配送 / 宅配 / デリバリー(用語)

配送 / 宅配 / デリバリーに関する記事一覧

  • 「Amazonではない」小売業者の即日配達を可能にするSwyftが19.2億円を調達

    「Amazonではない」小売業者の即日配達を可能にするSwyftが19.2億円を調達

    AmazonやWalmartのような大手サービスのおかげで、私たちは翌日発送や即日発送に慣れてしまった。しかし、パンデミックはもっと小さな店や会社から買うことの価値をを再認識させている。つい最近シリーズAで1750万ドル(約19億2000万円)を調達したSwyftは、どんな規模の小売店でも即日発送できるようにする会社だ。 続きを読む

  • アマゾンがRivian製の配達EVテストをサンフランシスコでも開始

    アマゾンがRivian製の配達EVテストをサンフランシスコでも開始

    Amazonは電気貨物車両を使った顧客への配達をサンフランシスコにも拡大する。同社は2021年に計16都市でRivian製EVを導入する予定であり、その中でベイエリアは2番目の実施となった。 続きを読む

  • 運送管理SaaS「アセンド・ロジ」開発・運営のascendが5500万円のシードラウンド調達

    運送管理SaaS「アセンド・ロジ」開発・運営のascendが5500万円のシードラウンド調達

    運送管理SaaS「アセンド・ロジ」の開発・運営を手がけるascend(アセンド)は、シードラウンドにおいて、第三者割当増資および金融機関からの融資による5500万円の資金調達を実施したと発表した。引受先は、サムライインキュベートが運営する「Samurai Incubate Fund 6号投資事業有限責任組合」。 続きを読む

  • 10分で食料品を配達するDijaがロンドンでダークストアを正式立ち上げ

    10分で食料品を配達するDijaがロンドンでダークストアを正式立ち上げ

    ロンドン拠点のグローサリー配達スタートアップDijaが現地時間3月4日、正式に事業を開始し、2020年12月のシードファンディングで2000万ポンド(約30億円)を調達したことを認めた。TechCrunchが最初に報じたこのラウンドの一部は2020年11月にクローズした。 続きを読む

  • 注文から15分でグローサリーを配達するCajooがパリでサービス開始

    注文から15分でグローサリーを配達するCajooがパリでサービス開始

    730万ドル(約7億7000万円)を調達したフランスのスタートアップCajooを紹介しよう。同社は現地時間2月4日、携帯電話から注文したグローサリーを15分後に受け取れるサービスをパリで立ち上げた。 続きを読む

  • プラスチックを使用しない食料品宅配スタートアップZeroがLAで始動

    プラスチックを使用しない食料品宅配スタートアップZeroがLAで始動

    プラスチックを使わない食料品宅配スタートアップZeroは、サンフランシスコのベイエリアでのみ営業を行っていたが、米国時間2月10日に予定しているロサンゼルスでの事業開始に向けて加速している。Zeroは、サプライヤーから直接買いつけた食料品や日用雑貨を、ビンや箱やその他の持続可能な容器に入れて翌日配達している。 続きを読む

  • グーグルがインドのハイパーローカル配達サービスDunzoを41億円の資金調達ラウンドで支援

    グーグルがインドのハイパーローカル配達サービスDunzoを41億円の資金調達ラウンドで支援

    Googleが新たにまた1社、インドのスタートアップに小切手を書くことになった。同社は米国時間1月19日、以前にも支援したインド南部のバンガロールを拠点とする企業、ハイパーローカルデリバリースタートアップDunzoの4000万ドル(約41億円)の投資ラウンドに参加すると発表した。 続きを読む

  • スタートアップバトル優勝者、物流革命を目指す「207」が配送員や荷物の管理サービス「TODOCUクラウド」提供

    スタートアップバトル優勝者、物流革命を目指す「207」が配送員や荷物の管理サービス「TODOCUクラウド」提供

    物流業界におけるラストワンマイルのDXを目指す「207」(ニーマルナナ)は12月21日、配送員や荷物を効率的に管理できる物流事業者(法人)向け新サービス「TODOCUクラウド」の提供開始を発表した。 続きを読む

  • 遠隔操縦宅配カートがロサンゼルスの食料品店で活躍中

    遠隔操縦宅配カートがロサンゼルスの食料品店で活躍中

    ロボットはもはや、大学の研究室やeコマース大手やシリコンバレーでイケイケのスタートアップ御用達のハイテクツールではない。街の食料品店でも使えるようになった。電動スクーターの遠隔回送で知られる設立1年目のシリコンバレーのスタートアップTortoiseは、その技術を宅配カートに応用した。 続きを読む

  • 日用品を30分以内に届けるデリバリースタートアップのgoPuffが4100億円超の評価額で約400億円を調達

    日用品を30分以内に届けるデリバリースタートアップのgoPuffが4100億円超の評価額で約400億円を調達

    GoPuffはフィラデルフィアに本社を置くスタートアップで、市販薬やベビーフード、アルコールなど、基本的にはコンビニで買うような商品を30分以内に配達するサービスを提供している。 続きを読む