長期的な治療や経過をより良く理解するために、より優れたデータを収集することへの関心が高まっている。特により広範なユーザーにおいてのデータ収集に関心が高まっており、これは現在人の観察や試験の実施が困難だからという理由だけではなく、AIを使用して大きなデータセットを活用することで、より良い洞察を得ることができると考えられているからだ。 続きを読む

  • コンピュータービジョンで歩道走行の防止と安全性の向上を目指すマイクロモビリティVoiが50億円を調達

    コンピュータービジョンで歩道走行の防止と安全性の向上を目指すマイクロモビリティVoiが50億円を調達

    マイクロモビリティのスタートアップであるVoi(ヴォイ)が4500万ドル(約50億円)を調達した。同社はこの資金を、ユーザーが歩道を走らないようにしたり、スクーターが適切に駐車されるようにするなど、安全性を向上する技術の研究開発に使うと述べた。 続きを読む

  • サブウェイ店舗でAIが表情・視線を基にメニュー提案、OKIがAI用いた感情推定技術を活用した提案型注文システムの実証実験

    サブウェイ店舗でAIが表情・視線を基にメニュー提案、OKIがAI用いた感情推定技術を活用した提案型注文システムの実証実験

    OKI(沖電気工業)と日本サブウェイ(サブウェイ)は8月2日、OKIの「AIを用いた感情推定技術」(感情AI技術)を活用した「提案型注文システム」の実証実験を開始したと発表した。場所はサブウェイ渋谷桜丘店。検証期間は2021年8月6日まで。同実証実験では、注文客の興味・関心が高そうな「オススメ」メニューを提案して注文時の迷いを軽減する機能の有効性と、店舗における接客業務の効率化、さらにウィズコロナ時代に求められる非対面・非接触操作による注文の有用性を検証する。 続きを読む

  • 動画コンテンツを「読み取る」ことで、より効率的な検索を可能にするAnyClip

    動画コンテンツを「読み取る」ことで、より効率的な検索を可能にするAnyClip

    動画は昨今、世界をオンラインへ移行させている原動力といって差し支えなく、実際に2021年のIPトラフィックの82%を占めると予想されている。2021年5月下旬、その大量の動画コンテンツをより適切に解析し、インデックスを作成し、検索するための一連のツールを開発してきたスタートアップが、大規模な資金調達ラウンドについて発表した。 続きを読む

  • 監視カメラやAIビジョンシステムを合成人間のデータで訓練する英MindtechがIn-Q-Telなどから3.6億円調達

    監視カメラやAIビジョンシステムを合成人間のデータで訓練する英MindtechがIn-Q-Telなどから3.6億円調達

    誰のプライバシーも侵害されず、巨大なデータベースに顔がスキャンされることもなく、プライバシー法が破られることもない世界があったとしたら?そんな世界がすぐそこまで来ている 続きを読む