crowdworks

  • オンライン学習サービスのスクーがクラウドワークスと提携、「人材x教育」で地方創生に臨む

    オンライン学習サービスのスクーがクラウドワークスと提携、「人材x教育」で地方創生に臨む

    人は誰しもキャリアアップしたいと願うものだろう。キャリアアップを実現するために学び、スキルを身に付け、自分の価値を高めていく。企業に勤めていればトレーニングも提供されるものだが、クラウドワーカーにとっては先行投資でありそのハードルは低くない。だがそれが無料で受講できるとしたらどうだろうか。 インターネットの動画配信を利用したオンライン学習サービス「schoo(スクー)」を運営するスクーは6月12日、クラウドワークスとの提携を発表した。 続きを読む

  • 「赤字上場でもしっかりした成績が残せた」2Q決算でクラウドワークス吉田社長

    「赤字上場でもしっかりした成績が残せた」2Q決算でクラウドワークス吉田社長

    20年後にクラウドソーシングで年間総契約額3兆円の仕事を提供する——クラウドワークス代表取締役社長の吉田浩一郎氏は、5月15日に開催された決算説明会兼事業戦略発表会でこのように語った。 すでに昨日発表済みではあるが、クラウドワークスの2015年9月期第2四半期(第1〜2四半期累計)の営業収益で3億6500万円(前年同期比で307.8%増)、営業利益は2億8300万円の赤字(前年同期は1億700万円の赤字)、経常利益は2億8700万円の赤字(同1億700万円の赤字)、純利益は2億9500億円の赤字(同1億800万円… 続きを読む

  • クラウドワークスがリクルートを割当先とした第三者割当増資——理由は資金ニーズより事業シナジー

    クラウドワークスがリクルートを割当先とした第三者割当増資——理由は資金ニーズより事業シナジー

    クラウドソーシングサービス「クラウドワークス」を運営するクラウドワークスが、リクルートホールディングスの投資子会社である合同会社RSPファンド5号を割当先とする第三者割当増資を実施したことが明らかになった。金額は非公開だが、数千万円程度と見られる。クラウドソーシングサービス「クラウドワークス」を運営するクラウドワークスが、リクルートホールディングスの投資子会社である合同会社RSPファンド5号を割当先とする第三者割当増資を実施したことが明らかになった。金額は非公開だが、数千万円程度と見られる。 同社はこれまでサイバーエージェント、電通とい… 続きを読む

  • クラウドワークスがDeNAショッピングと提携——出店者の「ご用聞き」をクラウドソーシングで実現

    クラウドワークスがDeNAショッピングと提携——出店者の「ご用聞き」をクラウドソーシングで実現

    ランサーズがKDDIとの共同事業でリアルビジネスのクラウドソーシング「ランサーズプレイス」を開始したと発表していたのが昨日。今日4月8日には、クラウドワークスがディー・エヌ・エーが手がけるショッピングサイト「DeNAショッピング」との業務提携を発表した。 続きを読む

  • 「経費節減ちゃいまっせ」吉本がクラウドソーシングでチラシ作り、クラウドワークスと提携

    「経費節減ちゃいまっせ」吉本がクラウドソーシングでチラシ作り、クラウドワークスと提携

    クラウドワークスとよしもとクリエイティブ・エージェンシーは13日、若手クリエイターの発掘を目指すクラウドソーシングサービス「クリコン」を開始した。吉本といえば「ケチでギャラが安い」と言われることもあるけれど、経費節減のためではなく、新しい時代のコンテンツ開発体制を作るのが狙いという。まずは吉本に所属する芸人のライブチラシや番組ロゴなどの制作を発注し、今後はメディアと連動したクリエイター発掘も行う。 続きを読む

  • クラウドワークスとテレビ東京、シニア層に特化したクラウドソーシングを共同展開

    クラウドワークスとテレビ東京、シニア層に特化したクラウドソーシングを共同展開

    クラウドワークスは31日、テレビ東京と提携してシニア世代向けクラウドソーシングサービスを開始することを明らかにした。クラウドワークスの吉田浩一郎社長によれば、今回の業務提携は、有力な視聴者層であるシニア層に向けた取り組みを模索していたテレビ東京側から持ちかけられた話だといい、クラウドワークスで徐々に利用が増えているシニア向けのクラウドソーシング市場を共同で開拓していくこととなったのだという。 続きを読む

  • クラウドソーシングのクラウドワークスが伊藤忠テクノロジーベンチャーズなどから3億円を調達

    クラウドソーシングのクラウドワークスが伊藤忠テクノロジーベンチャーズなどから3億円を調達

    クラウドワークスはエンジニアやデザイナーに対象を絞ったクラウドソーシングのサービスで、昨年末からそのビジネスをスタートさせている。現在、7000名ほどの登録者がいて、2000社ほどから仕事が依頼されている。これまでの累計の仕事の依頼額は6.7億円を超えていて、このうち1億円強が成約しているのだという。 今日、クラウドワークスは3億円の資金調達を実施したことを発表した。第三者割当増資によるこの資金調達を引き受けたのは、伊藤忠テクノロジーベンチャーズ、デジタルガレージ(実際は投資子会社のDGインキュベーション)、サンエイトインベストメントだ… 続きを読む

  • エンジニアに仕事を依頼できるクラウドワークスの案件の4割は時給制での利用に

    エンジニアに仕事を依頼できるクラウドワークスの案件の4割は時給制での利用に

    今年3月にローンチしたエンジニアに仕事を発注できるクラウドソーシングのクラウドワークスがこの7月で登録された募集案件の累計総額が3億円を突破したことを発表している。この数字は登録された案件であって成約したものではないのだが、2008年の創業でライバルのランサーズは4年で同じく39億円を達成していることを考えると、サービスをスタートして4カ月であればクラウドワークスのこの数字はまずまずのものなのだろう。会員数も3,000を超えたという。 クラウドワークスの特徴はすでにスタート時にも書いたのだが、エンジニアの仕事に対する対価として成果ベース… 続きを読む

  • エンジニアにフォーカスしたクラウドソーシングのクラウドワークスがローンチ

    エンジニアにフォーカスしたクラウドソーシングのクラウドワークスがローンチ

    エンジニアにフォーカスしたクラウドソーシングのクラウドワークスがクローズドベータ版としてサービスを開始した。クラウドサービスについては、以前にも記事にしているが、それまではエンジニアの登録のみで実際の業務については稼働を初めていなかった。クラウドワークスの代表取締役社長の吉田浩一郎氏の話を聞いていて僕が興味深いと思ったのは、クラウドソーシングを使って業務を発注したいと思っている人の多くは、時給ベースでエンジニアに仕事を依頼したいと思っていることだ。 続きを読む

  • クラウドワークスはエンジニアやクリエイターのためのクラウドソーシングサービス

    クラウドワークスはエンジニアやクリエイターのためのクラウドソーシングサービス

    クラウドソーシングを実現する新たなスタートアップがまた立ち上がった。クラウドワークスがそれで、今日、サイバーエージェント・ベンチャーズや小澤隆生氏、イトクロ代表取締役の山木学氏、アエリア取締役の須田仁之氏ほか個人投資家から資金調達をしたことを発表している。クラウドソーシングの事業については、最近ではランサーズのようなスタートアップが登場してきているが、クラウドワークスが目指すのは、エンジニアとクリエイターたちにフォーカスを当てたものだ。エンジニアやクリエイターに仕事を発注したい人たちとの仕事のマッチングをはかることが目的である。 続きを読む