CureApp(企業)

  • 医師が処方する保険適用「ニコチン依存症治療アプリ」など研究開発のCureAppが21億円調達

    医師が処方する保険適用「ニコチン依存症治療アプリ」など研究開発のCureAppが21億円調達

    CureApp(キュア・アップ)は3月12日、第三者割当増資および融資による約21億円の資金調達を発表した。引受先は、ジャパン・コインベスト3号投資事業有限責任組合や既存株主をはじめとする10社。借入先は商工組合中央金庫。累計調達額は約64億円となった。 続きを読む

  • 日本初の薬事承認を目指す「治療アプリ」のキュア・アップが15億円を資金調達

    日本初の薬事承認を目指す「治療アプリ」のキュア・アップが15億円を資金調達

    従来の薬事法が2014年に改正され、「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(薬機法)」となってから、診断や治療を目的としたプログラムが単体で医療機器として申請されるようになり、ヘルステック分野で注目を集めている。 キュア・アップが疾患治療用プログラム医療機器として研究開発するのは、スマートフォンで使える「治療アプリ」。同社は2月26日、既存株主のBeyond Next Ventures、慶應イノベーション・イニシアティブに加え、新たに伊藤忠商事、伊藤忠テクノロジーベンチャーズ、CYBERDYNE、第一生命保険、三菱… 続きを読む

  • 「治療アプリ」開発のキュア・アップ、Beyond Nextなどから3.8億円の資金調達

    「治療アプリ」開発のキュア・アップ、Beyond Nextなどから3.8億円の資金調達

    疾患治療用プログラム医療機器としてのアプリ開発・製造・販売を手がけるキュア・アップは2月6日、総額3.8億円の第三者割当増資の実施を発表した。引受先はBeyond Next Ventures、慶應イノベーション・イニシアティブ、SBIインベストメント。今回の調達は、2015年10月に実施したBeyond Next Venturesからの約1億円の調達に続くものとなる。 続きを読む

  • ニコチン依存症の治療アプリを開発するキュア・アップが1億円を調達

    ニコチン依存症の治療アプリを開発するキュア・アップが1億円を調達

    本日、ニコチン依存症向けの治療アプリを製作するキュア・アップがBeyond Next Venturesから約1億円を調達したと発表した。今回TechCrunch Japanは、キュア・アップの代表を務める佐竹晃太氏に話を聞いた。キュア・アップは、佐竹氏が2014年7月に立ち上げたスタートアップだ。佐竹氏は呼吸器内科医として日本赤十字社医療センターなどに勤めた経験のある医師でもある。また上海の中欧国際工商学院でMBAを取得し、さらには米国のジョンズ・ホプキンス大学で医療インフォマティクスを修めている。 続きを読む