データ分析(用語)

  • 小規模オンラインストアが大規模ストアと同様のデータ分析を利用できるTreslのSegments Analytics

    小規模オンラインストアが大規模ストアと同様のデータ分析を利用できるTreslのSegments Analytics

    Treslのフラッグシップ製品であるeコマースインテリジェンスプラットフォームのSegment Analyticsは、Shopifyでストアを運営している小規模ブランドが大手オンライン販売業者と同様の分析を利用できるようにするものだ。 続きを読む

  • データを駆使するスタートアップは人材採用にもデータを活用すべきだ

    データを駆使するスタートアップは人材採用にもデータを活用すべきだ

    新興企業の多くがテクノロジー思考の創業者によって起業されている。また、ベンチャーキャピタルは、製品開発や事業拡大のためにデータを駆使するアプローチを取る企業に投資している。しかし皮肉なことに、人材の採用となると、データ志向ではない従来型の企業よりもデータを活用せず、型にはまった手法を使う新興企業が多い。実のところ、テック業界では人材採用がこれまでに劇的に変わったことはなく、「人材採用」という、会社の命運を分ける決定が、今でも履歴書や面接に基づいて下されている。 続きを読む

  • Datasemblyが消費財向け商品のリアルタイム設定ツールで約11億円を調達

    Datasemblyが消費財向け商品のリアルタイム設定ツールで約11億円を調達

    ワシントンD.C.を拠点とするDataemblyは、消費者向け商品の価格付けから「当てずっぽう」をなくすことを目指している。これまでに小さなシードラウンド投資を獲得しているが、この度、シリーズAラウンドにより約10億9000万円をクローズした。 続きを読む

  • スタートアップの不安、スタートアップの大志

    スタートアップの不安、スタートアップの大志

    リキャピタリゼーション。レイオフ。スローダウン。CEOの交代。予算カット。規模縮小。スタートアップの世界は厳しい状況に追い込まれ、イノベーションもままならず閉塞感が漂い始めているが、私たちにはやるべきことはまだまだある。 続きを読む

  • エクスペディアやオッペンハイマー、フィリップスが利用するデータ解析事業展開のSisenseが87億円超を調達

    エクスペディアやオッペンハイマー、フィリップスが利用するデータ解析事業展開のSisenseが87億円超を調達

    複数のデータを分析し、まとめて、わかりやすく提示する企業Sisenseは、シリーズE投資として87億円を調達し、熟練の起業家ザック・アーロッカー氏を迎え入れた。 続きを読む

  • データ分析者に特化したSNS「D-Ocean」がリリース、2020年までに1万ユーザー目指す

    データ分析者に特化したSNS「D-Ocean」がリリース、2020年までに1万ユーザー目指す

    データ分析者に特化したSNS「D-Ocean」を開発するディーオーシャンは2月14日、同サービスのオープンベータ版をリリースした。 続きを読む

  • トランプの新大統領補佐官は、ケンブリッジ・アナリティカとつながっていた

    トランプの新大統領補佐官は、ケンブリッジ・アナリティカとつながっていた

    トランプ政権3代目の国家安全保障担当補佐官、ジョン・ボルトン氏は、初代補佐官だったマイケル・フリン氏と少なくとも1つ共通点がある。ふたりとも、炎上するFacebookのプライバシー問題の中心をなす政治データ分析会社、Cambridge Analyticaと結びつきがある。 続きを読む

  • 初期費用約1万円のデバイスで自動車のビックデータ解析 ― スマートドライブが10億円調達

    初期費用約1万円のデバイスで自動車のビックデータ解析 ― スマートドライブが10億円調達

    自動車のビックデータ解析を手かげる日本のスマートドライブは3月29日、複数の事業会社および既存株主の産業革新機構、その他銀行系VCを引受先とした第三者割当増資を実施し、約10億円を調達したと発表した。これが同社のシリーズBラウンドとなる。今回の調達ラウンドは将来的な事業提携を視野に入れた戦略的投資だと見られるが(すでに数社とは業務提携を締結済み)、代表取締役の北川烈氏は「まだ発表していない大きな業務提携に関わるため、現段階では会社名を明かすことはできない」としている。 続きを読む

  • 筆頭株主Intelとの共同開発も進めるClouderaが上場申請

    筆頭株主Intelとの共同開発も進めるClouderaが上場申請

    大方の予想通り、過去にIntelからの巨額出資を獲得したビックデータ企業のClouderaがIPOの申請を行ったことが明らかとなった。 S-1フォームで同社の財政状態を確認することができる。収益は伸びていて、2017年1月に終了した会計年度では2億6100万ドルを記録している。昨年同期における収益は1億6600万ドルだった。 続きを読む

  • データ分析のAlteryxが上場 ― 株価は約11%上昇

    データ分析のAlteryxが上場 ― 株価は約11%上昇

    米国時間24日、データ分析のAlteryxがニューヨーク証券取引所に上場した。アメリカでは、これが今年3番目のIPOとなる。IPO時の公募価格は14ドルだったが、金曜日の株式市場では10.7%高の15.50ドルの終値をつけている。 Alteryxの顧客はAmazon、Ford、Coca-Colaなどの企業だ。同社はこれらの顧客にデータ分析ツールを提供し、プロダクトの改善やマーケットに存在する非効率性の発見の手助けをしている。CEOのDean Stoecker氏のによれば、同ツールのリテンション率は高く、それにより高い精度で収益を予測するこ… 続きを読む

  • 不動産データのHouseCanaryがGoogle元CEOのエリック・シュミットなどから3300万ドルを調達

    不動産データのHouseCanaryがGoogle元CEOのエリック・シュミットなどから3300万ドルを調達

    HouseCanaryによれば、米国の住宅市場は30兆ドルもの規模をもつが、個々の住宅がもつ価値を表したデータはいまだ不正確なものだという。不動産スタートアップのHouseCanaryは自分たちであればより良いデータ分析ができると信じており、今回の資金調達ラウンドにも参加したEric SchmidtとKobe Bryantなどの投資家から信頼を獲得している。 「(住宅市場に関するデータの洗練さ)は、株式市場のそれと比べて25年ほど遅れています」とHouseCanary CEOとJeremy Sicklickは話す。HouseCanaryが目指す… 続きを読む

  • Eスポーツのプレイスタイル分析ツールを提供するMobalyticsがシードラウンドで260万ドルを調達

    Eスポーツのプレイスタイル分析ツールを提供するMobalyticsがシードラウンドで260万ドルを調達

    Disrupt SFのStartup Battlefieldで優勝したMobalyticsは、苦労の後にデータ分析を駆使したEスポーツのコーチングサービスを公開するまでにこぎつけた。すでに2万人のユーザーがベータ版の利用登録済みだ。 Disrupt SFが閉幕してから6週間が経過した本日、同社はシードラウンドで260万ドルを調達したことを発表した。この資金を利用して同社は人員の強化を目指し、ビジネスをグローバルに展開していく予定だ。本ラウンドにはAlmaz Capital、Founders Fund、General Catalyst、GGV Capi… 続きを読む

  • 建設現場の健康環境をモニタするSmartSiteのハードウェアは一般市販のセンサーを使って低価格を実現

    建設現場の健康環境をモニタするSmartSiteのハードウェアは一般市販のセンサーを使って低価格を実現

    Y Combinator出身のSmartSiteが、建設労働者の労働環境をモニタするハードウェアとクラウド上のソフトウェアのペアをリリースした。 癌や呼吸器障害、皮膚炎などは肌や粘膜が危険物質に触れることで起こり、また過度な騒音や振動も健康被害をもたらす。これらの劣悪な環境にさらされることは、とくに建設労働者において多い。 アメリカ労働省のデータによると、建設労働者の労災死は最近増加傾向にあり、2014年には874名を数えた。 そこでSmartSiteのシステムは、ノイズのレベルと、空気中の微粒子、および紫外線をモニタする。 続きを読む

  • 日本のSoftbankがアメリカ最大の投資…リアルタイムイベント探索BanjoのシリーズC $100Mをリード

    日本のSoftbankがアメリカ最大の投資…リアルタイムイベント探索BanjoのシリーズC $100Mをリード

    イベントや最新ニュースに関するデータ〔主に画像データ〕をリアルタイムで分析するBanjoが、SoftbankがリードするシリーズCのラウンドで、1億ドルを調達した。以前の投資家BlueRun Venturesも、このラウンドに参加した。 これはBanjoにとって圧倒的に最大のラウンドで、これで同社の総調達額は1億2100万ドルになった。同社のシリーズBは2014年3月の1600万ドル、シリーズAは2010年8月の500万ドルだ(どちらもBlueRun Venturesが参加した)。 続きを読む

  • ビッグデータ分析には直感とサイエンスの双方が必要

    ビッグデータ分析には直感とサイエンスの双方が必要

    現在、データは今までにない規模とスピードで動いている。これを分析にするにはきわめて高度なハード、ソフトを必要とする。ではビッグデータ分析が登場してからは昔ながらの「直感」は無用となったのだろうか? データは「進め」と言っているのに経営者の直感は「待て」だったときにはどうすればいいのだろう? 私のような人間―数学とテクノロジーの専門家―がこういうと意外に聞こえるかもしれないが、私はビジネスマネージャーはデータに加えて直感を重視しなければならないと強く信じている。 < 続きを読む

  • DatameeerがシリーズDで$19Mを調達, Hadoopとデータ分析/BIの市場は成熟期に入る

    DatameeerがシリーズDで$19Mを調達, Hadoopとデータ分析/BIの市場は成熟期に入る

    データ分析市場のブームが始まっている。Clouderaなどのビッグデータ企業が提供するHadoopディストリビューションが成熟し、またリアルタイムのデータ処理ができるようになって有用性も増した。今では安価な日用雑貨のようなハードウェアを集めてクラスタを作り、データの分散処理を行い、その結果を分析する。そして顧客たちはHadoopとデータ分析を組み合わせたデータハブを作って、それまでのデータウェアハウス技術よりも安上がりな代替技術を備えようとしている。 続きを読む

  • クラウド時代の高機能スプレッドシートをめざすFivetran, 統計やDB機能を充実

    クラウド時代の高機能スプレッドシートをめざすFivetran, 統計やDB機能を充実

    Y Combinatorから巣立ち今日(米国時間3/19)ローンチしたFivetranは、スプレッドシートという古酒を21世紀の新しい革袋に入れることをねらっている。とくに力を入れているのが、従来のスプレッドシートが弱かったデータ分析の分野だ。多くの人が今ではスプレッドシートを…相当無駄な時間を投じて…データベースのように利用しているから、Fivetranはスプレッドシートのこれまでの標準的な機能に加えて、SQL的なクェリやMatlabにあるような統計ツールを導入した。 協同ファウンダのGeorge Fraser(CEO)とTaylor Br… 続きを読む