cray

  • ヒューレット・パッカード・エンタープライズがスパコン大手クレイを1430億円で買収

    ヒューレット・パッカード・エンタープライズがスパコン大手クレイを1430億円で買収

    HPEはCrayを13億ドルで買収することを発表した。これによりHPEはCrayのハイパフォーマンスコンピューティングを取り込むことになり、おそらく将来の量子コンピューティングに向けて足がかりを得ることになる。 続きを読む

  • 浮動小数点演算1回は100京分の1秒、IntelとCrayが超高速次世代スパコンを共同開発中

    浮動小数点演算1回は100京分の1秒、IntelとCrayが超高速次世代スパコンを共同開発中

    Intelと Crayはエネルギー省の5億ドルの契約を獲得し、最大級のスーパーコンピューターを共同開発している。このマシンがいよいよエクサフロッップスを実現する! 続きを読む

  • CrayのスパコンがMicrosoft Azureにやってくる

    CrayのスパコンがMicrosoft Azureにやってくる

    クラウド・コンピューティングに意外なニュースが飛び込んできた。MicrosoftはCrayと提携し、同社のスーパーコンピューターとストレージをAzure から利用できるようにする。Crayと聞けば、多くの読者は70年代から80年代にデザイン過剰のスーパーコンピューターを作っていた会社を思い浮かべるかもしれない(あの円筒形のタワー状本体の周囲にベンチが設置されたモデルだ)。 続きを読む

  • Crayの新スパコン、XC50はシングル・キャビネット・タイプで1ペタフロップスを達成

    Crayの新スパコン、XC50はシングル・キャビネット・タイプで1ペタフロップスを達成

    Crayは新しいスーパーコンピューター、XC50を発表した。これはXC40の後継モデルで、同社のシングルキャビネットタイプとして初めてピーク速度1pflops(ペタフロップス)を達成したという。XC50はNVDIA Tesla P100 GPUアクセラレータ、次世代のIntel XeonとXeon Phiをサポートする。想定使用目的にはディープラーニング・アルゴリズムの処理などが含まれる。Crayではこうした目的でのニーズが高まったことが同社のシステムでGPUの活用に力を入れるようになった原因だとしている。 続きを読む

  • Crayの最新のスーパーコンピューターはOpenStackを搭載してオープンソースのビッグデータツールを動かす

    Crayの最新のスーパーコンピューターはOpenStackを搭載してオープンソースのビッグデータツールを動かす

    Crayといえば、スピードとパワーをつねに連想するが、同社の最新の計算怪物Cray Urika-GX systemは、ビッグデータのワークロード専用に設計されている。 しかも、そのベースシステムはオープンソースのクラウドプラットホームOpenStackで、その上でビッグデータを処理するHadoopやSparkなどのツールが仕事をする。 Seymour CrayがCray社を立ち上げたのは70年代の初頭だが、その後のコンピューティングの進化を同社はよく認識している。作っているのは相変わらずハイパワーのコンピューターだが、今ではクラウドコンピューテ… 続きを読む