data center

  • Google Cloudがポーランドに新しいリージョンを開設

    Google Cloudがポーランドに新しいリージョンを開設

    Google(グーグル)は米国時間9月28日、ポーランドのワルシャワにクラウドの新たなリージョンを開設し、中欧と東欧の顧客へのサービスを充実させると発表した。 続きを読む

  • PraqmaがAtlassianのデータセンターアプリをコンテナに入れて管理を容易に

    PraqmaがAtlassianのデータセンターアプリをコンテナに入れて管理を容易に

    それは、エンタープライズがJira Data Centerなどのオンプレミスアプリケーションを、Kubernetesを利用してコンテナとして動かし管理できる、という新しいソリューションだ。 続きを読む

  • Facebook、アジア地域初となるデータセンターを構築予定

    Facebook、アジア地域初となるデータセンターを構築予定

    Facebookが、初めてアジアにデータセンターを構築する。Facebookのアナウンスによれば、シンガポールに11階建てを建築する予定であるとのこと。サービスパフォーマンスおよび効率性の向上を狙ってのことだとのこと。費用はシンガポールドルで14億ドル見込みで、米ドルにすると10億ドル程度となる。 続きを読む

  • Google、データセンターの空調管理をAIに一任

    Google、データセンターの空調管理をAIに一任

    データセンターの中は暑くてうるさい——そしてサーバーをオーバーヒートから守ることは運用コストの大きな部分を占めている。業界の大物、Facebook、Microsoft、Googleらがさまざまな方法で冷却コストの節減を目指しているのも当然だ。Facebookは可能な限り外部の空気を冷やす。Microsoftは水中データセンターを実験中。そしてGoogleは、同社のAIモデルを使っていっそうの節約を目論んでいる。 続きを読む

  • Googleがシンガポールに三つめのデータセンターをオープン、将来の膨大なインターネット人口を想定

    Googleがシンガポールに三つめのデータセンターをオープン、将来の膨大なインターネット人口を想定

    Googleは、東南アジアにおけるインターネットの成長が今後も持続すると推測し、今後の成長市場対応としてシンガポールに三つめのデータセンターを開くことになった。 それは同社がシンガポールに同国で二つめのデータセンターを開設してから三年後にあたる。その3年間に同社の推計では東南アジアの7000万の人びとがインターネットを初体験した。それにより、当リージョンのインターネットユーザーは3億3000万人になったが、東南アジアの総人口は6億5000万だから、成長の余地はまだまだ大きい。 続きを読む

  • Facebookがデータセンター内ネットワークを新型スイッチとともに40GBから100GBにアップグレード中

    Facebookがデータセンター内ネットワークを新型スイッチとともに40GBから100GBにアップグレード中

    Facebookは今、同社のデータセンター内の光ファイバーネットワークを40GBから100GBにアップグレードしようとしている。同社のトップ・オブ・ラック・スイッチ(ひとつのラック上のすべてのサーバーを接続するスイッチ)Wedge 100は今日(米国時間11/8)すでにOpen Compute Projectに受諾され、またすべてのラックをデータセンター内で接続する次世代100GスイッチプラットホームBackpackもベールを脱いだ。 続きを読む

  • Facebook、テキサス州フォートワースに100%再生可能エネルギーベースのデータセンターを構築

    Facebook、テキサス州フォートワースに100%再生可能エネルギーベースのデータセンターを構築

    Facebookが5箇所目のデータセンターを建設するとのアナウンスを行った。場所はテキサス州フォートワースだ。Facebookではいつものことながら、既にこのデータセンター専用のFacebookページも開設されている。 続きを読む

  • OpenStackのJunoリリースはビッグデータとネットワーク仮想化が目玉

    OpenStackのJunoリリースはビッグデータとネットワーク仮想化が目玉

    パブリックやプライベートのクラウドを構築するための基盤となるオープンソースのソフトウェアOpenStackは、業界の多様な大物たちが支えている。その同社が今日(米国時間10/16)、最新リリースJunoをローンチした。 いつもと同じくこのリリースにも、このプラットホームのサービスすべてにわたるアップデートが含まれている。それらはクラウドコンピューティングからストレージサービス、アイデンティティ管理、大量のデータを処理するためのツールなど、多岐にわたる。 続きを読む

  • クラスタ管理のMesosphereがデータのスケーラビリティのためにグラフデータベースのOrlyAtomicsを買収

    クラスタ管理のMesosphereがデータのスケーラビリティのためにグラフデータベースのOrlyAtomicsを買収

    分散プロセス(クラスタ群)の生成と、それらが適正に動くためのリソース管理をデベロッパ/アドミンに代わってやってくれるMesosphereが、分散/並列データベース技術(グラフデータベース)のOrlyAtomicsを、どうやら人材獲得を目的として買収した。OrlyAtomicsの4名の技術者は、ただちにMesosphereのチームに加わる。買収の価額などは、公表されていない。 続きを読む

  • サーバクラスタのためのオペレーティングシステムMesosを開発するMesosphereがアプリケーションコンテナDockerをサポート

    サーバクラスタのためのオペレーティングシステムMesosを開発するMesosphereがアプリケーションコンテナDockerをサポート

    Mesosは、サーバのクラスタを効率的に管理し、リソースの隔離も行うオープンソースのプロジェクトだ。今は主に、プロジェクトの生誕の地であるTwitterとAirbnbなどで使われている。Googleにも”Borg”と呼ばれるよく似たシステムがあり、それはMesosが登場するかなり前に単独で開発され、データセンターの稼働の最適化に利用されてきた。 続きを読む

  • 日立がWesternに売ったHGSTがハードディスクにナノテクを応用して容量を倍増

    日立がWesternに売ったHGSTがハードディスクにナノテクを応用して容量を倍増

    モバイルプロセッサに詳しい人は、Qualcommなどが作る現世代のチップを比較して論じるとき、32nm vs. 28nm(nmはナノメーター)なんて話をよく聞いているだろう。それはプロセッサのサイズを言い表す言葉で*、この数字が小さいほど電力消費が少なく、素子を小型化でき一定スペースに多量の回路を詰め込めるので機能も性能も上がる。〔*: この数字はVLSIの配線の太さ(幅)ないし配線間の間隔の幅のこと。〕 またディスクドライブでは、一つのビットを記録する磁性体単位の大きさ(パターンサイズ)を20nmよりも小さくするのは難しい、と言われている。… 続きを読む

  • Joulex、1700万ドルを調達:大規模データセンターのエネルギー消費削減を目指す

    Joulex、1700万ドルを調達:大規模データセンターのエネルギー消費削減を目指す

    アトランタに大規模データセンターの消費電力およびコストをほぼ半分にまで低減するプロダクトを提供するJouleXという企業がある。このJouleXが資金調達ラウンドにて1700万ドルの資金を調達したと発表した。出資したのはこれまでに出資していたTarget PartnersおよびTechOperatorsの他、Sigma Partners、Flybridge Capital PartnersおよびIntel Capitalなどだ。 アメリカEPAは、国内におけるデータセンターの消費電力データの統計をここ数年発表していない。しかし2007年の統計では… 続きを読む