暗号資産 / 仮想通貨(用語)

暗号資産(仮想通貨)に関連する記事一覧

  • Animoca、Galaxy Interactive、Polygonが印ゲーム企業nCoreのWeb3推進を支援

    Animoca、Galaxy Interactive、Polygonが印ゲーム企業nCoreのWeb3推進を支援

    nCore GamesはWeb3サービスの開始に向け、新たな資金調達ラウンドで1000万ドル(約11億5000万円)を調達したと同社のトップがインド時間1月17日に発表した。 続きを読む

  • 【コラム】ソーシャルメディアの人々をWeb3へと誘う5つのNFTトレンド

    【コラム】ソーシャルメディアの人々をWeb3へと誘う5つのNFTトレンド

    筆者は、Web 2.0アプリを10年以上に渡って構築し、やはり10年以上に渡って暗号技術に投資してきた創業者として、最もおもしろいビジネスチャンスは、Web 2.0とWeb3の交差部分に存在すると思っている。ブロックチェーンの消費者市場における真の潜在性は、Web 2.0とWeb3の併合によって解き放たれる。 続きを読む

  • 「暗号資産の未来」への投資競争には確実に金がかかる

    「暗号資産の未来」への投資競争には確実に金がかかる

    私は、Coinbaseがより大きなブロックチェーン市場の他の企業に資本を投入するペースに感銘を受けている。米国の上場企業は比較的少額(売上と比べての場合だが)を支払うことで、スタートアップの所有権と情報アクセス権の両方を買うことができ、何が起きているかの早期警告データを得ることができるので、これは賢明な動きだ。 続きを読む

  • 暗号資産でB2B決済の高速化、手数料の抑制も目指すPaysailが4.4億円調達

    暗号資産でB2B決済の高速化、手数料の抑制も目指すPaysailが4.4億円調達

    企業は、材料費から外注費に至る主要なコストの多くを、請求書に基づき支払っている。依然として大多数の企業は、国境を越える支払いの際、銀行振込やクレジットカードを基盤とするソリューションに依存している。完了するまでに通常2~5日かかる、この国境を越える支払いは、世界で130兆ドル(約1京5000兆円)の市場を形成している。 続きを読む

  • 北朝鮮が2021年にハッキングした暗号資産は約455億円相当

    北朝鮮が2021年にハッキングした暗号資産は約455億円相当

    ブロックチェーン分析会社Chainalysisの報告書によると、北朝鮮のハッカーたちは2021年、暗号資産プラットフォームに少なくとも7件の攻撃を仕掛け、約4億ドル(約455億円)相当のデジタル資産を盗み取っていたという。 続きを読む

  • 暗号資産APIプロバイダーのConduitは分散型金融のStripeを目指す

    暗号資産APIプロバイダーのConduitは分散型金融のStripeを目指す

    金融機関は暗号資産市場に参入する方法を模索し続けており、分散型金融(DeFi)商品は、金融機関がシェアを獲得するのに役立つ仕組みの1つだ。DeFi商品の投資家は、利子と引き換えに暗号資産を貸し出すことで、資本の利回りを得ることができる。 続きを読む

  • Checkout.comが4兆6000億円の評価額で1145億円のラウンドを実施

    Checkout.comが4兆6000億円の評価額で1145億円のラウンドを実施

    決済サービスを提供するCheckout.comは、並のユニコーンではない。今回同社は10億ドル(約1145億4000万円)のシリーズD資金調達ラウンドをクローズした。本日のラウンドの結果、同社の評価額は400億ドル(約4兆6000億円)に達した。 続きを読む

  • 【コラム】米国で増えている暗号資産市長

    【コラム】米国で増えている暗号資産市長

    暗号資産といえば、元々は民間セクターの話である。ビットコインやその他の暗号資産プロジェクトは、非中央集権的で政府の金融政策の影響を受けない変更不能なデジタル通貨を作ることを意図して始まったものだ。 続きを読む

  • ボーダーレス暗号資産ネットワークは国家による制裁と戦う、曖昧なガイドラインでWeb3企業はイランなどのユーザーを置き去りに

    ボーダーレス暗号資産ネットワークは国家による制裁と戦う、曖昧なガイドラインでWeb3企業はイランなどのユーザーを置き去りに

    イランのような国に対する米国の金融制裁は、暗号資産スタートアップがその戦いを慎重に選ばなければならない厄介な規制環境を作り出している。これまでのところ、これらの企業が選んでいない戦いはユーザーに実質的な影響を与えており、時には企業が主張する分散化の哲学と相反することもある。 続きを読む

  • クリエイターの収益化を支援するPatreon、「2022年に規模倍増」と同社CPOは語る

    クリエイターの収益化を支援するPatreon、「2022年に規模倍増」と同社CPOは語る

    Patreonは2021年初めに評価額を3倍増の40億ドル(約4400億円)とした後、岐路に立っている。クリエイターのための構築という点で、同社は今後も勝ち続けるのだろうか。同時にPatreonは、クリエイターたちに自社のプロダクトが彼らの最善の利益を追求していると感じさせながら、その競争に先んじることができるのだろうか? 続きを読む