重機 / 建機 / 建設機械(用語)

  • PCやスマホで建機・重機を遠隔操作できる「Model V」を東大発ARAVが提供開始、後付け装着で利用可能

    PCやスマホで建機・重機を遠隔操作できる「Model V」を東大発ARAVが提供開始、後付け装着で利用可能

    建設現場のDX・自動化を目指す東京大学発スタートアップのARAVは6月18日、スマホ・PCなどで建機建機(建機)を遠隔操作できるようにするシステム「Model V」の提供を開始した。10~20年以上前に発売されたような古いタイプの建機でも、改造することなく後付けで装着することで遠隔操作が可能になる。 続きを読む

  • JAXAと鹿島建設が月面有人拠点建設のための遠隔施工実験を実施、好成績を確認

    JAXAと鹿島建設が月面有人拠点建設のための遠隔施工実験を実施、好成績を確認

    JAXAと鹿島建設は、月面での有人拠点建設を目指す「遠隔操作と自動制御の協調による遠隔施工システムの実現」のための共同研究を2016年から続けているが、このほど遠隔からの建設機械の操作と自動運転による施工実験を実施し、「高い精度での施工」が可能であることが確認された。 続きを読む

  • 中古建機販売プラットフォーム「ALLSTOCKER」など手がけるSORABITOが7億円を調達

    中古建機販売プラットフォーム「ALLSTOCKER」など手がけるSORABITOが7億円を調達

    建設機械レンタル業務の最適化を支援する建設スタートアップSORABITO(ソラビト)は、5月12日、DG Daiwa Ventures主導による第三者割当増資と日本制作金融公庫の「新型コロナ対策資本性劣後ローン」などによる総額約7億円の資金調達を発表した。これにより、2014年創設以来の調達総額は約26億円となった。 続きを読む

  • Caterpillarが、建設機器マーケットプレイスを提供するYard Clubを買収

    Caterpillarが、建設機器マーケットプレイスを提供するYard Clubを買収

    建築などに用いる重機を、より効率的に利用する手段を提供するスタートアップであるYard Clubが、Caterpillarに買収された。契約条件は明らかにされていないが、Yard ClubのCEOであるColin Evranはこの取引が週の始めに締結されたことを明らかにした。 この取引は、CaterpillarがYard Clubへの戦略的投資を発表してから、ほぼ2年後に行われたものだ。そのときの投資の一環として、Yard ClubはCaterpillarネットワークのディーラーと協力して、請負業者や建設作業員たちに機器を販売するだけではなくレン… 続きを読む

  • 「ブルドーザーと掘削機のAirbnb」Dozrが190万ドルを調達

    「ブルドーザーと掘削機のAirbnb」Dozrが190万ドルを調達

    工事業者間で重機の貸し借りができるプラットフォームのDozrがシードラウンドで250万カナダドル(米ドル換算で190万ドル)を調達した。 カナダのオンタリオ州にあるKitchenerという街を拠点とするDozrを利用すれば、掘削機やスキッドステアローダー、ドローン、産業用ロボットなどをレンタルすることができる。器材を単体で借りることもできるし、その器材を操作できる免許を持ったオペレーターも一緒にレンタルすることも可能だ。 続きを読む