Consumating

  • Consumatingデッドプール入り

    Consumatingデッドプール入り

    タグをベースとするギークの出会い系「Consumating」が3月15日(米国時間)をもって閉鎖となる。Consumatingの掲示板に出た告知で分かった。 ConsumatingはCNetが2005年12月に買収し、2006年6月に再オープンしたサイトだ。Alexaの統計を見ると、2006年には堅調だったサイトのトラフィックも2007年に入ってガタ落ちしている(サイトは小規模過ぎてcomScoreの集計には登録されていない)。サイトは現在ランキング第149,238位。 Consumatingのコードは2007年3月オープンソースとなった… 続きを読む

  • Consumating、オープンソース化へ

    Consumating、オープンソース化へ

    私は現在SXSWカンファレンスに参加しているが、ここでたった今、CNETが所有するConsumating(英語版記事) (日本語版記事)の共同ファウンダー、Ben Brownが、来月中に「Consumatingのソースコードを1行残らず公開する」と発表した。 Consumatingは「ギーク」向けのデート/SNSサイトで、2005年12月にCNETが買収した。 BenによればConsumatingの本当の価値はユーザーコミュニティーにあり、このコミュニティーこそConsumatingを今日あらしめているものだという。Benは「基本的に、Con… 続きを読む

  • 最近盛り上がってきたCNET

    最近盛り上がってきたCNET

    この頃CNET がコミュニティーサイトの立て直しに忙しくしているのは間違いない。最近、Consumating、Webshots、Chow のアップデートに加えて、AllYouCanUpload をスタートさせ、UrbanBabyを買収した。 加えて今日(米国時間10/8)、CNET はテクノロジー専門ニュースとコミュニティーサービスの TechRepublic をリニューアルした。 TechRepublickのキーとなる新機能は、ディスカッショフォーラム内のユーザー投稿も含めて、あらゆる内容をタグづけして分類したことだ。ユーザーは個人用のページを持つ… 続きを読む

  • オンラインデート 2.0: 「出会い」のための13のサイト

    オンラインデート 2.0: 「出会い」のための13のサイト

    オンラインデートサービスは巨大ビジネスだ。米国では2006年6月に毎日約400万人(月間2500万人)のユーザーを引き寄せている。 ユーザーは毎日平均17分をこのようなサイトで過ごしている。これは合計すると非常に大きなページビュで、Comsooreによると月間45億ページ近い とされる。しかもこの数字には毎日10億ページ近いMyspace(日本語記事) の分がカウントされていないが、このサイトは「基本的に巨大なデートサービスではないのか」と繰り返し論じられている。 それやこれやで、米国のインターネットユーザーの少なくとも15%は毎月1回どこか… 続きを読む

  • CNET Consumatingを再ローンチ

    CNET Consumatingを再ローンチ

    Consumating は2005年にローンチし、その年の12月にCNETにより買収されたタグベースの出会い系(dating)サイトである。 当サイトは いくつか顕著な変更を含め本日再ローンチを遂げた。ユーザーが選ぶどんなトピックに対しても利用できるディスカッションボードを作成した以外は、ほとんどの変更が視覚的なもの。今回の変更で、Consumating は出会い系(dating)サイトっぽさが薄くなり、(”出会い”が大部分の役割を果たす)ピュアなソーシャルネットワークさが感じられるようになった。これは、CNET が今回… 続きを読む