DEADPOOL

  • 消費者向けGoogle+が4月2日に閉鎖APIの閉鎖は3月7日

    消費者向けGoogle+が4月2日に閉鎖APIの閉鎖は3月7日

    Googleの失敗したソーシャルネットワークGoogle+は、4月に生命維持装置を外される。その正確な日にちは4月2日だ。 続きを読む

  • SmartNewsの“原型”になったニュースキュレーションサービス「Crowsnest」が終了

    SmartNewsの“原型”になったニュースキュレーションサービス「Crowsnest」が終了

    スマートフォンユーザーならばアプリストアで一度は見たことがあるであろうニュースキュレーションサービス。4月に上場したGnosyの「グノシー」、スマートニュースの「SmartNews」をはじめとして、今では多くのユーザーが利用している。そのSmartNewsの原型とも言えるウェブサービス「Crowsnest」が今月、ひっそりと終了していた。 続きを読む

  • Yahoo、IFTTTの先駆けともなったYahoo Pipesのサービスを停止(Yahoo Mapsなど含む)

    Yahoo、IFTTTの先駆けともなったYahoo Pipesのサービスを停止(Yahoo Mapsなど含む)

    IFTTTなどが登場してくる前、オンライン上のデータを使ってマッシュアップするのにYahoo Pipesがよく利用された。オンライン上に用意されたビジュアルインタフェースを使って、プログラミング知識のない人もいろいろなウェブデータを収集してフィルタリング処理するようなことができるようになっていた。便利に使っている人も多いこのYahoo Pipesだが、まもなくサービス停止となるそうだ。他にもYahoo Maps、GeoPlanetとPlaceSpotter API、さらには各地域毎に提供されてきたサービスもいろいろと停止されるようだ。… 続きを読む

  • 「タブレット時代」を予感させたFotopedia、8月10日でサービスを終了

    「タブレット時代」を予感させたFotopedia、8月10日でサービスを終了

    6年ほど前、Appleのアプリケーション部門のCTOを務めていたJean-Marie HullotがFotopediaのサービスを開始した。大型のフォトブック(coffee table book)を眺める楽しみをiPad(のちにはiPhoneにも対応した)上で実現しようとするサービスだった。旅行関連ということで世界中の写真を掲載し、利用者は増え、広告との連携もなかなかうまくいっていた。2012年後半には写真閲覧回数が30億を超えた。しかしそこからの次なる発展を成し遂げることができなかったようだ。 続きを読む

  • 8億ドルを集めた電気自動車バッテリーのスタートアップBetter Placeが会社精算へ―グリーン企業に試練続く

    8億ドルを集めた電気自動車バッテリーのスタートアップBetter Placeが会社精算へ―グリーン企業に試練続く

    2007年の創立以来、これまでに8億ドルのベンチャー資金を調達してきたイスラエルのテルアビブに本拠を置く電気自動車用バッテリーのスタートアップ、Better Placeは、今日(米国時間5/26)、裁判所に会社精算手続きを開始する申し立てを行ったことを確認した。 これは先ごろ試みた新たな資金調達の試みが不調に終わった結果とみられる。同社の倒産が差し迫っていることは、先週、FortuneのDan Primackがスクープした。 Better Placeの株式の過半数を握るイスラエルのコングロマリット、Israel Corp.が新たな資金調達に応じな… 続きを読む

  • 「インターネット上のタイムマシーン」サービスを提供してきたMemolane、突然のサービス停止をアナウンス

    「インターネット上のタイムマシーン」サービスを提供してきたMemolane、突然のサービス停止をアナウンス

    ソーシャルネットワーク上での過去の行動をアーカイブして閲覧できるサービスを提供してきたMemolaneが、サービスを停止することとなった。同社ブログにて停止をアナウンスしている。 何の前触れもなく、急な話に感じられる。Memolaneに蓄積された情報はアメリカ時間の2月22日(つまりは明日)に削除されるのだそうだ(何時なのかという情報は明らかにされていない)。Memolaneにある情報というのは、それぞれ他のソーシャルネットワークからもってきたものではある。であるので、元情報が消えてしまうということにはならない。しかしそれにしても、あま… 続きを読む

  • Google Waveはリードオンリーに―完全閉鎖は4月30日

    Google Waveはリードオンリーに―完全閉鎖は4月30日

    さあ皆なプールから上がれ! Googleがここを閉めるぞ。昨年末に発表されたとおり、Google Waveは生涯の最期に近づいている。昨日(米国時間1/31)、リードオンリーになった。4月30日には完全閉鎖となる。なかなか面白いサービスだったのに残念だ。 Waveは「eメール・キラー」という触れ込みで登場した。短期間だがWaveへの招待を手に入れようと皆が躍起になった。インターネットのコミュニケーションが永遠に変わるはずだった。しばらくの間、そうなるかと思われた。しかし目新しさが薄れるとユーザーはメールやGoogleドキュメントに戻り、W… 続きを読む

  • Six ApartのVoxが閉鎖へ

    Six ApartのVoxが閉鎖へ

    Six Apartが2006年に、プライバシーを厳格にコントロールできるブログ的ソーシャルネットワークVoxを立ち上げたとき、投資家David Hornikの期待は大きかった。彼曰く、Voxは”すばらしいブログプラットホームである”、なぜなら、”自分の子どもの写真やビデオを、誰に見られるか気にせずに投稿できる初めての場所”だから。 Six Apartによれば、Voxは9月20日に閉鎖される。 理由の説明はない。 続きを読む

  • 次々とサービスの自社提供を停止するYahoo。Shopping APIの提供も3月まで

    次々とサービスの自社提供を停止するYahoo。Shopping APIの提供も3月まで

    少なくとも筋は通っていると言うべきか。技術系企業が次々に新しいプロジェクト開発を再開して活況を呈する中、Yahooは各種サービスを停止しつつある。 この度自社でのサービスを停止するのはShopping APIだ。米国時間1月11日のブログ記事にて2010年3月11日をもってサービスを停止する旨アナウンスされた。理由はYahoo ShoppingにおけるサービスをPriceGrabberに委託する話がまとまったためだ。自社でのサービスを停止するというだけなら良いが、現在Yahoo Shopping APIを利用しているプログラムも動かなくなる。新… 続きを読む

  • 悲しいお知らせ:CrunchPadは始まる前に終わってしまった…

    悲しいお知らせ:CrunchPadは始まる前に終わってしまった…

    もう本当にそこまで来ていたのだが…。2週間前、われわれはCrunchPadを公開する準備がすっかり整っていた。マシンはデモ用に十分に成熟していた。クラッシュせずに何時間も作動するようになっていた。われわれは友達に実際に触ってもらったが、ユーザーインタフェイスは大変上出来で、誰もが何の説明もなしですぐに使えた。何人かの部外者がこのデバイスを楽々と使うのを見ると1年半の苦労が報われた思いがした。 われわれはCrunchPadを11月20日のReal-Time Crunchupカンファレンスの壇上からお披露目しようという計画だった。さらにこのデ… 続きを読む

  • ベンチャー融資にご用心。Kadoinkが完全閉鎖

    ベンチャー融資にご用心。Kadoinkが完全閉鎖

    4月にわれわれは、サンフランシスコ拠点のモバイルベンチャー、Kadoinkがデッドプールに向かっていることを報じた。会社の資金が尽きたからではない。出資者の一つであるHercules Technology Growth Capitalが同社を奪って閉鎖させたのである。 CEOのScott Cahillが昨日(米国時間6/3)出資者宛に送った閉鎖を確認するメールにこう書いている。[Herculesは]「抵当物の受け戻し権を無効とし、会社の知的財産権を第三者に売却した」。 続きを読む

  • 健康情報のコミュニティTruseraが公式に閉鎖へ

    健康情報のコミュニティTruseraが公式に閉鎖へ

    このブログ記事によれば、ユーザが健康問題への対処の仕方をお互いに共有化できる、いわゆるHealth 2.0のコミュニティTruseraが、5月27日に公式に閉鎖する。本誌はTruseraが閉鎖するかもしれないと3月に報じたが、そのときすでに同社は資金がほとんど枯渇していた。 元Amazonの役員Keith Schorschが作ったTruseraは、1年近く前のロンチした。Truseraは、同じ健康問題を抱えている人びとの出会いの場を志向した。ユーザの趣味、住所、年齢層などでユーザをグループ化する仕組みもあった。自分が属するグループのメンバか… 続きを読む

  • 無料カンファレンスコールのFoonz、ついにサービスを停止

    無料カンファレンスコールのFoonz、ついにサービスを停止

    こちらの予測よりは長く保ったことは認めよう。しかしVOIPサービスを提供するFoonzが結局サービスを停止した。1年以上も前、同社のチーフマーケティングオフィサーは、他の事業に注力し始めていた。この時点で既に悪い兆候があった。ここまでFoonzは最後の時に向けての活動してきたわけだ。 本日(米国時間5/20)、Foonzの利用者はサービス停止を告げる以下のメールを受け取った。 続きを読む

  • Tailrankがついにデッドプールに落ちたがそれを支えていたプラットホームは生き残る

    Tailrankがついにデッドプールに落ちたがそれを支えていたプラットホームは生き残る

    誰にとっても意外ではないニュースだが、このところ行き詰まっていたニュース集積サイトTailrankが公式にデッドプール入り(英語)(日本語記事)し、親会社は買い手を探している。このサイトを支えていた会社は、損失を最小限に抑え、経営努力をSpinn3rに集中する決定をした。研究者やデベロッパなどがTailrankの上で大量のブログデータを一望にできたのも、Spinn3rが裏方としてせっせと仕事をしていたおかげだ。Tailrankの逝去に伴い、Spinn3rは今日(米国時間5/19)、大幅なアップグレードを発表した。それには、バックエンド… 続きを読む

  • Portfolio誌、廃刊。1億ドルの投資も実らず

    Portfolio誌、廃刊。1億ドルの投資も実らず

    Conde Nastは高級ビジネス誌のPortfolioの廃刊を決定した。創刊2年目での廃刊となる。Conde Nastは2007年にFortune、Forbes、およびBusiness Weekに対抗しようと出版事業に1億ドルを投資してたくさんの人を雇用した。ウォール街やヘッジファンドの内情を他業界に伝えることを使命としてきたが、Wall Streetが崩壊してしまい、誰もそのような記事を読みたいとは思わなくなってしまった。第一四半期には広告出稿数も26%下落し、これも事態の悪化を招いた。 Portfolioは自らを1930年代のFortun… 続きを読む

  • Yahoo、静かにGeocitiesを幕引き

    Yahoo、静かにGeocitiesを幕引き

    そこには華もなければ涙もない。Yahoo!がさりげなくGeoCitiesを閉鎖する。GeoCitiesは初期のウェブホスティングサービスで、1999年にYahoo!が$2.87B(28億7000万ドル)で買収した。(ベンチャー業界プチ情報:Fred WilsonのFlatiron Partnersも出資していた)。Yahoo!ヘルプサイトのお知らせの中で、同社は無料ウェブホスティングサービスのGeocitiesを今年中に閉鎖し、新規ユーザーの受け付けを停止したことを告げた。既存のユーザーは引き続きGeocitiesを利用できるが、Yaho… 続きを読む

  • Spot Runnerの奇談は続く: 今度はファウンダたちが株価操作詐欺で訴えられる

    Spot Runnerの奇談は続く: 今度はファウンダたちが株価操作詐欺で訴えられる

    テレビ広告のスタートアップSpot Runnerから、黒い煙が上がっている。怒れる投資家たちのうちの一社である大手広告代理店WPPの訴状によれば、Spot Runnerは”投資家たちによる資金のほとんど全額といえる約$20M(2000万ドル)を使い尽くし、さらに毎年$35-$45M(3500-4500万ドル)の損失を発生させた”。同社は2006年以来$100M(1億ドル)を調達し、社員数は一時500名にも達したが、その後一連のレイオフによってその相当数を失った。 訴状によれば同社は2008会計年度に、$9M(900万… 続きを読む

  • AOL、ユーザーにもう一度Propellerに来てくれるようアピール

    AOL、ユーザーにもう一度Propellerに来てくれるようアピール

    AOLのPropellerは2006年、「Diggキラー」としてスタートした。Diggライクなサイトに編集者による監視が加わったもので、大量のnetscape.comのトラフィックがそこに差し向けられた。しかし、ふつうのニュースページを読むことに慣れていたNetscapeユーザーたちは、新しいサイトで何をすればいいのかよくわからなかった。 その後、徐々にさまざまな変更がなされ、Diggから誘い出すために投稿者に報酬を与え、名称をPropeller.comに変え、時にはレイオフまで行った。さらにはマスコットまで投入した。しかし、いずれもサ… 続きを読む

  • リマインダー:Kwiryがデッドプールに入る前にデータを取り出すこと

    リマインダー:Kwiryがデッドプールに入る前にデータを取り出すこと

    SMSリマインダーサービスのKwiryが2007年12月に開始した時、果たして使う人はいるのだろうかと私は思った。今、答えが出た。続行するに足る人数ではなかった。同社は今日(米国時間4/13)、ユーザー宛およびウェブサイト上で、2009年4月23日をもって閉鎖する旨を通知した。 Kwiryでは、携帯電話からキーワードをメールすると、そのキーワードの検索結果がメールで送られてくる。元々は、何かを思い出すための手軽な手段だった。後に、Netflixの映画のラインアップの更新など、SMSの新しい使い方へと発展していった。しかし、それでも切迫し… 続きを読む

  • DeliveryEdge、紆余曲折を経てデッドプール入り

    DeliveryEdge、紆余曲折を経てデッドプール入り

    過去数年で何度もビジネスモデルを変更し、クーリエ便業者のアグリゲーターを目指していたDeliveryEdge(つい最近までLicketyShipという名前だった)がデッドプール入りとなった。同社のビジネスモデルの変遷や波乱に満ちた道程についてはこちらで記事にしている。 2006年にLicketyShipがサービスの提供を開始した際は、eコマースで購入したアイテムを注文から4時間以内に配達するサービスを提供していた。この時点で、2001年に2億8000万ドルを使い切ってデッドプール入りしたKozmoと同様の運命を辿るのではないかと懸念した… 続きを読む