databases

  • MongoDBのGlobal Clustersを利用するとデータの地理的配置が楽にできる

    MongoDBのGlobal Clustersを利用するとデータの地理的配置が楽にできる

    MongoDBのAtlasは、クラウド上のマネージドデータベースサービスだ。マネージド(managed, 管理つき)というのは、データベースのセットアップやメンテナンスは全部Mongoが面倒見るので、デベロッパーがそのレベルで苦労する必要はない、という意味だ。今日(米国時間6/27)同社は、このやり方をさらに一歩前進させて、顧客がデータの所在(地理的配置)を細粒度でコントロールできる、Global Clustersと呼ばれる機能を発表した。 続きを読む

  • Google Cloudのマネージドデータベースサービスがクラウドサービスとしての機能を充実

    Google Cloudのマネージドデータベースサービスがクラウドサービスとしての機能を充実

    Googleがクラウドから提供しているデータベースが今日(米国時間4/25)、アップデートされた。画期的な新製品に生まれ変わったわけではないけど、それらのアップデートはすべて、企業がクラウドへ移行するときに経験するさまざまな痛点に対処している。 Googleのプロダクト管理のディレクターDominic Preussによると、Googleは長年、データベースの世界における思想のリーダーを自負している。 続きを読む

  • オープンソースの分散グラフデータベースDgraphが$3Mを調達しv.1.0にやっと到達

    オープンソースの分散グラフデータベースDgraphが$3Mを調達しv.1.0にやっと到達

    【抄訳】 このところ人気が盛り上がっているDgraphは、オープンソースの分散グラフデータベースで、デフォルトのクェリ言語としてFacebookのGraphQLをベースとする同社独自のGraphQL+-を使用する。今日(米国時間12/19)同社は、Bain Capital Venturesらから300万ドルの資金を調達したことを発表した。そのほかの投資家として、Atlassianの協同ファウンダーMike Cannon-Brookes, Blackbird Ventures, AirTreeなどの名が挙げられている。同社はこれを機に、その主製品であ… 続きを読む

  • GoogleのCloud Spannerデータベースがマルチリージョンをサポート、年間ダウンタイム累計5分未満を約束

    GoogleのCloud Spannerデータベースがマルチリージョンをサポート、年間ダウンタイム累計5分未満を約束

    Googleのグローバルな分散データベースCloud Spannerが今日(米国時間11/14)アップデートされ、マルチリージョン(複数リージョン)がサポートされた。データベースを複数のリージョンにまたがって複製しても、レイテンシーは増えず、良好なパフォーマンスが保証されるという。また、サービス水準合意(Service Level Agreement, SLA, サービス品質保証)も、顧客が満足すると思われる方向へ改定された。 続きを読む

  • データベースの健康長寿を守るCockroach LabsがシリーズBで$27Mを調達、複製の粒度をさらに細かく

    データベースの健康長寿を守るCockroach LabsがシリーズBで$27Mを調達、複製の粒度をさらに細かく

    “自分を複製することによって生き延びるデータベース”…Cockroach LabsのCEO Spencer Kimballは、同社の覚えやすい社名とその価値命題の関係をこう説明する*。エンタープライズ・サービスは混みあった市場だが、Cockroachはテクノロジー世界の高名なVCたちに愛されてきた。今日(米国時間5/10)は2700万ドルのシリーズB資金を、Redpointがリードし、Benchmark, GV, Index Ventures, そしてFirstMarkが参加したラウンドで調達した。〔*: cockroach,… 続きを読む

  • MongoDBのクラウド上のデータベースサービスAtlasに無料プランが登場してフリーミアムに

    MongoDBのクラウド上のデータベースサービスAtlasに無料プランが登場してフリーミアムに

    MongoDBは今でも主力製品のNoSQLデータベースで有名だが、しかし昨年同社は、Atlasという、管理サービスつきのデータベースサービスを立ち上げた。そのクラウドサーバーは、AWS上で動いている。立ち上げ時点では有料サービスのみだったが…AWSの使用料も払わなければならないから当然か…、今日からはMongoDBを勉強したいデベロッパーや、これから新しいアプリケーションのプロトタイプを作る、といった人たちのために、無料サービスの提供を開始する。 続きを読む

  • コンテンツ・アドレッサブルで多バージョン分散データベースNomsのAttic Labsが$8.1Mを調達

    コンテンツ・アドレッサブルで多バージョン分散データベースNomsのAttic Labsが$8.1Mを調達

    サンフランシスコのAttic Labsが今日(米国時間8/2)立ち上げたNomsは、新しい分散データベースで、その‘新しさ’はGit, Camlistore, ipfs, bupなどからヒントを得ている。同社の今日の発表では、GreylockがリードするシリーズAで810万ドルを調達し、Nomsなどのプロジェクトの継続が可能になった。Harrison Metalなどのエンジェル投資家たちも、このラウンドに参加した。 続きを読む

  • Microsoftはビッグデータ分析とその応用プロダクトでApache Sparkに総賭けの姿勢

    Microsoftはビッグデータ分析とその応用プロダクトでApache Sparkに総賭けの姿勢

    Microsoftが今日(米国時間6/6)、オープンソースのクラスターコンピューティングフレームワークApache Sparkに、本格的にコミットしていく、と発表した。 昨年、Sparkのエコシステムの浅瀬でちょっと足を濡らしてみたMicrosoftは、本日、いくつかのSpark関連サービスのプレビューを終えてそれらを公式ローンチし、またR Server for Hadoopのオンプレミスバージョンが今後はSparkベースになる、と発表した。R Serverの‘R’は、今人気がますます盛り上がっている、ビッグデータ分析とモ… 続きを読む

  • インメモリデータベースのMemSQLがシリーズCで$36Mを調達、ビッグデータの優等生に投資家が殺到

    インメモリデータベースのMemSQLがシリーズCで$36Mを調達、ビッグデータの優等生に投資家が殺到

    インメモリデータベースのMemSQLが今日、シリーズCで3600万ドルを調達したことを発表した。新規の投資家REVとCaffeinated Capitalがラウンドをリードし、既存の投資家Accel Partners, Khosla Ventures, Data Collective, IA Ventures, およびFirst Round Capitalも参加した。 2011年にY Combinatorを卒業したMemSQLは、リアルタイムのビッグデータ分析という分野で活躍するスタートアップで、ほかにHortonWorks, Cloudera, Couchbas… 続きを読む

  • Apache Cassandraデータベースを商用提供してきたDataStaxが昨年のAurelius買収の成果によりグラフデータベースをメニューに加える

    Apache Cassandraデータベースを商用提供してきたDataStaxが昨年のAurelius買収の成果によりグラフデータベースをメニューに加える

    DataStaxが昨年、グラフデータベースのAureliusを買収したときは、それは同社のDataStax Enterpriseプロダクトにグラフデータベースの機能を加えたいからだと思われたが、今日(米国時間4/12)同社はその目標を実現し、DataStax Enterprise Graphのリリースを発表した。 このエンタープライズグラフプロダクトはDataStax Enterpriseプロダクトセットに完全に統合され、これまでのキー・バリュー(key-value)、表形式、およびJSONドキュメントモデルに加え、初めてグラフオプションが顧客… 続きを読む

  • BIサービスのTableauがドイツのHyPerを買収してビッグデータ分析を高速化

    BIサービスのTableauがドイツのHyPerを買収してビッグデータ分析を高速化

    BIサービスのTableauが、ドイツの先進的データベース企業HyPerを買収したことを発表した。Tableauのねらいは、彼らの技術を自社のプロダクト集合に組み入れることだ。 Tableauはビジネスインテリジェンスとデータ分析の企業として、企業顧客が自分たちのデータからインサイトを得ることを助けている。大学の研究から生まれたHyPerのデータベース技術は、Tableauのすべてのプロダクトのパフォーマンスを向上させる。Tableauのエンジニアリング担当シニアディレクターPatrice Pellandは、そう説明する。 続きを読む

  • Webスケールのサービスを作るためのキモ中のキモ、それは(とくにデータベースの)抽象化層だ

    Webスケールのサービスを作るためのキモ中のキモ、それは(とくにデータベースの)抽象化層だ

    顧客は品物やサービスに今すぐ自分のいるところからアクセスしたいと欲するから、サーバーはリクエストの洪水になり、膨大な量の並列処理と応答能力が求められる。そこで今や、どんなタイプの企業も、“Webスケールの”*システムを作ることに力を入れている。〔*: Web-scale, “Web大の”。〕 Webスケールのシステムは最初、FacebookやGoogleのような巨大なサービスが必要とした。しかし今では、どんなサイズの企業でもこのスローガンを唱えている。Webスケールのアーキテクチャで作られたシ… 続きを読む

  • ストリーミングSQLデータベースPipelineはデータベースへの連続的なリアルタイム出力をサポート

    ストリーミングSQLデータベースPipelineはデータベースへの連続的なリアルタイム出力をサポート

    PipelineDBはY Combinatorの2014年冬季の出身だが、そのストリーミングSQLデータベース製品のオープンソースバージョンを今日(米国時間7/7)一般公開した。商用バージョンのリリースは今年の後期の予定だ。 このオープンソースのデータベースはSQLのクェリを連続的にストリーミングで流し、結果のテーブルを次々と保存する。協同ファウンダのDerek Nelsonはこう説明する: “連続的な処理とリレーショナルのストレージを一体化しているので、ストリーム処理をしながら、別途、外付けのストレージシステムを管理しなくてもよ… 続きを読む

  • 企業のデータソース(何百ものデータベース!)をひとつにまとめるTamrが$25.2Mを調達

    企業のデータソース(何百ものデータベース!)をひとつにまとめるTamrが$25.2Mを調達

    今、多くの企業のデータは、複数の、それぞれ孤立したデータベースの上にバラバラに存在している。マサチューセッツ州ケンブリッジのTamrは、そういうバラバラなデータベースを統一して、それらを“人間が理解できる”単一のデータ集合にする。同社は今日(米国時間6/19)、シリーズBで2520万ドルの資金を調達したことを発表した。 その投資家たちは、いつものシリコンバレーのVCではない。CEOで協同ファウンダのAndy Palmerによるとそれは、同社のミッションの真価を理解している戦略的投資家たちのグループだ。その具体的な面… 続きを読む

  • MongoDBが既存のデータ視覚化ツールやBIアプリケーションと接続するためのコネクタを発表

    MongoDBが既存のデータ視覚化ツールやBIアプリケーションと接続するためのコネクタを発表

    オープンソースのデータベースプラットホームMongoDBが今日(米国時間6/2)、ニューヨークで行われた同社のMongoDB Worldカンファレンスで、いくつかのアップデートを発表した。その中には、Tableauなどのデータ視覚化ツールの統合も含まれる。 MongoDBは従来のRDBと違って非定型データを扱える自由性があるため、今では多くの企業のアプリケーションで利用されている。それが、MongoDBを使う主な理由の一つだが、でもデータを視覚化することが必要になると、これまで使ってきたデータ視覚化ツールで非定型データを扱うのは難しい。M… 続きを読む

  • 毎秒1400万回のライト(write)を行うNoSQLデータベースFoundationDB、ACIDの条件も満たす

    毎秒1400万回のライト(write)を行うNoSQLデータベースFoundationDB、ACIDの条件も満たす

    データベースはテクノロジ産業の背骨だ。地味で目立たない存在だが、とても重要で、壊れたり改ざんされたりすると、たいへんなことになる。だから、データベースに関わる者は用心深い。これまで長年、企業目的で安心して使えるのはビッグスリー(Oracle、IBMのDB2、そしてたぶんSQL Server)だけ、とされていた。その後MySQLやPostgreSQLなどのオープンソース製品が、十分使えると認められた。そして最近の5年間で、データベースの界隈はおもしろくなってきた。 まず、歴史を回顧しよう。 続きを読む

  • 複数のNoSQLデータベースの使い分けを単一のREST APIでできる中間サービスOrchestrate

    複数のNoSQLデータベースの使い分けを単一のREST APIでできる中間サービスOrchestrate

    今は、アプリケーションのデータベースは一つあれば十分という時代ではない。今日では多くのサービスがさまざまなデータベース…とりわけNoSQLデータベース…を駆使して彼らのアプリケーションのいろんな側面を構成している。そうなると、複雑性とエラー箇所と費用が増える。またそれと同時にデベロッパはAmazon Web Services(AWS)的なやり方に慣れ、毎秒1000クェリから10000へスケールしても、かつてのローカルでオンプレミスのデータベースのように簡単に処理能力の限界にぶつかることもない。 続きを読む