クラウドソーシング(用語)

クラウドソーシングに関連する記事一覧

  • クラウドソーシングを使った翻訳事業を展開するエニドア、ロゼッタが約14億円で買収へ

    クラウドソーシングを使った翻訳事業を展開するエニドア、ロゼッタが約14億円で買収へ

    クラウドソーシングを使った人力翻訳サービス「Conyac」を運営するエニドア。同社がM&Aによるイグジットを果たしたようだ。翻訳事業を手がけるロゼッタは8月10日、株式取得および簡易株式交換により、エニドアを完全子会社化すると発表した。 続きを読む

  • Google Mapsが各種の場所情報を一般ユーザーからクラウドソーシング、10億人の編集者がいる地図出版事業だ

    Google Mapsが各種の場所情報を一般ユーザーからクラウドソーシング、10億人の編集者がいる地図出版事業だ

    Googleの今朝(米国時間7/21)の発表によると同社は、ユーザーの力を借りてGoogle Mapsを改良しようとする動きを、さらに強めていく。それは、いくつかの新しい機能によってユーザーがもっと容易に詳しい位置情報を共有できるようにしたり、ほかの人が提案した編集の正否を確認できたり、というものだ。すでにこれらの変化を経験しているユーザーも多いが、今日Googleはそれらをオフィシャルにして、より広範な展開に備えている。 Mapsのアップデートは毎日“何百万”もやってる、とGoogleは言うが、あらゆる位置の情報… 続きを読む

  • 学習ツールを提供するDuolingo、新しいTinycardsで言語学習以外にも対応開始

    学習ツールを提供するDuolingo、新しいTinycardsで言語学習以外にも対応開始

    モバイル向けの教育アプリケーションでもっとも有名なものといえばDuolingoということになるだろうか。ただし、「教育アプリケーション」とはいっても、これまでは言語の学習に特化したものとなっていた。しかしこの度Tinycards(iOS版)というアプリケーションをリリースし、「記憶力」を使うものであれば多くの学習シーンで利用できるようになった。 続きを読む

  • 問い合わせ対応からクリーニングまで、民泊提供者向けサービスを展開するSQUEEZEが総額約4.2億円を調達

    問い合わせ対応からクリーニングまで、民泊提供者向けサービスを展開するSQUEEZEが総額約4.2億円を調達

    Airbnbなどの民泊マッチングサービスの普及、そして2016年4月から旅館業法が一部緩和されたことにより民泊運営が始めやすくなった。それに伴い、空室や空き家を有効活用する方法として民泊運営に関心が集まっているが、民泊運営に民泊予約サービスへの物件登録、ゲストの問い合わせ対応、チェックアウト後のクリーニングなど運用するには手間も多くかかる。海外からのゲストに英語で対応しなければならないのもオーナーにとっては負担になる。 続きを読む

  • ランサーズがライター特化のポートフォリオを公開、「WEBライティング技能検定」の是非も聞いてみた

    ランサーズがライター特化のポートフォリオを公開、「WEBライティング技能検定」の是非も聞いてみた

    クラウドソーシングサービス「ランサーズ」を手がけるランサーズが続々新サービスをリリースしている。3月30日には、配信したメールマガジンをウェブコンテンツ化することでコンテンツマーケティングを実現する「Propag(プロパグ)」を公開。4月19日には、個人のスキルを売買するマーケットプレイス「ランサーズストア」を公開している。そして4月25日には、ライター向けのポートフォリオサービス「Quant(クオント)」を公開した。 続きを読む

  • 経験や直感による採用はもう古い、人材採用に広がるデータ・ドリブンなアプローチ

    経験や直感による採用はもう古い、人材採用に広がるデータ・ドリブンなアプローチ

    この原稿は鈴木仁志氏による寄稿である。鈴木氏は人事・採用のコンサルティング・アウトソーシングのレジェンダ・グループのシンガポール法人の代表取締役社長を務めていて、シンガポールを拠点にクラウド採用管理システム「ACCUUM」(アキューム)をシンガポールと日本向けに提供している。米国で広がる「データ・ドリブン・リクルーティング」と、そのソリューションについて解説してもらった。 続きを読む

  • 生活密着型クラウドソーシングのエニタイムズが高野真氏、グリー、DeNAなどから2.3億円の資金調達

    生活密着型クラウドソーシングのエニタイムズが高野真氏、グリー、DeNAなどから2.3億円の資金調達

    生活密着型のクラウドソーシングサービス「Any+Times(エニタイムズ)」を運営するエニタイムズ は5月21日、元ピムコジャパンリミテッド取締役社長でアトミックスメテディア代表取締役CEOおよびフォーブス ジャパン編集長の高野真氏、グリー、ディー・エヌ・エー、その他個人投資家を引受先とする、総額2億3000万円の第三者割当増資を実施したことを明らかにした。今回調達した資金をもとに、システムの強化を進めるほか、マーケティングや人材の採用・育成を進める。 続きを読む

  • 合衆国エネルギー省がソーラーのソフトコスト低減のための起業企画を募集

    合衆国エネルギー省がソーラーのソフトコスト低減のための起業企画を募集

    このところ、アメリカの商用太陽光発電は、企業への政府補助と中国のメーカーとの厳しい競争で、価格が急落している。エネルギー省の育成事業SunShot Initiativeで、そのインキュベーション部門Catalystを担当しているVictor Kaneによると、2010年に比べて今ではほぼ50%低下しているという。この育成事業の主な目的は、ソーラー発電のコストを2020年までにそのほかの発電方法と互角にすることだ。 続きを読む

  • 月額2980円で士業に相談し放題の法人向けQ&Aサービス「Bizer」、登記用の書類も自動作成

    月額2980円で士業に相談し放題の法人向けQ&Aサービス「Bizer」、登記用の書類も自動作成

    Q&Aサービスと言えばオウケイウェイヴの「OKWave」から、スマートフォンに特化したLINEの「LINE Q」、nanapiの「Answer」などを思い浮かべるかも知らないが、企業を支援するQ&Aサービスも存在する。弁護士ドットコムの「弁護士ドットコム」もそうだし、walkntalkの「Visasq(ビザスク)」もそう、今回紹介するビズグラウンドの「Bizer(バイザー)」もそういったサービスの1つだ。 続きを読む

  • クラウドソーシングは特化型へ、海外のプレイヤーから見るクラウドソーシングの今

    クラウドソーシングは特化型へ、海外のプレイヤーから見るクラウドソーシングの今

    編集部注:この原稿は内藤聡氏(@satoruitterによる寄稿である。内藤氏はEast Venturesアソシエートで、ブログ「シリコンバレーによろしく」を書く、テクノロジー・ブロガー。今回はクラウドソーシング分野の現状を、各海外プレイヤーのポジショニングを通じて考察していく。 続きを読む

  • 数のことならまかしといて, 数だけの検索サイトMeterfyは元データをクラウドソーシング

    数のことならまかしといて, 数だけの検索サイトMeterfyは元データをクラウドソーシング

    【抄訳】 1はいちばん孤独な数。天国までは2歩。良い脚本は必ず3幕。ディスコダンスは4拍子。毎日果物と野菜を5皿以上食べなさい。 数はどこにでもあり、数なんてどこにもない。数はデータの沼の中でごちゃ混ぜになる。なんでも多ければよいという人には、それもけっこう。でも、ある数のある桁だけ知りたくなったらどうする? 数との追っかけっこが始まる。数字の中から、ものごとの本質をつかみ取るのだ。 続きを読む

  • 役者の動きをリアルタイムに3Dアニメ化、MUGENUPは「和製Pixarを目指す」

    役者の動きをリアルタイムに3Dアニメ化、MUGENUPは「和製Pixarを目指す」

    ゲームイラストのクラウドソーシングを手がけるMUGENUP。同社はDeNAが提供するライブキャスティングサービス「Showroom」にて、モーションキャプチャーや画像認識を組み合わせたアニメーションライブコミュニケーティングアニメーション 「こちら娘島高等学校ほーそお部」を開始する。配信時間は毎週月曜の午後9時から9時30分まで。 続きを読む

  • IndiegogoのCEOが教える、クラウドファンディングで成功するためのヒント集

    私はデータを掘り返してちょっと変わったトレンドを見つけるのが大好きだ。物事が実際に〈動く〉しくみはそうやって理解する。もう一つ私は、クラウドファンディングのコンセプトを本当に〈本当に〉気に入っている。2つを合わせれば私の注目する的がわかるだろう。 続きを読む

  • イラスト制作クラウドソーシングのMUGENUPが1億3000万円を調達、3Dデータ制作効率化も

    イラスト制作クラウドソーシングのMUGENUPが1億3000万円を調達、3Dデータ制作効率化も

    ゲームアセット等のクラウドソーシングサービスを運営しているMUGENUPが1億3,000万円の資金調達を実施した。MUGENUPにとってシリーズBとなるこのラウンドにはIGPI(経営共創基盤)、SMBCベンチャーキャピタルの2社が参加した。 MUGENUPは主にゲーム内のキャラクターのイラストを取り扱っているサービスでゲーム制作会社とクリエイターを仲介する役割を担っている。現在このサービスに登録しているクリエイターは約1万人となっている。 続きを読む

  • 判断をクラウドソースするCrowdFlower, 累積判定数が10億に達す

    判断をクラウドソースするCrowdFlower, 累積判定数が10億に達す

    タスクをクラウドソースして管理するサービスCrowdFlowerが、協力者たちによる“判定”(judgment, ジャッジメント)の件数が10億に達した、と発表した(何かを“判定する”ことが、ここでのタスクなのだ)。 続きを読む

  • 気象情報はWazeの次に買収の対象になりそうなクラウドソース・サービス

    気象情報はWazeの次に買収の対象になりそうなクラウドソース・サービス

    Wazeが10億ドルでGoogleに買収されたとことは、有用なクラウドソースのデータをリアルタイムで大量に収集することに成功したスタートアップには同様のエグジットの可能性があることを強く印象づけた。 カーナビ用の交通データほどその応用の成果が直接的ではないものの、次に大きな可能性がある分野は気象情報だ。クラウドソースを利用して地上の正確な気象状況をピンポイントで収集し、予報や共有に役立てようとするアプリがすでにいくつか存在する。 続きを読む

  • 原油流出は石油ばかり出て封じ込めの名案が出ない(一部の案をビデオで見よう)

    原油流出は石油ばかり出て封じ込めの名案が出ない(一部の案をビデオで見よう)

    これまで、推計で8200万ガロンの原油がメキシコ湾に流出している。史上最大の原油流出事故を止めようとするBPの試みは、ことごとく失敗した。同社は、”ジャンクショット(junk shots)”、”トップキル(top kill)”、封じ込めドームなどさまざまな方法をトライし、油井に蓋(ふた)をして混乱を収拾する努力に、1日あたり1億ドルを費やしてきた。同社は、外部からのアイデアも募っている。 すべてのアイデアがBPに届いたかどうかは分からないが、多くの頭の良い人びとが、それぞれ独特の対策を提案して… 続きを読む