クラウドソーシング(用語)

クラウドソーシングに関連する記事一覧

  • Twitterが誤った情報と戦うためにツイートにコンテキストを追加する「Birdwatch」システムを開発中

    Twitterが誤った情報と戦うためにツイートにコンテキストを追加する「Birdwatch」システムを開発中

    Twitterが「Birdwatch」(バードウォッチ)という名の新機能を開発している。 続きを読む

  • ナビゲーションプラットフォームのWazeがUIとデザインを運転中の気分にフォーカス

    ナビゲーションプラットフォームのWazeがUIとデザインを運転中の気分にフォーカス

    クラウドソース型ナビゲーションプラットフォームであるWazeは、これまでにない大幅なユーザーインターフェイスとデザインの変更を行った。それにともないドライバーが運転中の気分を表現するアイコン(最初は30種類)をシェアする「Moods(ムーズ)」を前面に押し出してきた。 続きを読む

  • NASAがより良い月面トイレの設計のため、クラウドソースでの支援求める

    NASAがより良い月面トイレの設計のため、クラウドソースでの支援求める

    NASAはArtemis(アルテミス)計画の準備を進めており、HeroXとの提携で開始したクラウドソーシング・コンペティションでは、宇宙飛行士が月面で大小の排泄をするためのより良い方法の設計を募集している。 続きを読む

  • クラウドソーシングで道の画像を無料データベース化するMapillaryをFacebookが買収

    クラウドソーシングで道の画像を無料データベース化するMapillaryをFacebookが買収

    クラウドソーシングによる道の写真のデータベースを使った世界の地図製作でGoogleなどに対抗するスウェーデンのスタートアップMapillaryが、Facebookに買収されたことを同社がブログで公表した。買収の条件については明かされていない。 続きを読む

  • NASAが新型コロナ対策のアイデアを全局員からクラウドソーシングで募集

    NASAが新型コロナ対策のアイデアを全局員からクラウドソーシングで募集

    NASAの局内でクラウドソーシングが行われる。世界で最も賢く創造的で才能に恵まれた問題解決集団が、業務の一環として日々現実世界のさまざまな課題を解決している場所だ。 続きを読む

  • 新型コロナの流行で分子科学のクラウドソーシング演算パワーがエクサフロップ級に

    新型コロナの流行で分子科学のクラウドソーシング演算パワーがエクサフロップ級に

    分子相互作用を解明するという複雑なタスクを、長い間クラウドソーシングによって運営してきたFolding@Homeプログラムが、大きな節目を迎えている。 続きを読む

  • Googleマップが世界200都市でバスや電車の混雑予測を開始

    Googleマップが世界200都市でバスや電車の混雑予測を開始

    Googleマップが通勤にさらに便利になった。新機能の一つはバスや地下鉄などの遅延を予測する。もうひとつは過去のデータに基づいてこれらの交通機関の混雑状態を予測するというものだ。 続きを読む

  • クリエイターが創作活動で評価される仕組みづくりへ、イラストやマンガ制作のフーモアが2.6億円を調達

    クリエイターが創作活動で評価される仕組みづくりへ、イラストやマンガ制作のフーモアが2.6億円を調達

    クラウドソーシングの仕組みを活用して、ゲームイラストやマンガなどのコンテンツ制作を行うフーモア。同社は6月5日、みらい創造機構を含む6社と個人投資家3名を引受先とする第三者割当増資に加え、日本政策金融公庫からの融資により総額で2.6億円を調達したことを明らかにした。 続きを読む

  • 連続殺人犯逮捕へと導いたDNA分析サイトは、ユーザープライバシーに関する懸念を再燃させる

    連続殺人犯逮捕へと導いたDNA分析サイトは、ユーザープライバシーに関する懸念を再燃させる

    ゴールデンステートキラー(カリフォルニア州連続殺人事件の犯人)であると疑われた男性の逮捕の詳細が明らかになるにつれて、この歴史上最も悪名高い未解決事件が、人気のある無料オンライン家系図データベースを利用して解決されたことが明らかになった。 GEDmatchと呼ばれるこのサイトは、すぐに利用できるコンシューマーテストサービスを通じて自分自身のDNA情報を入手し、さらに分析を行うために家系図の欠けている部分を埋めようと考える人びとに、人気のあるリソースである。23andMeのような洗練されたサービスと比較すると、GEDmatchは、より多く… 続きを読む

  • 個人がスキルを売り買いする「ココナラ」にPRO認定制度、ビジネスユース強化に向けて舵取り

    個人がスキルを売り買いする「ココナラ」にPRO認定制度、ビジネスユース強化に向けて舵取り

    クラウドソーシング・サービスの登場により、個人の働き方が多様になってきた。最近TechCrunch Japanで紹介したところではZehitomoやミツモアなど、従来の仲介手数料モデルではなく応募課金モデルと呼ばれる新しいビジネスモデルも生まれている。 続きを読む

  • 動画制作のCrevoが動画制作プラットフォーム「Collet」を公開、総額3.1億円の資金調達も実施

    動画制作のCrevoが動画制作プラットフォーム「Collet」を公開、総額3.1億円の資金調達も実施

    2014年に動画制作特化のクラウドソーシングサービス「Crevo」を公開したスタートアップ、Crevo。これまでの累計700社の動画を制作してきた同社が、その動画制作ツールをオープン化し、事業を拡大するという。Crevoは9月14日、動画制作プラットフォーム「Collet(コレット)」を発表。30社に限定して、クローズドベータ版サービスに向けた先行申込み企業の募集を開始した。またCrevoは伊藤忠テクノロジーベンチャーズ、三井住友海上キャピタル、AG キャピタル、D4Vを引受先とした総額3億1000万円の第三者割当増資を実施したこともあ… 続きを読む

  • データサイエンスとAIの作品でコンペを行うKaggleが国土安全保障省の空港のセキュリティ改善策懸賞に協力

    データサイエンスとAIの作品でコンペを行うKaggleが国土安全保障省の空港のセキュリティ改善策懸賞に協力

    空港のセキュリティを通ることは、どこでもうんざりする体験だ。しかも遅くて人に対し侵害的なプロセスでありながら、TSA(上図)には、脅威を未然に防いだという立派な実績があまりない。そこで国土安全保障省は、データサイエンスのソリューションのコンペを主催しているKaggleの協力を仰いで、空港のセキュリティシステムをより正確かつ効率的にするための、機械学習ツールの懸賞を開催している。 続きを読む

  • Kaggleを買収したGoogleが早くもコンペの主催者に…機械学習のユニークなアプリケーションで賞金100万ドル、7社のVCが協賛

    Kaggleを買収したGoogleが早くもコンペの主催者に…機械学習のユニークなアプリケーションで賞金100万ドル、7社のVCが協賛

    Googleはデータサイエンスのコミュニティ(コンペの主催プラットホーム)Kaggleの買収に続いて、今度はGoogle自身が機械学習のコンペを開催することになった。Googleはとくに、機械学習に革新的な姿勢で臨んでいる若いスタートアップに期待している。 続きを読む

  • 動画制作「Viibar」が新たに4億円調達、日経との資本業務提携でメディア事業を本格化

    動画制作「Viibar」が新たに4億円調達、日経との資本業務提携でメディア事業を本格化

    FacebookでもTwitterでも、料理動画やガジェットの紹介動画が流れてくるとついつい見てしまう。どのプラットフォームも動画に対応していて、多くのメディアや企業は動画コンテンツによるマーケティングに関心を持っている。だが、テレビ局や制作会社でない会社が自社で高品質な動画を制作して配信するのは難しい。Viibar(ビーバー)は、その課題を解決するため、プロの動画クリエイターと企業とをつなぐクラウドソーシングサービスを提供している。Viibarは本日、日経新聞社との資本業務提携を発表した。また同時に日経新聞社、電通の100%子会社で… 続きを読む

  • 機械学習を利用して肺がんの兆候を早期発見する技術でKaggleが賞金100万ドルのコンペを主催

    機械学習を利用して肺がんの兆候を早期発見する技術でKaggleが賞金100万ドルのコンペを主催

    データサイエンスのコンペを毎年主催してほぼ10年になるスタートアップKaggleが、今度の賞金総額100万ドルのコンペでは、肺の中の癌になりそうな病変組織を見分ける今よりも良い方法を募る。この2017 Data Science Bowlと名付けられたコンペの資金提供者はLaura and John Arnold FoundationとBooz Allen Hamiltonだ。 続きを読む

  • Google Mapsのクラウドソースの地図エディティングツールMap Makerが閉鎖、Local Guidesへ移行

    Google Mapsのクラウドソースの地図エディティングツールMap Makerが閉鎖、Local Guidesへ移行

    【抄訳】 2008年以降、Google Mapsには、世界中の誰もが地図データを寄与貢献できるツールMap Makerがあった。そのツールが、閉鎖される。Googleはこのプロジェクトのフォーラムで今日(米国時間11/8)、独立のプロダクトとしてのGoogle Map Makerは2017年3月に撤退する、と発表した。しかしGoogle Mapsへのクラウドソースの寄与貢献が終わるわけではなく、それらはGoogleのLocal Guidesプログラムへ移行する、としている。 続きを読む

  • クラウドソーシングでアニメ動画を制作するCrevo、実写映像にも対応——独自の管理ツールで差別化を図る

    クラウドソーシングでアニメ動画を制作するCrevo、実写映像にも対応——独自の管理ツールで差別化を図る

    クラウド動画制作プラットフォームのCrevoは9月5日、実写映像制作サービスの提供を開始した。 Crevoは2014年3月にサービスを開始して以来、アニメーションに特化したクラウド動画制作プラットフォームを提供してきた。これまでに500社が利用。登録クリエイターは3000人以上にのぼる。 今後はこのプラットフォーム上で実写映像制作サービスを提供する。顧客の顔や現場の雰囲気を直接伝えることができるインタビュー動画や店舗紹介動画など、実写撮影が必要である映像制作の需要に応えるため、サービスプランの拡充、システムの改善を進める。 続きを読む

  • 商品写真のクラウドソーシングサービスBYLINED

    商品写真のクラウドソーシングサービスBYLINED

    2015年の映画「ビジネス・ウォーズ(原題:Unifinished Business)」のキャンペーン用に作られた、主演Vince Vaughnのコラージュ写真を覚えている人がいるかもしれない。これらの写真は、味気ないビジネス系のストック写真にうつっている人の頭を、Vaughnのものと上手くすげ替えて作られていた。このキャンペーンがウケたのには理由がある。それは、私たち全員が巷にあふれるストック写真の安っぽさを認識しているということだ。 誤解しないでほしいのは、ストック写真の中にも良質なものが含まれているが、そのような写真をみつけるのには労… 続きを読む

  • Crowdsourceはユーザーが無償でグーグルサービスの向上に貢献できる新アプリ

    Crowdsourceはユーザーが無償でグーグルサービスの向上に貢献できる新アプリ

    Crowdsourceという名の新しいアプリがグーグルプレイにひっそり登場した。ユーザーはこのアプリを使って、グーグルのサービスの質を向上させるためのちょっとした仕事をするが、それは地図や翻訳、画像中の文字を起こす作業などだ。驚いたことには、このアプリにはユーザーの仕事に対するちょっとした報酬・対価といったものが全くない。しかしながらこのことは、このアプリが、例えばアマゾンのMechanical Turkなどの、仕事をクラウドソーシングする為の既存のプラットフォームの脅威とはならないことを意味する。 続きを読む

  • 「INFLUENCER ONE」はインスタの人気者に商品PRを依頼できるクラウドソースサービス

    「INFLUENCER ONE」はインスタの人気者に商品PRを依頼できるクラウドソースサービス

    Instagramで数万人のフォロワーがいるなら、もうちょっとした有名人と言っても良さそうだ。その影響力に乗せて商品のプロモーションをしたいと考える企業も多いだろう。本日ローンチした「INFLUENCER ONE」はインフルエンサーとそういったインフルエンサーにマーケティングの仕事を依頼したい企業や広告代理店をつなぐクラウドソースサービスだ。INFLUENCER ONEは、登録モデルに具体的なポーズやシーンの写真素材を依頼できるクラウドソースサービス「INSTAMODEL」を展開するレモネードが手がけている。 続きを読む