CurrentTV

  • Current TV、$100Mの株式新規公開をキャンセル

    Current TV、$100Mの株式新規公開をキャンセル

    アル・ゴア元アメリカ副大統領が後援者の1人であるCurrent Mediaは、2008年1月に発表された$100M(1億ドル)に上る株式新規公開をキャンセルした。 今日(米国時間4/10)提出された文書によると、Current TVはキャンセルの理由を現在の経済状況に帰している。 続きを読む

  • 来週の大統領選投票日は国民総出の報道合戦になる~Twitter、Digg、YouTube..特設ページ続々

    来週の大統領選投票日は国民総出の報道合戦になる~Twitter、Digg、YouTube..特設ページ続々

    「アメリカの選挙、騒がれ過ぎだよ」と思ってるみなさん、それは来週の騒ぎを見てからに。投票当日はマスコミ総動員で特集だが、有権者だって負けちゃいない。今はTweet(つぶやき)もありゃDiggもある、動画も、IMも、自分の清き1票を実況中継する出番はいくらでもあるのだ。 こうした“レポート”に参加するのは「僕も私も投票してます!」と世界に向けて伝えたい人、あるいは単に誰に入れたか報告したい人たちがほとんどだろう。自分が投票した候補なんて昔は秘密だったものだけど、今は違う。秘密どころか、まるでIMやTweetでみんな… 続きを読む

  • 内幕―アル・ゴアのCurrentTVは2006年にDiggに$100Mを提示していた

    内幕―アル・ゴアのCurrentTVは2006年にDiggに$100Mを提示していた

    注意:右の写真の意味はこの記事を読むうちにはっきりしてくる。 Sarah Lacyの新しい本「Once You’re Lucky, Twice You’re Good: The Rebirth ofSilicon Valley and the Rise of Web 2.0」 (木曜日書店発売。予約はこちら。サイン入りプレゼントはここから応募)はたくさんの有名ウェブ・スタートアップの歴史を詳しく伝えている。 さらにLacyは日々のニュースを伝えるのに忙しいジャーナリズムが今まで伝えてこなかった興味深い内幕を暴露している。中でも私のお気に入りの話は2… 続きを読む

  • テレビ番組は何処へ向うか?

    テレビ番組は何処へ向うか?

    インターネットやiTune上でのテレビのメジャーネットワークの動きについての以前の記事(ダウンロード型テレビ、、)のフォローアップ。メジャーネットワーク以外のテレビ番組の取組み、それらがWEB上でどのように扱われているかの例を詳しく調べてみた。 yahoo, google, youtube等についてはわれわれはこの記事(ビデオ版Flickrの比較)で詳しく扱っているのでここでは触れない。その代わり、いままであまり知られていないサービスにスポットを当てた。 以前の記事で扱ったサイトとこれから論じるサイトでは多くの特徴(Flashを利用している点… 続きを読む