crackle

  • SonyのCrackleに新番組多数登場―プロ・コンテンツがますます直接ウェブへ

    SonyのCrackleに新番組多数登場―プロ・コンテンツがますます直接ウェブへ

    Sonyは今日(米国時間11/24)、エンタテインメント・ビデオサイトのCrackleをリニューアルすることを発表する予定だ。これに伴って、ロサンゼルスのコメディーグループによるThe Groundlingsやビデオゲーム番組のThe Jace Hall Show、ハリウッドの脚本家をホストにした5分間のトークショー、Anytime with Bob Kushellを始め、多数のウェブ向け新番組がスタートする。 Reutersの記事によると、Sonyのメディア事業部であるSony Pictures Entertainmentでは、Crackleに従来の映… 続きを読む

  • GotCast (ベータ)―オンライン・タレント・スカウト・サービス

    GotCast (ベータ)―オンライン・タレント・スカウト・サービス

    ハリウッドの脚本家のストライキが続行中だが、TV局は脚本のいらない「リアリティー・ショー」のような番組の企画に多数青信号を出すようだ。オハイオ州コロンバスの連続起業家、Wil Schroterはこういった番組の企画の助けになるGotCast をスタートさせている。(SchroterはまたGoBig Networkというスタートアップと投資家のためのCraigslistのようなサービスのCEOでもある)。10月1日にひっそりとベータ版が公開されたGotCastは、オンラインでのキャスティング専用のサービスだ。 Schroterの推定によれば、4… 続きを読む

  • Google/YouTube合併1周年おめでとう! ささ、詰めて詰めて…

    Google/YouTube合併1周年おめでとう! ささ、詰めて詰めて…

    ぼちぼち「まとめ」の潮時…と思ったら今日はGoogleが$1.65B(16億5000万ドル)でYouTube買収を決めた2006年10月9日からちょうど一周年の節目ではないか。 あれ以来”YouTube”は文字通り“オンライン動画共有”と同義語となった。Comscoreの集計によると、サイトは現在月間ユニークビジター数2億559万3000人でライバルに大差を保持している。次点のYahoo Videoは4802万6000人である。しかし、YouTubeは今後もネット動画分野の不動の勝者であり続… 続きを読む

  • Deca.TV―VCがニューメディア制作会社に投資

    Deca.TV―VCがニューメディア制作会社に投資

    Mayfiled、General Catalyst Partners、Atomico Investmentsは$5M(500万ドル)をDeca.tvに投資した。Decaははメインストリーム向けデジタル・エンタテインメントの制作を目的とする会社で、Michael Wayneと Chris Kimbellという元SonyPicturesの2人によって創立された。 Decaは調達した資金を利用して、新しいデジタル・エンタテインメントのウェブ・サイトを発見して、支援する予定。しかしDeca自身は、ユーザーが訪問するサイトを直接運営はせず、むしろ傘下の会社に… 続きを読む

  • Crackle、再び登場、またもカンフー

    Crackleはサービス開始以来、自社製品を活用してこの「バイラルな会社紹介ビデオ」を作っている。今回が「カンフー」シリーズの2作目で、Grouperがライバルたちと戦う。相手の方がはるかに生産価値が高い。Grouperでカンフー映画好きを育てる意味がわからないが(以前のビデオ参照)、エンディングではソニーが援護していた方が理にかなっているかもしれない。 もっと本格的なバージョンはこちら。 続きを読む

  • Grouper、ハリウッドへ

    Grouper、ハリウッドへ

    Grouperは従来のサイトを廃止し、Crackleとして生まれ変わった。新サイトは、ビデオプロデューサー達に名声と富をもたらし、オンライン動画において才能ある人材を親会社のSonyのために見つけ出すことを目指している。Grouperのアカウントは、Crackleでもそのまま使える。 新サイトは、コメディ、ミュージックニュース、それにアニメなど各々異なる番組コンセプトからなる12のブランド化されたチャンネル数を持つ動画のデスティネーションサイト。同サイトは、チャンネルガイド、それに16 x 9の埋め込み可能の動画プレイヤーを備えている。広告… 続きを読む