database

  • GoogleがNoSQLデータベースCloud Firestoreの一般供用を開始

    GoogleがNoSQLデータベースCloud Firestoreの一般供用を開始

    Googleが今日、同社のモバイルとWebとIoT用のサーバーレスNoSQLドキュメントデータベースCloud Firestoreの一般供用を発表した。 続きを読む

  • リアルタイムデータベースのMemSQLが$30Mを調達、毎秒1兆レコードのスキャンを誇る

    リアルタイムデータベースのMemSQLが今日、シリーズDで3000万ドルを調達したことを発表した。これで同社の調達総額は1億1000万ドルになる。このラウンドをリードしたのはGV(元Google Ventures)とGlynn Capitalで、これまでの投資家Accell, Caffeinated Capital, Data Collective, およびIA Venturesも参加した。 続きを読む

  • AWSのデータベースサービスAuroraにアンドゥ機能が誕生、72時間の遡及可能

    AWSのデータベースサービスAuroraにアンドゥ機能が誕生、72時間の遡及可能

    AWSの‘マネージドMySQL/PostgreSQL’データベースサービスに、アンドゥ機能がつく。今日の同社の発表によると、そのAurora Backtrack機能により、ユーザーは“時間を逆行できる”。今それはMySQLのみだが、この機能を有効にするとそれ以降新たに作られるデータベースクラスターとバックアップからリストアされたクラスターに対し、アンドゥができるようになる。それまであったデータベースは、ノーだ。 続きを読む

  • AWSがサーバーレスのデータベースサービスAurora Serverlessをプレビューで立ち上げ

    AWSがサーバーレスのデータベースサービスAurora Serverlessをプレビューで立ち上げ

    Amazonのクラウドコンピューティング部門AWSが今日(米国時間11/29)、連続的なデータ処理を必要としないようなリレーショナル・データベースを、容易に、安く、そして手早く立ち上げるサービスを発表した。そのAurora Serverlessと名付けられたサービスは、その名のとおりAWSの既存のデータベースシステムAuroraを利用しており、いわばサーバーレスでイベントドリブンなコンピュートプラットホームのデータベース版だ。 続きを読む

  • 大量高速なデータストリームをリアルタイムで分析/視覚化するGPU駆動インメモリデータベースKinetica

    大量高速なデータストリームをリアルタイムで分析/視覚化するGPU駆動インメモリデータベースKinetica

    Kineticaの企業としてのルーツは、アメリカの諜報部門のための2009年のコンサルティングプロジェクトまで遡る。テロリストをリアルタイムで追尾するという、そのときの軍やNSAの厳しい要求を満たすソリューションを市場に見つけることができなかった同社は、それを自分で作ろうと決心した。今日の同社は、インメモリのデータベースソリューションがメインのプロダクトで、それは、NVIDIAのGPUを使って処理を加速する一般市販のハードウェアを使用する。 続きを読む

  • Googleがグローバルな分散データベースCloud Spannerをローンチ、SQLとNoSQLの‘良いとこ取り’を実装

    Googleがグローバルな分散データベースCloud Spannerをローンチ、SQLとNoSQLの‘良いとこ取り’を実装

    Googleが今日、Cloud Spannerのベータローンチを発表した。それは、ミッションクリティカルなアプリケーションのための、グローバルな分散データベースだ。Cloud SpannerはGoogleの一連の、クラウドベースのデータベースサービスの仲間に加わる…それらは、Bigtable, Cloud SQL, そしてCloud Datastoreなどだが、しかしその重要な特徴は、従来的な関係データベースとNoSQLデータベースの両方の長所を取り入れて、トランザクションの一貫性(整合性)とスケーラビリティの容易さの両方を実現していることだ。現… 続きを読む

  • Googleのクラウドデータベースサービスのすべてがベータを終了、SLA完備、関連ストレージサービスも高速化

    Googleのクラウドデータベースサービスのすべてがベータを終了、SLA完備、関連ストレージサービスも高速化

    Googleが今日、同社のCloud Platformに関するいくつかの発表を行った。その多くは各種のクラウドデータベースに関するものだが、同時に、コールドデータのための安価なクラウドストレージサービスNearlineのアップデートや、ディスクボリュームの高速化、Cloud Storageでユーザー自身の暗号鍵が使えること、などに関する発表も行われた。 全体としてGoogleが訴えたいのは、同社のクラウドコンピューティングサービスが、プロダクション用途に十分使えるほど成熟している、ということだ。 続きを読む

  • Bashoが時系列データ専用NoSQLデータベースRiak TSをオープンソース化してIoTへの浸透をねらう

    Bashoが時系列データ専用NoSQLデータベースRiak TSをオープンソース化してIoTへの浸透をねらう

    世界中のありとあらゆるデバイスメーカーが、自分たちの製品をインターネットに接続しようとしているように、思える。ベッド用のマットレスも、洗濯機も、トースターも、そしてジューサーも〔冷蔵庫も〕。大量のデータが空中や線上にあふれ出て、分析されるのを待つ列に並ぶだろう。 そのようなデータは今後増加の一方で、それを送信する能力は、最近1億5000万ドルを調達したSigFoxなどの企業によって徐々に整備されていくが、しかしながら今の分散データベースのアーキテクチャの多くは、市場が求めるそんな帯域にマッチできるほどの、高速なデータ処理と出力の能力を持… 続きを読む

  • MongoDBの管理サービスMongoLabが名前をmLabに変えて新分野への進出を目指す

    MongoDBの管理サービスMongoLabが名前をmLabに変えて新分野への進出を目指す

    MongoLabは長らく、MongoDBデータベースをデプロイし管理するためのデファクトのサービスだったが、今では同社がこの市場をほぼ支配してしまったので、事業を新たな分野へ拡張することになった。まだ新しいプロダクトはローンチしていないが、そのために同社は社名を、MongoLabからmLabに変えることになった。 続きを読む

  • CitusDBがPostgreSQL用の列取り出しツールをオープンソースで提供開始, 複雑なクェリの効率をアップ

    CitusDBがPostgreSQL用の列取り出しツールをオープンソースで提供開始, 複雑なクェリの効率をアップ

    [筆者: Ron Miller] Oracleなどの大型旧勢力に対抗するデータベース分析サービスのCitusDBが、PostgreSQL用の初の列保存(columnar store)エクステンションCSTOREをリリースした。今日(米国時間4/3)から、無料でダウンロードできる。 “データをバッチでロードするときは、列保存が分析作業を大いに助ける”、と同社のブログ記事が言っている。 続きを読む

  • 分散データベース管理のNuoDBが拡張シリーズBで$14.2Mを調達

    分散データベース管理のNuoDBが拡張シリーズBで$14.2Mを調達

    マサチュセッツ州ケンブリッジの、分散データベースの管理を専門とするNuoDBが、ヨーロッパで二番目に大きいソフトウェア企業Dassault Systèmesが率いるラウンドにより、1420万ドルを調達した。それまでの投資家Morgenthaler Ventures、Hummer Winblad Venture Partners、そしてLongworth Venture Partnersらもこのラウンドに参加した。 続きを読む

  • Neo Technologyがグラフデータベースを商用化–関係DBでは無理なデータを効率的に表現

    Neo Technologyがグラフデータベースを商用化–関係DBでは無理なデータを効率的に表現

    データベース製品/企業の新世代が台頭してきた。中でも興味深い例が、スウェーデンのNeo Technologyで、ここはneo4jというグラフ方式のデータベースを作って売っている(円グラフ棒グラフ折れ線グラフとかではなくて、データ構造の用語としての“グラフ”だ)。neo4jは8年以上にわたり開発されてきたが、Neo Technologyは今日(米国時間10/27)、$2.5M(250万ドル)の資金調達を発表した。同社のねらいとしては、neo4jは商用製品であり、顧客にはデュアルライセンスで提供される。 グラフデータベー… 続きを読む