データサイエンス(用語)

データサイエンスに関連する記事一覧

  • 【コラム】データを重視する企業はAIと同じくらい人にも価値を置くべきである

    【コラム】データを重視する企業はAIと同じくらい人にも価値を置くべきである

    データ関連の仕事をしている人なら、この80:20のルールの別バージョン、すなわち、データサイエンティストは実際の分析やインサイトの生成ではなく、雑然としたデータを整えるのに勤務時間の80%を費やしている、というフレーズを耳にしたことがあるのではないだろうか。 続きを読む

  • 【コラム】データサイエンティストは恐れずに新しい分野に挑戦せよ

    【コラム】データサイエンティストは恐れずに新しい分野に挑戦せよ

    私はフランス出身のデータサイエンティストで、コンピューター・ビジョンの研究技師としての経験を日本で積んだ後、母国に戻った。しかし今私はコンピューター・ビジョンのハブとは思えないドイツのシュツットガルトでこれを書いている。 続きを読む

  • データ活用支援のDATAFLUCTが3億円調達、スタートアップスタジオモデルで2年後の上場目指す

    データ活用支援のDATAFLUCTが3億円調達、スタートアップスタジオモデルで2年後の上場目指す

    「多くの企業は、データを会社の中で腐らせてしまっています」。そう話すのは、データサイエンスビジネスを展開するDATAFLUCTCEOの久米村隼人氏だ。同社は2021年4月20日、東京大学エッジキャピタルパートナーズよりシリーズAで3億円の資金調達を行ったと発表した。 続きを読む

  • データサイエンティストが社内全体とデータを共有するプロセスをシンプルにするHexが6.1億円調達

    データサイエンティストが社内全体とデータを共有するプロセスをシンプルにするHexが6.1億円調達

    企業がデータの活用を推進し、データサイエンティストを増員する一方で、そのデータの共有することには障害がつきまとう。コピー&ペーストや手作業が多すぎるのだ。新しいスタートアップ企業のHexは、合理的でエレガントな方法で社内全体にデータを分配する方法を提供することにより、この状況を変えたいと考えている。 続きを読む

  • AIチームのトレーニングデータワークフロー「自動化」を支援するV7 Labsが3.1億円調達

    AIチームのトレーニングデータワークフロー「自動化」を支援するV7 Labsが3.1億円調達

    AIの進歩に伴い、AIチームのトレーニングデータワークフローを「自動化」し、将来性を保証することを支援するコンピュータビジョンプラットフォームのメーカーであるV7 Labsは、300万ドル(約3.1億円)の資金調達を発表した。シードラウンドをリードするのはAmadeus Capital Partnersで、Partech、Nathan Benaich(ネイサン・ベナイチ)氏のAir Street Capital、Miele Ventureなどが参加している。 続きを読む

  • 合成データがスケーラビリティとセキュリティを解決する新しいビッグデータであることに着目するTonic

    合成データがスケーラビリティとセキュリティを解決する新しいビッグデータであることに着目するTonic

    ビッグデータは表面的で中身が掴めない。何年も前から、あらゆる企業はある種のデータベースの中でデジタル情報の残滓をすべて保存しておくべきだといわれてきた。そうしないと、経営陣は競合他社などに対して競争力のあるインテリジェンスを失いかねない。 続きを読む

  • イリノイ州がマスク着用啓発の広告費割り当てにデータサイエンスを活用

    イリノイ州がマスク着用啓発の広告費割り当てにデータサイエンスを活用

    公衆衛生に役に立つターゲット広告の例がある。マスク着用を促すキャンペーンで、イリノイ州は新型コロナウイルス感染症のリスクが最も高い郡にデジタル広告費用を注いでいる。これを実現するために、同州政府はダン・ワグナー氏が設立したデータサイエンス企業Civis Analyticsと協業してきた。 続きを読む

  • 元GCHQのデータ科学者が設立したRipjarが金融犯罪を検知するAIに約39億円を調達

    元GCHQのデータ科学者が設立したRipjarが金融犯罪を検知するAIに約39億円を調達

    幅広い意味でサイバー犯罪に区分される金融犯罪には、詐欺、マネーロンダリング、テロへの資金供与といったさまざまな不正行為が含まれ、オンライン上の脅威の中で今なお最も影響力が大きい犯罪であり続けている。そのような犯罪に対抗すべくデータインテリジェンスのソリューションを構築してきたスタートアップの1つが本日、さらなる成長を遂げるための資金を調達したことを発表した。 続きを読む

  • 時代遅れの採用選考プロセスを嫌うデータサイエンティスト、コロナ禍の影響も?

    時代遅れの採用選考プロセスを嫌うデータサイエンティスト、コロナ禍の影響も?

    2020年は世界が大きく変わった年である。その変化は、企業のデータサイエンス職の採用選考方法にも現れている。 続きを読む

  • 自動化によりデータサイエンスは不要になるだろうか?

    自動化によりデータサイエンスは不要になるだろうか?

    「自動化によりデータサイエンスは不要になるだろうか?」 これは、私が参加するカンファレンスでほぼ毎回尋ねられる質問である。大抵質問を発するのはこの問題に関心を寄せる2つのグループである。まず1つ目のグループは、将来の雇用の見通しについて憂慮している現役の実務家、またはその志望者である。もう一方のグループは、データサイエンスへの取り組み開始したばかりの経営陣やマネージャーで構成されている。 続きを読む

  • 機械学習のモデルの管理を効率化するComet.mlが約5億円を調達

    機械学習のモデルの管理を効率化するComet.mlが約5億円を調達

    より効率的な機械学習プラットホームを作ろうとしているスタートアップComet.mlは今日(米国時間4/22)、450万ドルの新たな資金調達を発表した。 続きを読む

  • Zindiが新型コロナ対策に向け1.2万人のアフリカ人データサイエンティストを活用

    Zindiが新型コロナ対策に向け1.2万人のアフリカ人データサイエンティストを活用

    ケープタウンを拠点とするクラウドソーシングのスタートアップZindiは、創業以来アフリカ中のデータサイエンティストのデータベースを構築してきた。 続きを読む

  • クラウドデータウェアハウスとデータサイエンスコミュニティを統合して仕事が楽に

    クラウドデータウェアハウスとデータサイエンスコミュニティを統合して仕事が楽に

    BigQueryにダイレクトにリンクでき、データウェアハウスのデータにSQLでずっと簡単にクエリできる。SQLは、データサイエンティストたちにとって、きわめてお馴染みの言語だから。 続きを読む

  • CometMLは「機械学習のためのGitHub」になることを狙う

    CometMLは「機械学習のためのGitHub」になることを狙う

    Comet.mlは、データサイエンティストと開発者たちが、自身の書く機械学習モデルのモニタリング、比較、そして最適化を簡単に行えるようにする。このニューヨークを拠点とする企業は、本日(米国時間4月5日)そのプロダクトの提供を始めた。同社はTechStarsが支援するAmazon Alexa Acceleratorプログラムを修了し、230万ドルをシードラウンドで調達した。このラウンドを主導したのはTrilogy Equityパートナーズで、他にTwo Sigma Ventures、Founders Co-Op、Fathom Capital、 Tech… 続きを読む

  • Googleが三月の狂気(march madness)でリアルタイムの試合展開予想をCMで提供

    Googleが三月の狂気(march madness)でリアルタイムの試合展開予想をCMで提供

    Googleは、同社のデータサイエンスの技術をリアルタイムで試してみたいようだ。今週末(米国時間3/30〜)同社は、サンアントニオで行われるファイナルフォー(Final Four, 全米男子大学バスケ選手権)で、データ分析と機械学習の技術を駆使して、試合中にさまざまな予測を行う。そしてハーフタイムに放映されるテレビコマーシャルでは、そのゲームの後半戦について予言する。 続きを読む

  • データ駆動型組織になるための5つの構成要素

    データ駆動型組織になるための5つの構成要素

    組織はデータを戦略的資産としてどのように活用できるだろうか?データとは高価なものだ。企業は、データの収集とクレンジング、ホスティングとメンテナンスを行い、データエンジニアや、データサイエンティスト、そしてデータアナリストの給与を支払い、様々な違反のリスクなどに備えなければならない。 必要なものは積み上がるばかりだ。しかし、もし成功すれば、繁栄するデータ駆動型組織は、大きな見返りを得ることができる。他の要因を補正した上で、MITのSloan School of ManagementのErik Brynjolfssonたちは、データ駆動型の企業は、… 続きを読む

  • データサイエンスを用いてアートへの最適投資を行うArthena

    データサイエンスを用いてアートへの最適投資を行うArthena

    私たちは皆アートについて何らかの意見がある(例えその意見がただ、理解できない、というものであるとしても)。しかし投資対象としてのアートについてはどうだろうか? YCombinatorに、現在在籍しているスタートアップの1つであるArthenaは、投資家がアートから確かな収益を挙げることを助けることができると言う。創業者兼CEOの Madelaine D’Angeloによれば、Arthenaは当初アートを買い付ける、投資型クラウドファンディング(equity crowdfunding)として立ち上げられた。そして最近「アート市場に対… 続きを読む

  • データサイエンスで癌に打ち勝つ

    データサイエンスで癌に打ち勝つ

    癌治療の探求の複雑さは、何十年にもわたって研究者たちを困らせてきた。治療法は目覚ましい進歩を遂げてきたものの、癌は世界の主要な死因の1つとして残っているため、まだまだ厳しい闘いは続いている。 しかし、科学者たちはまもなく、その複雑さを別の方法で攻撃できる重要な新しい味方 — インテリジェント・マシン — を手に入れるかもしれない。 続きを読む

  • 確定報:Periscope Dataが2500万ドルをBessemer Venture Partnersの主導で調達

    確定報:Periscope Dataが2500万ドルをBessemer Venture Partnersの主導で調達

    データサイエンティストたちが、素早くその解析内容を理解して貰いやすいビジュアルへ変換することを助けるPeriscope DataがシリーズBファンディングで2500万ドルを調達したことが確認された。 私たちは、もともとこの資金調達に関するニュースを先週報告していたが、主導投資家の名前を誤って報告していた。ラウンドを手動したのはBessemerである(先の報告ではDFJだとしていた)。 これにDFJ、Susa Ventures、Innovation Endeavors、そしてAngelPadという投資家たちが加わった。 続きを読む

  • Microsoftがプロ養成講座を提供、データ・サイエンティストのスキルギャップを埋める

    Microsoftがプロ養成講座を提供、データ・サイエンティストのスキルギャップを埋める

    Microsoftは求人市場にもっとデータ・サイエンティストが欲しいと考えている。若い人は真新しい知識を獲得するところから始める必要があるだろうし、キャリアを進めているプロはこれまでの経験を軸に技術を身につけられるようにする必要がある。 どちらの場合でもスキルギャップを埋めるため、Microsoftはデータサイエンスの一連の講座を edX.orgを介してローンチした。ハーバード大学とMITが立ち上げたedX.orgは、非営利で運営するオンライン学習の場だ。 続きを読む