ディープフェイク(用語)

ディープフェイクに関連する記事一覧

  • アンソニー・ボーディン氏の最新ドキュメンタリー「Roadrunner」にはディープフェイク音声が使われている

    アンソニー・ボーディン氏の最新ドキュメンタリー「Roadrunner」にはディープフェイク音声が使われている

    米国時間7月16日、アンソニー・ボーディン氏を描いたドキュメンタリー映画「Roadrunner」が米国の劇場で公開される。多くのドキュメンタリーと同様に、本作はインタビューや未公開シーンを含む数多くの記録映像から作られており、主人公の物語を自身の言葉で語らせようとしている。作品ではボーディン氏が2018年に自殺する前にカメラの前で話したことのなかった言葉も、彼の声で聞くことができる。 続きを読む

  • 顔交換アプリ「Reface」でユーザーがアップロードした画像の顔入れ替え&アニメーション化が可能に

    顔交換アプリ「Reface」でユーザーがアップロードした画像の顔入れ替え&アニメーション化が可能に

    人気の顔交換動画アプリ「Reface(リフェイス)」は、ユーザーが自分で作成したコンテンツをアップロードし、AIがそれに命を吹き込むことで、単なる自撮りに留まらないリアリティシフトの可能性を拡大しようとしている。 続きを読む

  • ディープフェイクのビジネス活用、技術の悪用防止をめぐる戦い

    ディープフェイクのビジネス活用、技術の悪用防止をめぐる戦い

    顔認識技術を用いて動画内の人物の顔に、画像データの人物の顔を当て込むディープフェイクという技術がある。近年、注目度が高まっている技術のひとつだが、ディープフェイクと聞いてどのようなイメージが湧いてくるだろうか?ディープフェイクの誕生から社会に広まっていく過程、ビジネスにおいて期待されている活用策について、ディープラーニング技術の社会実装を目指す研究者としての立場から考察する。 続きを読む

  • 欧州がリスクベースのAI規制を提案、AIに対する信頼と理解の醸成を目指す

    欧州がリスクベースのAI規制を提案、AIに対する信頼と理解の醸成を目指す

    欧州連合(EU)の欧州委員会が、域内市場のリスクの高い人工知能(AI)の利用に関するリスクベースの規制案を公表した。この案には、中国式の社会信用評価システム、身体的・精神的被害を引き起こす可能性のあるAI対応の行動操作手法など、人々の安全やEU市民の基本的権利にとって危険性の高さが懸念される一部のユースケースを禁止することも含まれている。 続きを読む

  • ディープフェイク技術が衛星地図を模造

    ディープフェイク技術が衛星地図を模造

    ワシントン大学の助教授ボー・ジャオ氏が指導し論文も書いたその研究は、警告のためではなく、やや悪名高いディープフェイクの技術を地図の作成に応用した場合にありうるリスクとチャンスを示すために行われた。彼らのやり方は、一般的にディープフェイクとして知られているものよりもむしろ、画像を印象派風、クレヨン画風など任意のスタイルに変換する「画風変換」に似ている。 続きを読む

  • アインシュタインのチャットボットに「声」を与えるAflorithmicのAI音声クローン技術

    アインシュタインのチャットボットに「声」を与えるAflorithmicのAI音声クローン技術

    合成メディアの奇妙な世界から生まれたディープフェイクの一端に、耳を傾けてみてほしい。これはアルバート・アインシュタインのデジタル版。有名な科学者の実際の声を録音した音声記録をもとに、AIのボイスクローン技術を使って合成された声である。 続きを読む

  • ディープフェイク動画のiOSアプリ「Avatarify」が電子透かし提供へ

    ディープフェイク動画のiOSアプリ「Avatarify」が電子透かし提供へ

    ディープフェイク動画に共通する問題点は、その動画がフェイクであることが簡単に判別できないことだ。Avatarifyは悪用を防ぐためにディープフェイク電子透かしの提供を開始するという。 続きを読む

  • 顔交換も簡単にできる中国のマシン動画生成スタートアップSurrealが創業3カ月で資金調達

    顔交換も簡単にできる中国のマシン動画生成スタートアップSurrealが創業3カ月で資金調達

    もし動画を作るためのカメラが不要になり、数行のコーディングで動画を生成できるようになったとしたらどうだろう?機械学習の進歩が、そのアイデアを現実のものにしつつある。現在、AI研究のバックグラウンドを持つ起業家たちが、アルゴリズムを使って超リアルな写真や音声、動画を生成するためのツールを考案している最中だ。 続きを読む

  • MyHeritageが古い家族写真をディープフェイク技術でアニメーション化

    MyHeritageが古い家族写真をディープフェイク技術でアニメーション化

    家系図サービスのMyHeritageは、本物らしい表情の操作や利用者の個人データ収集に、AI駆動の合成メディアを使い始めている。同社は、Deep Nostalgiaという新機能をローンチした。人の写真をアップロードすると、アルゴリズムによってその顔をアニメーション化してくれるというものだ。 続きを読む

  • 口コミで大流行の顔交換ビデオアプリRefaceにa16zなどの有名投資会社が約6億円を出資

    口コミで大流行の顔交換ビデオアプリRefaceにa16zなどの有名投資会社が約6億円を出資

    Reface(リフェイス)は、ボタンをタップするだけで、自分のセルフィーを不気味なほどリアルな有名人のビデオクリップに変えて有名人気分を味わえるエキサイティングな顔入れ替えビデオアプリだ。そのRefaceがシリコンバレーのベンチャー投資会社Andreessen Horowitz(アンドリーセン・ホロウィッツ、a16z)の目に留まり、a16zは米国時間12月9日、このテック系エンタテイメントスタートアップのために550万ドル(約5億7200万円)を調達するシードラウンドをリードすると発表した。 続きを読む