Desktop Metal(企業)

Desktop Metalは金属の3Dプリント技術を擁する米国企業。

  • 金属3DプリントのDesktop Metalはまさに「金のプリンター」、Kleinerのリターンは投資額の10倍

    金属3DプリントのDesktop Metalはまさに「金のプリンター」、Kleinerのリターンは投資額の10倍

    米国時間9月14日朝、TrineというSPACと金属プリンターのスタートアップDesktop Metalは、最新の財務と株主に関する報告書を米証券取引委員会に提出したが、その内容から大成功を手にするベンチャー投資会社はどこなのかが見えてくる。 続きを読む

  • 金属3Dプリント技術を擁するDesktop MetalがSPACを利用したIPOで2600億円超企業に

    金属3Dプリント技術を擁するDesktop MetalがSPACを利用したIPOで2600億円超企業に

    Desktop Metalはその5年間の存在を通じて、投資家が足りないことはなかった。これまでのところ、この金属3Dプリント企業は4億3000万ドル(約460億円)を調達し、その間に米国で最も最速でユニコーンの資格を達成した企業になった。 続きを読む

  • Desktop Metalが金属部品の3Dプリンター市販へ―クリーン環境で大量生産可能

    Desktop Metalが金属部品の3Dプリンター市販へ―クリーン環境で大量生産可能

    今日(米国時間4/25)、Desktop Metalは金属加工が可能な3Dプリンターの価格その他の情報を発表した。Desktop Metalのプリンターは鋼、アルミニウム、チタン、銅を含め、数百種類の金属素材を使用することが可能だ。このスタートアップの共同ファウンダー、CEOのRic FulopInによれば、出力された金属パーツの品質はインジェクション・モールドと同等だという。 続きを読む

  • 金属部品用の3Dプリンター「Desktop Metal」がBMWなどから4500万ドルを調達

    金属部品用の3Dプリンター「Desktop Metal」がBMWなどから4500万ドルを調達

    金属部品を製造できるデスクトップ3DプリンターのDesktop Metalは現地時間2月6日、シリーズCで4500万ドルを調達したと発表した。Desktop Metalは、従来の金属加工機械を稼働させるスペースを持たなかったり、資金的なリソースを持たない小規模ビジネスやデザイナーに金属製品を製造する手段を提供している。本調達ラウンドでリード投資家を務めたのはGV(以前のGoogle Ventures)で、他にもBMW iVenturesやLowe’sの投資部門なども参加している。今回調達した資金を合わせ、Desktop Metalは… 続きを読む