cyberagent ventures

  • CAVが出資するOneteam、メールやSlackより“使える”コミュニケーションツールを今夏より提供

    CAVが出資するOneteam、メールやSlackより“使える”コミュニケーションツールを今夏より提供

    テック企業ではSlackやChatworkをはじめとした社内向けコミュニケーションツールの話題が盛んだが、これらのツールの利便性を非テック企業にも提供しようとしているのがOneteamだ。同社は5月15日、サイバーエージェント・ベンチャーズを引受先とした6000万円の第三者割当増資を実施したことを明らかにした。 同社が開発するのは、非ITテック企業向けのコミュニケーションプラットフォーム「Oneteam」。チャット機能に加えて、企業や組織の一人一人が自己紹介ページを持って自分の趣味や志望動機、職歴情報を登録できるほか、電話番号や社員番号… 続きを読む

  • サイバーエージェント・ベンチャーズが50億円規模の新ファンド–藤田ファンドとの違いは?

    直近では企業向けの総菜販売サービス「オフィスおかん」を提供するおかんや、モノづくりプラットフォーム「rinkak」を提供するカブクなどに出資しているサイバーエージェント・ベンチャーズ(CAV)。同社が新しいファンドを組成した。 新ファンドの名称は「CA Startups Internet Fund 2号」。これまで運用してきたファンドは総額24億円だったが、新ファンドは総額50億円のものとなる。CAVではこれまで、IT分野のシード、アーリーステージ向けに数千 続きを読む

  • 東南アジアのプリペイド式ケータイに注目した日本発スタートアップYOYO、グリーVやCAVから1.3億円を調達

    東南アジアのプリペイド式ケータイに注目した日本発スタートアップYOYO、グリーVやCAVから1.3億円を調達

    携帯電話料金の支払いというと、多くの読者が口座引き落としをはじめとした「ポストペイド(料金後払い)」を思い浮かべるのではないだろうか。でも実は、携帯電話料金のポストペイドを採用している国は、世界全体の20%にも満たないのだという。残りの80%、つまり世界の大半はプリペイド(料金先払い)なのだ。 プリペイド式の携帯電話が最も流通している地域の1つが東南アジアだ。フィリピンでは96%、インドネシアでは98%のモバイルユーザーの端末がプリペイド式なのだという。タイでも全体の9割近い端末がプリペイド式だ。 続きを読む

  • ユーザー行動分析ツールを提供するpLuckyがCAVから資金調達を実施

    ユーザー行動分析ツールを提供するpLuckyがCAVから資金調達を実施

    Webサービスやアプリを運営する上で、ユーザーの行動を分析することは重要だ。ログイン後にある特定のアクションをしたユーザーの継続率が上がるとわかるのであれば、そのアクションへ誘導した方が良いだろう。ゲームであれば、登録3日後の利用率が激減してしまっているのであれば、その前に継続的に利用してもらうためのボーナスを与えるのも良いかもしれない。 続きを読む

  • オンタイム学習プラットフォームのマナボがサイバーエージェント・ベンチャーズなどから3,800万円の資金を調達

    オンタイム学習プラットフォームのマナボがサイバーエージェント・ベンチャーズなどから3,800万円の資金を調達

    主に中高生を対象としたオンタイム学習プラットフォームmana.boを運営するマナボがサイバーエージェント・ベンチャーズ(以下、CAV)などから3,800万円の資金調達を実施した。mana.boは昨年、KDDI∞Laboの第3期採択チームとしてインキュベーション・プログラムに参加、Infinity Ventures Summit 2012 FallのLaunch Padに出場したため、すでにご存知の方も多いかもしれない。 このサービスは生徒がわからない問題に直面した際に「いま聞けて、すぐに理解る」ことを目指している学習プラットフォームである。マナボ… 続きを読む

  • サイバーエージェント・ベンチャーズのインキュベーションオフィスはオシャレで広いよ

    サイバーエージェント・ベンチャーズのインキュベーションオフィスはオシャレで広いよ

    来週月曜日にオープンするサイバーエージェント・ベンチャーズのインキュベーションオフィスはすでに発表されているとおり、1,200平方メートル(365坪)の広さがある。どう捉えるかでその定義は変わるが、少なくとも都内では最大級のインキュベーションオフィスと言えるだろう。ここにはサイバーエージェント・ベンチャーズの投資先やパートナーに加えて、サイバーエージェント・ベンチャーズのオフィスも入居することになる。さっそく僕もできあがったばかりのオフィスを訪ねたので、紹介しておこう。Startup Base Campと名付けられたこのオフィスは、おもに… 続きを読む

  • Start Me Up!|米国のスタートアップ企業を日本やアジアで展開するビジネス立ち上げメンバーを募集中

    先月に孫泰蔵さんのMOVIDA JAPANが起業プログラムのSeed Accelarationを立ち上げたのを記事にしているが、そのときに米国企業を日本やアジアにもってきて展開することにも触れたことを覚えている人もいるかもしれない。僕は最初この話を聞いたときに、とても素晴らしいプログラムだと思っていたのだけれど、というのも、人材の交流としてもよいことだし、それに10年以上前(そう、なつかしのドットコム・バブルの時代だ)には実際そいうブームがあって、その中で数多くの企業が日本にやってきて、その中にはビジネス的に成功したり、その立ち上げに携わ… 続きを読む