Dell / デル(企業)

米国の多国籍コンピュータテクノロジー企業。

  • クラウドをテレビに持ち込むDellのProject Ophelia, やっとテスターたちが実機を手中に

    クラウドをテレビに持ち込むDellのProject Ophelia, やっとテスターたちが実機を手中に

    Googleの35ドルのドングルChromecastが今週メディアを賑わせたが、テレビのHDMIポートに挿入するおかしなガジェットを作っているのはMountain Viewの連中(==Google)だけではない。 DellがAndroid内蔵のドングルProject Opheliaを発表したのはさかのぼって1月だが、そのとき言われた発売予定日がとっくに過ぎてからは、わずかにあった世間の関心もかき消えてしまった。でも今回はやっと、まだ本格立ち上げは数か月後らしいが、ともかくテスターたちに配るための初期製品ができたようだ。 続きを読む

  • コマンド一発で買ったばかりの新品Macを強力な開発マシンにセットアップするBoxen, GitHubがオープンソース化

    コマンド一発で買ったばかりの新品Macを強力な開発マシンにセットアップするBoxen, GitHubがオープンソース化

    GitHubが”Boxen”をオープンソース化した。Boxenは、新品のMacをデベロッパ用にセットアップするツールだ。 この、ワンコマンドの自動化ツールを使うと、デベロッパは30分でGitHub上でハッキングできるようになる。 デベロッパ向けにあらかじめセットアップされたラップトップを提供することは、一種のトレンドでもある。たとえばDellは、Project Sputnikでデベロッパ専用に作られたラップトップを開発した。そのラップトップはすでに、一般市販されている。 続きを読む

  • DellのWyseがホテルのテレビで自宅〜会社のデスクトップを操作できるスティックを発表

    DellのWyseがホテルのテレビで自宅〜会社のデスクトップを操作できるスティックを発表

    Dellが昨年買収したクライアントハードウェアベンダWyseがCESで、Project Opheliaというものを見せてくれる。それは左図のような、やや太ったスティックで、テレビにつなぐとインターネット〜クラウド経由でユーザのリモートデスクトップに接続する。それはCitrixやMicrosoft、VMwareなどのリモートデスクトップシステムに対応している。 Opheliaはホテルのテレビにユーザのデスクトップを表示するので、あなたは生ぬるいビールを飲みながら、Bluetoothで接続されたキーボードを使う。いかすね! Opheliaの豊富… 続きを読む

  • Dellが企業顧客のBYOD周辺サービスに商機を見いだす–モバイルデータ保護のCredant Technologiesを買収

    Dellが企業顧客のBYOD周辺サービスに商機を見いだす–モバイルデータ保護のCredant Technologiesを買収

    Dellが今日(米国時間12/18)、スマートフォンからサーバやクラウドへ送られる情報を暗号化して保護するCredant Technologiesを買収して、独自に自己機持ち込み(bring your own device, BYOD)市場に参入した。買収の価額等は公表されていない。 この買収によってモバイルデバイス管理の市場が、さらにまた整理統合へ向かうことになる。今月初めにはCitrixがZenpriseを買収し、企業が社員が持ち込むスマートフォンやiPadやそのほかのタブレットなどを管理する際の業務を助ける、各種のソフトウェアやサービスの、… 続きを読む

  • サーバの売上台数では世界一のDell, しかし利益はOpenStackのソリューションから得るつもりだ

    サーバの売上台数では世界一のDell, しかし利益はOpenStackのソリューションから得るつもりだ

    Dellの会長でCEOのMichael Dellが今日(米国時間12/12)のDell Worldカンファレンスのキーノートで、Dellは北米とアジアではサーバの市場占有率第一位で、全世界の稼働台数は64000と言った。 Dellしかし、その主張の出所を言わなかった。総台数についても、一般に公開されているデータはない。そういう数字は、IDCのアナリストMatt Eastwoodが詳しいらしい。Twitterで彼に聞いたら、こう答えた: “Dellはサーバの台数では第二位、x86サーバの売上では第二位、サーバ全体の売上では第三位だ(い… 続きを読む

  • Dellは4つの足で全社オープンソース化へ向かう

    Dellは4つの足で全社オープンソース化へ向かう

    Dellはオープンソース企業になりつつあるのか? 答はイエスだが、でも同社は、それを計画していたわけではない。ほとんどのオープンソースプロジェクトがそうだが、Dellの場合も徐々にそうなっていったのだ。しかし多くの点で、同社のオープンソースへの移行は意図的でもある。Dellはこれから先、単なる箱屋ではありたくない。代わりの方向性としては、オープンソースがいちばん望ましい。オープンソースへと舵を切れば、既存のパートナーやデベロッパたちのエコシステムを有利に利用できるのだ。 その移行を示す4つの例がある。それらがなぜ、Dellの未来への鍵を握… 続きを読む

  • DellがLinuxラップトップに再挑戦–一般消費者からパワーユーザに照準変え

    DellがLinuxラップトップに再挑戦–一般消費者からパワーユーザに照準変え

    本日(米国時間7/18)Dellは、Linuxラップトップ市場への再参入を公式に表明した。5月に発表されたProject Sputnikがこのほど、Dell社内のインキュベータ事業を卒業して、実際に製品化されたのだ。プロジェクトのリーダーBarton Gerogeによると、Dellは同社のXPS13 Ultrabookの特製“デベロッパエディション”を秋から売り出す。 そのラップトップには、Linuxのユーザフレンドリなディストリビューションとして人気のあるUbuntuがプレロードされる(なおLinuxは、オペレーティ… 続きを読む

  • Dellのデベロッパ用Linuxラップトップをもらって新世代のスプートニク宇宙飛行士になろう

    Dellのデベロッパ用Linuxラップトップをもらって新世代のスプートニク宇宙飛行士になろう

    Dellには社内の秘密プロジェクトとして、デベロッパのためのLinuxラップトップの開発がある。今回そのベータテストが始まることになり、併せてテスターたちにSputnik Beta Cosmonaut計画*と呼ばれる催しへの参加を呼びかけている。 このProject Sputnikは、Dellがこれからはオープンソースにも力を入れるという方針の表れだ。とくに、Linuxで駆動されるサーバやストレージ、そのほかのネットワーキング製品(とくにクラウド製品)は、気がついてみればこれからのハードウェアメーカーにとって大売れ線のドル箱だ。 そのためにはも… 続きを読む

  • Dellがネットブックの生産を停止–これからは超薄型ノートの時代か

    Dellがネットブックの生産を停止–これからは超薄型ノートの時代か

    昔々、ネットブックがPC国の王様でした。でもタブレットの登場と、x86 CPUのダウンサイズにより、この小型のノートブックは静かな死を迎えようとしている。最新の犠牲者が、Dell Miniだ。LiliputingがMyDellMini.comで見つけたところによると、その製品はすでにDell.comの商品リストにない。死因は、Ultrabookやそのタイプの新製品の登場だろう。 噂ではDellは、低価格のノートブックから手を引くらしい。同社の広報がThe Vergeに確言したところによると、その製品ラインはたしかに終了し、今後のIntelの… 続きを読む

  • Twitter.comのリニューアルで魅力的な仕掛けを施せるようになった企業向けプロフィールページ

    Twitter.comのリニューアルで魅力的な仕掛けを施せるようになった企業向けプロフィールページ

    日本国内でもTwitter.comの新インタフェースが普及してきたようなので、改めて少々前の記事(米国公開12/8)を紹介しておこう。Twiterは米国時間の12月8日、Twitter.comの大規模リニューアルを発表した。日本語版独自記事でも紹介しているように、「繋がり」を見やすくし、また興味をもっていることに関する「発見」機能を強化した。Twitterの機能をより多くの人に理解してもらい、より効率的に使ってもらおうとする狙いだ。 ところで今回のリニューアルにともなって、企業ページについても大きな変更が加えられた。まだリニューアルが反… 続きを読む

  • パソコン市場は依然拡大中―トップはHP、LenovoがDellを抜いて2位に浮上(Gartner調べ)

    パソコン市場は依然拡大中―トップはHP、LenovoがDellを抜いて2位に浮上(Gartner調べ)

    パソコンの時代は終わったとかいうもっともらしい話は何だったのか? Gartnerが発表した暫定調査報告によれば、世界のパソコン市場は拡大を続けている。 この調査によれば、今四半期の世界のPCの出荷は前年同期比で3.2%増の9180万台だった。Gartnerが以前発表した予測より若干低い数値だが、その原因は主として西ヨーロッパ市場の不振にある。しかしAcerとDellを例外として、コンピュータ・メーカーは昨年同期より出荷台数を増加させており、Lenovoは最近実施したいくつかの買収や提携の成果もあって、世界市場でDellを抜いて2位となり… 続きを読む

  • Appleの技術サポートは前ほど良くない, という調査結果

    Appleの技術サポートは前ほど良くない, という調査結果

    ミネソタの調査会社Vocal Laboratories(通称: Vocalabs)が行った調査によると、技術サポートの質におけるAppleのリードが以前よりは小差になり、それに対しHPの消費者満足度が上がっている。 Vocalabsは2008年5月から2011年6月にかけて、サービスを経験した直後の顧客4161名に電話でインタビューをして、この調査を行った。 続きを読む

  • Dell、7インチAndroidタブレットを発表

    Dell、7インチAndroidタブレットを発表

    「発表」とまで言ってよいかどうかちょっと疑問だが、とにかくMichael DellがOracleのカンファレンスで7インチのAndroidタブレットをもうすぐ出すと言っている。もちろんわれわれはStreakの大型版が準備されていることを前から知っていた。しかしユーザーの関心が大きいはずの大型版をなぜ先に売り出さなかったのかは謎だ。 Androidタブレットであるという以外、7インチ版のスペックについての情報は今のところまったくない。とはいえ、常識的にはStreakの大型版だと考えてよいだろう。ただし携帯電話でもあるという性格はより薄められ… 続きを読む

  • Dellから登場したAndroidタブレット、Streakをレビューする

    Dellから登場したAndroidタブレット、Streakをレビューする

    要約YouTubeアニメのCharlie the Unicornではないが、成功への道には多くの波乱が含まれるのが常だ。そういう人生のレッスンの一つがDellが発表した新しい5インチ・スクリーンのAndroid 1.6 タブレットだ―大いに興奮させる機能がある一方で、Android OSが古いバージョンであるなどいくつかの限界もまた明らかになっている。 続きを読む

  • Dellのタブレット、Streak第一印象

    Dellのタブレット、Streak第一印象

    先月technoratiで大評判をとったDellの5インチ・タブレット、Streakがいよいよアメリカ登場だ。私も数日前からテストしている。このAndroidベースのタブレットはiPadとは全く性格の違うデバイスだが、とにかくタブレット・オリンピックへの有望な参加者だ。 Streakは5メガピクセルのカメラ、タッチスクリーン、内蔵GPSを装備している。プロセッサは1GHz Snapdragon。フル機能のWebkitブラウザでサイトにアクセスし、動画を見たり、音楽を聞いたりできる。反応はきわめて速い。GSMモデムを内蔵しており3Gネットワ… 続きを読む

  • ベンチャーの出口は不振でもM&Aの全体は今年に入って増加が続いている

    ベンチャーの出口は不振でもM&Aの全体は今年に入って増加が続いている

    ベンチャー投資の出口価額は第三四半期で約50%下落したが、大手公開企業を含むM&Aの総額は、今年に入って明らかに上昇気配にある。 Crunchbaseが公表されている買収案件を集計したところによると、第三四半期の総額は$31.8B(318億ドル)で、第二四半期の倍、第一四半期の$7.6B(76億ドル)の4倍に達した。前年同期比でも23%の増である。 続きを読む

  • Amazonなど大手小売りサイトのほとんどが被告に–カテゴリーによる商品検索が特許侵害だって?

    Amazonなど大手小売りサイトのほとんどが被告に–カテゴリーによる商品検索が特許侵害だって?

    “特許荒らし(patent troll)”は、どうやってやっつけたらいいんだろう? ソフトウェアデベロッパのSpeedTrack が、大手のオンライン小売りサイトのほとんど…Amazon.com、Best Buy、Overstock.com、Nike、Costco、Dellなどなど…を特許権侵害で訴えた。それは、彼らのWebサイトの上でお客が製品を探すときに使う検索方法に関する特許だそうだ。 昨日(米国時間9/23)カリフォルニア州北部地区地裁に訴状を提出した原告は、被告らを合衆国特許第5,544,360号の侵害で告発し… 続きを読む

  • Dellが中国市場専用の携帯電話を発売, 結局それは"Ophone mini3i"だ

    Dellが中国市場専用の携帯電話を発売, 結局それは"Ophone mini3i"だ

    本誌は日曜日(米国時間8/9)に、Dellが中国市場専用の携帯電話を発売と速報的に報じたが、今日(米国時間8/10)は中国の大手ニュースポータル163.comが、それが事実であると報じた: Dellが中国市場で売るのは、Android搭載の“Ophone”で、その名をmini3iと呼ぶ。 世界最大のキャリアChina Mobileがこのデバイスを提供し、立ち上げ予定は“今月半ば”とめちゃ早い(今週かもしれない)。China Mobileの計画ではOphoneを新ブランドとして確立し、実際の製造は… 続きを読む

  • Dellが人気のノートパソコン新製品のためにドメイン名Adamo.comを遅まきながら買う

    Dellが人気のノートパソコン新製品のためにドメイン名Adamo.comを遅まきながら買う

    先週、あるブログ記事がTechmemeに載った。その記事は、Dellが同社の超薄型のノートパソコンのためにAdamo.comというドメイン名を入手し損ねた経緯を詳しく書いている。このノート機は、3月17日の正式発売の1日前に、CrunchGearのJohn BiggsがSXSWで目を付けていたものだ。. Dellが入手をトライしたこともありえない。このドメイン名の前のオーナーはTucowsの子会社YummyNamesだが、それを売れとか貸せという話がどこかからあったという記録はないと言っている。一方Dellは、仲介業者に匿名で接触させたが… 続きを読む

  • 12インチのネットブック登場でIntelはますますご機嫌斜め

    12インチのネットブック登場でIntelはますますご機嫌斜め

    12インチのネットブックがやってくる。DellがInspiron Mini 12を出し、Samsungがもうすぐネットブックの12インチモデルを合衆国向けに発売する。さらに、後続が次々と登場する。そして、Intelはますます憂鬱だ。 というより、Intelはネットブックが売れていること自体に神経をとがらせているのだろう。これらのデバイスの多くが、PCの負担を軽減し消費電力の少ない(電池が小型になりしかも長持ちする)Atomチップ(Intelの製品)を搭載しているのになぜ? Intelはネットブックを、ふつうのラップトップ機(“ノ… 続きを読む