歯 / 歯科(用語)

歯 / 歯科に関する記事一覧

  • 5GとVR・AR技術、3Dプリンティング技術を活用し東京の指導医が大阪の若手歯科医による歯科手術を遠隔支援

    5GとVR・AR技術、3Dプリンティング技術を活用し東京の指導医が大阪の若手歯科医による歯科手術を遠隔支援

    Holoeyesは、Dental Predictionとソフトバンクの協力のもと「5GネットワークにおけるXR歯科手術支援の有効性の検証」に関する実証実験を7月12日から実施します。5GとXR技術、3Dプリンティング技術を活用した実験で、東京にいる指導医が大阪にいる若手歯科医に、VR・AR映像を通して診断・治療の指導と手術を支援をするといった内容です。 続きを読む

  • 電動歯ブラシや3Dプリント製マウスピースを安価で提供するシンガポールの審美歯科D2C「Zenyum」

    電動歯ブラシや3Dプリント製マウスピースを安価で提供するシンガポールの審美歯科D2C「Zenyum」

    審美歯科をもっと手頃な料金で提供したいと考えるZenyumが、シリーズBで4000万ドル(約43億8000万円)を調達した。2018に創業された同社の製品には、電動歯ブラシ「ZenyumSonic」や3Dプリントで作った透明なアライナー(マウスピース)「Zenyum Clear」、もっと複雑な矯正が可能な「ZenyumClear Plus」などがある。 続きを読む

  • 3DプリントのDesktop Metalが「健康」にフォーカスする事業を開始

    3DプリントのDesktop Metalが「健康」にフォーカスする事業を開始

    3Dプリントの未来は大量生産かもしれないが、健康関連製品はまさに現在のトピックだ。歯列矯正から人工関節まで、医療ニーズはまさに積層造形のスイートスポットといえる。プロトタイピングは上限のあるカテゴリーだが、真の大量生産はこれらのシステムでまだ不可能な領域である。医療・歯科分野はより大きな市場でありながら、カスタマイズが必要な分野でもある。 続きを読む

  • 歯科手術ロボ開発のNeocisが約76億円調達、すでに2700人超の患者が利用

    歯科手術ロボ開発のNeocisが約76億円調達、すでに2700人超の患者が利用

    2019年、歯科手術支援ロボットYomiが市場に登場してから、2700人を超える患者がその金属の腕を見上げてきた。これを開発したNeocisは、さらに多くの歯科医院にこのロボットを普及させようと約76億円を調達した。 続きを読む

  • デンタルケア用品サブスク運営のBurstがハイテクフロスを開発

    デンタルケア用品サブスク運営のBurstがハイテクフロスを開発

    木炭コーティングが施され、伸縮性のある黒くハイテクなフロスを発売したBurstは、歯科衛生士や歯科医たちのネットワークとパートナーして流通チャネルを開拓し、新製品開発の開発などでも協力関係にある。デンタルヘルスのプロは今2万名以上になっている。 続きを読む

  • SmileDirectClubが3Dプリンタで1日5万個の歯列矯正モールドを製作する計画を明らかに

    SmileDirectClubは49台のプリンタを使用する米国最大のシステムで1日に最大5万個、1年に1800万個以上の歯列矯正モールドを製作する計画を明らかにした。 続きを読む

  • 絶好調の歯列矯正スタートアップCandidが再び資金調達

    絶好調の歯列矯正スタートアップCandidが再び資金調達

    歯列矯正のスタートアップCandidは、シリーズBで新たに約70億円を調達した。これにより、これまでの調達累計額は10億円となる。 続きを読む

  • 電気歯ブラシのQuipがオーラルケア/デンタルケアの全分野に挑戦すべく$10Mを調達

    電気歯ブラシのQuipがオーラルケア/デンタルケアの全分野に挑戦すべく$10Mを調達

    ベンチャー資金が支える靴があり、ひげそりがあり、メガネもある。なら、歯ブラシがあってもいいよね。 Quipは、同社のデンタルケアビジネスのために1000万ドルを調達した。Sherpa Capital, Blue Scorpion VC, Demi Lovatoなどが主な投資家だ。 続きを読む

  • 拡張現実を歯科で活用する

    拡張現実を歯科で活用する

    大掛かりな歯科治療やや再建手術を受ける人が、その後どのように見えるようになるかを視覚化することは難しいかもしれない。プラスティックスやロウで型をつくることもできるが、それはいささか…19世紀的だ。ということでスイスのスタートアップが、言われてみればもっともな、拡張現実ソリューションを生み出した。患者に仮想的な結果のスマイルを提示するのだ。 その会社Kapanuは、スイス連邦工科大学チューリッヒ校のスピンオフで、CEOのRoland MörzingerはDisney Researchと協力して医療目的の拡張現実エンジンを作り出した… 続きを読む

  • Philipsの新しい〈つながった〉歯ブラシは、歯科医を想定して作られている

    Philipsの新しい〈つながった〉歯ブラシは、歯科医を想定して作られている

    先月、歯科技術のスタートアップ、ONVIがカメラ内蔵の歯ブラシを発売した。ユーザーは自分の歯がゆっくりと朽ちていく様子をアップで見ることができる。これは、幸いなことにそれとは違う。 続きを読む