crowdeye

  • Twitter、リアルタイム検索スタートアップに消防ホースを開放

    Twitter、リアルタイム検索スタートアップに消防ホースを開放

    Twitterから流れ出るデータのすべてをアクセスするために、5万種類ものアプリがTwitterのストリーミングAPIを使っているが、そこにはさまざまな制約がある。しかし、選ばれた何社かはこの消防ホースから無制限にデータを飲み込んでいる。1日5000万件を越えるつぶやきがとめどなくTwitterから流れてくる。 これまで 消防ホースをフルに使用できていたのは、GoogleやBingなどの巨大検索エンジンをはじめとする一部の選ばれたパートナーだけだった。検索エンジンは、リアルタイムに結果を出すために他の誰よりもこれを必要としている。今日(米… 続きを読む

  • ライバルのリアルタイム検索エンジンが失速する中、OneRiotは立ち上がり好調

    ライバルのリアルタイム検索エンジンが失速する中、OneRiotは立ち上がり好調

    ここ数ヵ月の間に、多くのリアルタイム検索エンジンが登場したが(Scoopler、Topsy、Collecta、CrowdEye)、その殆どが失速状態だ(上のGoogle Website Trendsを参照)。好奇心から来る初期の立ち上がりの後、急速に関心が薄れていく。しかし、唯一例外なのがOneRiotで、どうやらリアルタイム検索レースの先陣を切ったようだ。 もちろん、レースは始まったばかりであり、他のリアルタイム検索スタートアップたちが猛追している。しかし、すでにOneRiotは1日に100万件以上の検索クエリを捌いている(下図参照)。… 続きを読む

  • 昔はライブWeb検索、今はリアルタイム検索, 呼び名は変わってもまだまだ問題山積みの技術

    昔はライブWeb検索、今はリアルタイム検索, 呼び名は変わってもまだまだ問題山積みの技術

    このゲスト記事を書いたMary Hodderは、Dabbleのファウンダだ。Dabbleの前はコンサルタントとして多くのスタートアップに助言し、Technoratiで研究職を勤め、バークレイ(カリフォルニア大学バークレイ校)ではブログデータに対するライブ検索をテーマに修士論文を書いた。 リアルタイム検索は新しいものではない。それは私たちが少なくとも過去10年手がけてきた問題であり、今後の10年間も解を目指して苦闘し続けるだろう。私たちが”ライブWeb検索”と呼んできたこの問題は、実に難しい問題だ。なお、ライブWeb… 続きを読む