computers

  • グーグルがPixelスマホとChromebook用の独自チップを準備中か

    グーグルがPixelスマホとChromebook用の独自チップを準備中か

    グーグルはアップルの例に倣ってハードウェア分野を強化するために、将来のスマートフォンに搭載するカスタム設計チップを開発しているという。Axiosの記事によると、グーグルは自社製プロセッサを将来のPixelデバイスに搭載する準備を進めており、その中にはスマートフォンだけでなく、最終的にはChromebookも含まれている。 続きを読む

  • 小型でポータブルでいろいろ使えるワイヤレス充電器「HiRise Wireless」

    小型でポータブルでいろいろ使えるワイヤレス充電器「HiRise Wireless」

    出先でワイヤレス充電を使おうとすると、デスクトップの周辺をいろいろいじくるなど、面倒な手間が多い。TwelveSouthのHiRise Wirelessが出るまでは。 続きを読む

  • 残念!Astropadの「カメラボタン」はAppleにはクールすぎた

    残念!Astropadの「カメラボタン」はAppleにはクールすぎた

    Astropadsから近々発売されるLuna Displayはアダプターと専用ソフトウェアを使ってiPadをMacのワイヤレスモニターに変える。しかもこの会社はiPadのほとんど使いみちのない前面カメラをソフトウェアボタンに変えるという気の利いたハックでこのツールをいっそうクールにしようとした。しかし、当然、Appleはこの機能を拒絶し新機能を備えたアップデートをApp Storeに載せなかった。 続きを読む

  • 初期のAppleのお蔵入りデザインを見るとiMacやiPadの胎児期の姿が分かる

    初期のAppleのお蔵入りデザインを見るとiMacやiPadの胎児期の姿が分かる

    Appleは80年代にFrogdesignと密接に協働して、Appleの初期のデザイン言語を作り、Apple IIcに始まりMacintoshに至るルックスの歴史を築いてきた。Appleの初期の、往々にして偶像視されるデザインにはすべて、FrogdesignのファウンダHartmut Esslingerの息がかかっているが、彼は新著Design Forwardの中で、市場に出なかったAppleのコンピュータやタブレットのコンセプトを明かしている。それらは、お蔵入りになったとはいえ、iPad,やiMacなど今日のApple製品に連なる進化の道… 続きを読む

  • 壁のコンセントに直接差し込んで使う超小型/音声応答型コンピュータUbi

    壁のコンセントに直接差し込んで使う超小型/音声応答型コンピュータUbi

    Kickstarterで目標を大幅に上回る資金を集めたUbiは、その名の通りubiquitousな(ユビキタス、至るところにある)コンピュータだ。家庭やオフィスなどの壁ソケットやタップコンセント用の差し込みプラグが付いていて、実際に差し込んで使う(上図)。入出力インタフェイスは主に音声で、ふつうのコンピュータと同じく、検索をしたり、目覚まし役をしたり、部屋の環境条件を感知したりする。 Ubiの予約価格は219ドル、発売は2013年初頭の予定だ。カナダのトロントのチーム、 Amin AbdossalamiとMahyar FotoohiとLeor… 続きを読む

  • 「初めて」を懐かしむのは歳をとった証拠、あるいはスティーブ・ジョブズが本当にもたらしたもの

    「初めて」を懐かしむのは歳をとった証拠、あるいはスティーブ・ジョブズが本当にもたらしたもの

    スティーブ・ジョブズの一周忌を迎え、テクノロジーがいったい自分にどのようなインパクトを与えたのかを考えてみた。あるいはまた、今の子供たちはどのような時代を生きていくことになるのだろうと想像したりもした。そんな中、最初に使ったコンピュータのことや、当時のコンピュータでできたこと、そして今のコンピュータでできることなどを考えてみたのだった。そこでふと思い当たった。最初のコンピュータなどについて思いを巡らせたりするのは「トシヨリ」のすることに違いない。 笑わないで欲しいのだけれど、自分では年齢は重ねても「トシヨリ」仲間には入っていないつもりで… 続きを読む