死(用語)

死に関する記事一覧

  • 大切な人の遺灰をダイヤモンドに、オースティンのEternevaが約11億円調達

    大切な人の遺灰をダイヤモンドに、オースティンのEternevaが約11億円調達

    愛する人を失うというのは、人生の中でも最も辛い体験の1つだろう。オースティンを拠点とするEternevaは、終末期分野では珍しいダイレクト・トゥ・コンシューマー・ブランドを構築している企業だ。 続きを読む

  • 病気と老化をハックする長寿テックGero AIが健康状態の変化を定量化するモバイルAPIを発表

    病気と老化をハックする長寿テックGero AIが健康状態の変化を定量化するモバイルAPIを発表

    単に「歩数」を計測しただけでは、個人の健康状態を予測するのに十分な差異を識別できない、というのがGero AIの主張だ。同社のAIは、大量の生体データを用いて学習し、罹患リスクに結びつくパターンを見つけ出す。 続きを読む

  • 【コラム】もしものときにNFTや暗号資産を失わないようにする方法

    【コラム】もしものときにNFTや暗号資産を失わないようにする方法

    消費者が富を築く場合、その内容はたいてい、現金、投資、不動産、自動車、宝飾品、美術品をはじめとする「有形の」資産である。しかし、最近は新たなタイプの資産も増えている。暗号資産(仮想通貨)や、最近注目され始めたNFTなどの「デジタル資産」だ。 続きを読む

  • 死別の悲しみに暮れる家族のためのデジタルアシスタント「Empathy」が14億円調達

    死別の悲しみに暮れる家族のためのデジタルアシスタント「Empathy」が14億円調達

    死は、人生において絶対に避けられない出来事であると同時に、非常に複雑で厄介な問題でもある。感情的あるいは宗教的な複雑で不安な気持ちに圧倒されるなか、多くの遺族はお金や、対処すべきさまざまな問題にも悩まされる。米国時間4月6日、Empathyというスタートアップが、そうした課題に正面から取り組み、遺族の心の傷を部分的に肩代わりすることを目指して、ステルスモードから姿を現した。 続きを読む

  • 終活スタートアップLanternはより良い死に方についての話し合いに火を灯す

    終活スタートアップLanternはより良い死に方についての話し合いに火を灯す

    米国は何につけても書類の国だ。人生の終わりにはそれが頂点に達する。ケアに関しては事前指示書が医療従事者にあまねく伝達され、厳格に従うことが要求される。遺産は該当する不動産法に基づき分割、相続しなければならない。そしてもちろん、葬儀のための物資の調達、火葬やその他の埋葬法にも実に複雑な手続きがあり、それぞれ費用も決めるべきことも異なる。 続きを読む

  • 英国で最大の遺言書作成者となったオンライン遺言・火葬サービスのFarewillが約27億円調達

    英国で最大の遺言書作成者となったオンライン遺言・火葬サービスのFarewillが約27億円調達

    オンラインで遺書を残したり、遺言検認サービス(相続税や不動産にかかる納税の分類など)や火葬命令などを手配できるプラッットフォームを提供している英国のスタートアップFarewill(フェアウィル)は、2000万ポンド(約27億円)を調達した。 続きを読む

  • Googleがデジタル世界の遺言執行人に―休眠アカウント・マネージャーを発表

    私が死んだ後、Gmail、YouTube、Google Drive、Google+などのアカウントはどうなるのだろう? これはわれわれがあまり考えたくない種類の問題だが、われわれに関する情報がますますオンライン化するにしたがって繰り返し議論されてきた。 今日(米国時間4/11)、GoogleはGoogleのアカウント設定ページでInactive Account Manager〔休眠アカウント・マネージャー〕をローンチした〔訳者の環境の日本語版には未公開〕。これはユーザーが死亡したり、あるいはそのアカウントの利用を止めた後、自分のデジタル資産を… 続きを読む

  • Google Reader終了 ― 結局のところ「RSS」は一般の人が必要とする情報収集手段ではなかった

    Google Reader終了 ― 結局のところ「RSS」は一般の人が必要とする情報収集手段ではなかった

    RSSというのは、結局のところ「一般のインターネット利用者」に普及するところまではいかなかったと言えるのだろう。もちろん「インターネットからできる限り多くの情報を取得したい」と考える「ギーク」の人たちは別だ。「ギーク」達にとって、RSSとは福音だった。Googleが2005年にReaderを発表したとき、お気に入りのサイトをずっと巡回してRSSロゴを探しまわったものだ。ロゴをクリックしては一所懸命にフィード登録をしたものだった。とても簡単で、便利に感じられた。ただしそう感じたのは「私たち」だ。「素晴らしい」と感じなかった人も多かったよ… 続きを読む