cybersecurity

  • スタンフォード大学の研究者、NSAが通話記録から個人を特定できるらしいことを証明

    スタンフォード大学の研究者、NSAが通話記録から個人を特定できるらしいことを証明

    国家安全保障局(NSA)は、諜報員がアメリカ人数千万人分の通話記録を集めているだけで、実名は分析から除かれていて安全であると言いたがる。しかし、スタンフォード大学の研究者、Johathan Mayerらは、いわゆる「メタデータ」を個人名と一致させることは、Google検索とあまり変わらない簡単な手順で可能であることを発見した。 続きを読む

  • オバマ大統領のNSA特別委員会が大改革を提言

    オバマ大統領のNSA特別委員会が大改革を提言

    今日(米国時間12/18)、大いに待ち望まれたオバマ大統領の国家安全保障局(NSA)特別委員会の検討結果が公表された[PDF]。拘束力を持たない40項目あまりの勧告からなる200ページの報告書は、最も議論の多いプログラムの多くを中止するよう求めている。 続きを読む

  • 喜ぶのは早すぎる:今日のスパイ禁止裁定は、象徴にすぎない

    喜ぶのは早すぎる:今日のスパイ禁止裁定は、象徴にすぎない

    今日のニュース業界は、連邦判事がNSAの電話データ収集プログラムを「違憲」と判断したことを吹聴する見出しで爆発している。この強い表現によるアンチNSA判断は、引用するには素晴らしいが、現実世界への影響は今のところ小さい。「一裁判官の意見であり、当然控訴されるだろう」と元NSA法律顧問のStewart Bakerが私宛のメールで言った 続きを読む

  • オバマのNSA特別委員会は、有意義な変更を提案するかもしれない

    オバマのNSA特別委員会は、有意義な変更を提案するかもしれない

    報道によると、オバマ大統領の監視特別委員会は、民間人が国家安全保障局(NSA)の指揮を取ること、および一括データ収集の方法を刷新すべきであることを勧告する見込みだ。この拘束力のない勧告の概要は、The Wall Street JournalおよびThe New York Timesに説明され、待ち焦がれる国民に内容の一端をのぞかせた。 続きを読む

  • NSAは携帯電話の位置情報も追跡している(ワシントンポスト報道)

    NSAは携帯電話の位置情報も追跡している(ワシントンポスト報道)

    ロシア在住の熱狂的漏洩人エドワード・スノーデンのリーク文書によると、国家安全保障局(NSA)は、人々の居場所を追跡している。数十億という携帯電話記録から位置データを収集することによって、NSAは嫌疑者同志の関係を解析できる。The Washington Postが報じた。 続きを読む

  • NSAはGoogleとYahooのネットワークに侵入していた(ワシントンポスト報道)

    NSAはGoogleとYahooのネットワークに侵入していた(ワシントンポスト報道)

    米国国家安全保障局(NSA)は、GoogleおよびYahooのネットワークに秘かに侵入し、リアルタイム通信を監視していた。漏洩者エドワードスノーデン発の新たに暴露された文書による[PDF]。 続きを読む

  • 合衆国からロシアへ: “Snowdenを殺したり拷問したりしません…だから返して”

    合衆国からロシアへ: “Snowdenを殺したり拷問したりしません…だから返して”

    アメリカ合衆国は、NSAを内部告発したEdward Snowdenに死罪を求めないと誓約した。司法省にSnowdenを諦めさせるために司法長官Eric Holderは皮肉にも、ロシア当局に対し、合衆国は人権を尊重すると確証せざるをえなかったようだ。 続きを読む

  • MIT製ツールで、NSAがどうやってメール履歴から人間関係を洗いだすかを視覚化しよう

    MIT製ツールで、NSAがどうやってメール履歴から人間関係を洗いだすかを視覚化しよう

    MITの異才が、メール相手や連絡頻度を元に国家安全保障局(NSA)がどうやってあなたの人間関係を探れるかを視覚化するすごいプログラムを作った。果たしてNSAがわれわれの通話記録やインターネット活動を収集しているのかどうか、未だ明らかではないが、裁判書類や上院議員の証言から、政府が人々の連絡相手に関するいわゆる「メタデータ」を広く集めていることはわかっている。 続きを読む

  • 新たなスパイ疑惑:NSAはメールとネット利用の記録を2年間保持していた

    新たなスパイ疑惑:NSAはメールとネット利用の記録を2年間保持していた

    The CrunchGov Essentialは、今日の重大問題におけるテクノロジーの影響を要約している。以下の特集記事には、最も思慮に富んだ、常軌を逸した、あるいは想像をかきたてる話題を、ウェブの最優良コンテンツを通じてお伝えする。朝刊ニュースレターの購読はこちらから。 The Essential — かつてSnowdenは、情報漏洩者は「射たれるべき」と思っていた/ネイト・シルバーが評論家について/Factbookのスパイ対策プロトコル/Funny Or Die: NSAの求人広告ビデオ 特集 ― 新たなスパイ疑惑:NSAはメールとブラウジン… 続きを読む

  • Edward Snowdenはスパイ容疑で告発–身柄引き渡しはどうなる?

    Edward Snowdenはスパイ容疑で告発–身柄引き渡しはどうなる?

    Washington Postによると、合衆国政府はNSAの秘密行動をリークしたEdward Snowdenに鉄槌を下し、彼を最高の重罪…スパイ行為…で告発した。彼は今香港に身を隠し、彼と同じくリークに使命感を燃やすWikileaksのJulian Assangeの支援の下(もと)に、亡命先を探している*。〔*: 関連記事(未訳)。〕 皮肉にも、The PostやUSA Todayの記事によると、Snowdenに重い政治犯罪を課してしまうと、いわゆる‘犯罪人引き渡し’が困難になる。The Postは、こう説明している:… 続きを読む