ディープラーニング / 深層学習(用語)

ディープラーニングに関連する記事一覧

  • 日本ディープラーニング協会がビジネス活用人材向けG検定で7250名受験・累計合格者数3万人突破と発表

    日本ディープラーニング協会がビジネス活用人材向けG検定で7250名受験・累計合格者数3万人突破と発表

    東京大学大学院工学系研究科 松尾豊教授が理事長を務める日本ディープラーニング協会(JDLA)は11月19日、「2020年 第3回G検定」(ジェネラリスト検定)を11月7日に実施したところ、7250名が受験し、4318名の合格者が誕生したと発表した。合格率は59.56%。ディープラーニングをビジネスへ活用する人材であるG検定の合格者は、累計3万1695名となった。 続きを読む

  • 高度なAIでウェブ検索時のCtrl-F(もしくはCommand-F)を本当に便利にするHebbia

    高度なAIでウェブ検索時のCtrl-F(もしくはCommand-F)を本当に便利にするHebbia

    ここ数年、ディープラーニングが大きく進化している。GPT-3のような新しいシステムとモデルが、人の言語の解釈で高い性能を発揮するようになり、それをさまざまな形で応用するよう開発者たちを奮い起こさせている。文章を読み上げるボイスレコーダーや翻訳アプリなどでその結果が見られるが、最近の性能の進歩にはビックリさせられる。 続きを読む

  • 超低消費電力AI推論アクセラレーターIPのLeapMindがパートナープログラム開始

    超低消費電力AI推論アクセラレーターIPのLeapMindがパートナープログラム開始

    ディープラーニング技術を活用する企業に向けソリューションを提供するLeapMindは10月15日、エッジAIの社会実装に向けた「Efficiera(エフィシエラ) FPGAパートナープログラム」の提供を開始したと発表した。 続きを読む

  • 自動目視検査など製造業にAI外観検査システムを提供するMENOUが8000万円を調達

    自動目視検査など製造業にAI外観検査システムを提供するMENOUが8000万円を調達

    自動目視検査システムの提供など、ディープラーニング技術を製造現場に適用するMENOU(メノウ)は9月28日、約8000万円の資金調達を発表した。引受先はDEEPCORE、シーシーエス、三菱UFJキャピタル。 続きを読む

  • AIナビアプリ開発のAILLが九州経済連合会と協業、9月18日より「婚期創出事業」での導入開始へ

    AIナビアプリ開発のAILLが九州経済連合会と協業、9月18日より「婚期創出事業」での導入開始へ

    AIと深層学習でチャットの内容を解析して恋人候補同時の円滑なコミニュケーションを支援する「Aill」(エール)を開発するAILLは9月17日、一般社団法人九州経済連合会との協業を発表した。 続きを読む

  • バックオフィスの文書処理をディープラーニングで自動化する欧州拠点のHypatosが12億円超を調達

    バックオフィスの文書処理をディープラーニングで自動化する欧州拠点のHypatosが12億円超を調達

    プロセス自動化スタートアップのHypatos(ハイパトス)は、Blackfin Tech、Grazia Equity、UVC Partners、Plug & Play Venturesなどの投資家からシードラウンドで1000万ユーロ(約12億5700万円)の資金調達を明らかにした。 続きを読む

  • 日本ディープラーニング協会が高専生対象コンテスト開催、最優秀賞の東京高専チームが企業評価額5億円を獲得

    日本ディープラーニング協会が高専生対象コンテスト開催、最優秀賞の東京高専チームが企業評価額5億円を獲得

    東京大学大学院工学系研究科 松尾豊教授が理事長を務める日本ディープラーニング協会(JDLA)は8月24日、「第1回全国高等専門学校ディープラーニングコンテスト2020」(DCON2020)本戦を8月22日に開催したと発表した。最優秀賞は「東京工業高等専門学校 プロコンゼミ点字研究会」が受賞。企業評価額5億円、投資総額1億円という評価を受け、副賞の起業資金100万円と日本ディープラーニング協会若手奨励賞も同時に授与された。 続きを読む

  • ディープフェイクテキストが国家の危機を増幅する

    ディープフェイクテキストが国家の危機を増幅する

    ディープフェイクテキストを使用して作成したコメントは連邦パブリックコメント期間中に投稿されたコメント総数1810件の55%以上を占めた。筆者らは、その後の追跡調査で、これらのコメントがボットによるものだと思うか、実際に人が書いたものだと思うかを尋ねるアンケートを実施した。回答者の正答率は50%、当てずっぽうで答えたときの確率と同じだった。 続きを読む

  • AIがカメラ映像から密集度と群衆人数をリアルタイム解析、Elixが新型コロナ対策として開発

    AIがカメラ映像から密集度と群衆人数をリアルタイム解析、Elixが新型コロナ対策として開発

    Elix(エリックス)は6月4日、群衆人数や人物同士の密集度合いの計測を可能とするAIソリューションを発表した。本日より、法人や自治体などを対象に試験提供を開始する。 続きを読む

  • Googleの失敗から学ぶ、AIツールを医療現場へ適用することの難しさ

    Googleの失敗から学ぶ、AIツールを医療現場へ適用することの難しさ

    Google(Google Health)は、目の画像を処理し、世界中で視力喪失の主な要因となっている糖尿病網膜症の兆候を見つける深層学習システムを開発した。しかし理論的な正しさとは裏腹に、このAIツールは実際の現場テストで実用に向かないことが判明した。 続きを読む