developer tools

  • Cobalt.ioの「侵入テスト」は問題発見とデベロッパー対応を直結させる

    Cobalt.ioの「侵入テスト」は問題発見とデベロッパー対応を直結させる

    侵入テストを提供しているCobalt.ioが、このたびプラットフォームをさらに強化した。問題点のリストを顧客に渡すのではなく、問題点をデベロッパーにダイレクトに彼らの開発環境に統合するという。 続きを読む

  • DevOpsポリシーエンジンのDatreeがY Combinatorに入学

    DevOpsポリシーエンジンのDatreeがY Combinatorに入学

    DevOpsのポリシーエンジンをGitHubで作っているアーリーステージのスタートアップDatreeが今日(米国時間2/6)、800万ドルのシリーズAを発表した。同社はまた、Y Combinatorの2020年冬季に参加したことも発表した。 続きを読む

  • エンタープライズ事業を売却したDockerが新たに40億円相当を調達し新CEOを任命

    エンタープライズ事業を売却したDockerが新たに40億円相当を調達し新CEOを任命

    Dockerの多忙な1日の総仕上げとして同社は、以前からの投資家であるBenchmark CapitalとInsight Partnersから3500万ドル(約38億円)を調達したことを発表した。 続きを読む

  • ソフトウェア開発チームのパフォーマンスを計るツール「Continuous Insights」

    ソフトウェア開発チームのパフォーマンスを計るツール「Continuous Insights」

    Harness(ハーネス)のCEOで共同創業者であるJyoti Bansal(ジョーティ・バンサル)氏は、ソフトウェア開発チームのパフォーマンスを計るツールがないことに日頃から不満を感じていた。 続きを読む

  • デベロッパーがデプロイの面倒から解放されるソフトウェア開発モデル

    デベロッパーがデプロイの面倒から解放されるソフトウェア開発モデル

    三大ベネフィットは、1)インフラストラクチャのセットアップの自動化、2)デベロッパーがデプロイで悩まなくてよいこと、3)コードを書くことと並行してトレーシングが行われることだ。 続きを読む

  • 問題のある継続的デリバリーのビルドを自動的にロールバックするHarnessの新しいツール

    問題のある継続的デリバリーのビルドを自動的にロールバックするHarnessの新しいツール

    CI/CD(継続的インテグレーション/継続的デリバリー、continuous integration/continuous delivery)に移行すると、デプロイしたビルドのモニタリングや問題解決が忙しくなる。 続きを読む

  • Hasuraがサーバーレスの開発を単純化するオープンソースのイベントシステムを発表

    Hasuraがサーバーレスの開発を単純化するオープンソースのイベントシステムを発表

    主にPostgresデータベースまわりのデベロッパーツールを作っているHasuraが今日、新しいプロダクトを公開アルファで披露した。それは、プログラマーがサーバーレスのアプリケーションを迅速かつ効率的に作れるためのツールだ。 それは、Postgres上のオープンソースのイベントシステムにより、ファンクションをより簡単に書けるようにする。そのイベントシステムは、データベースが特定の条件に達したらイベントをトリガする。それにより、何かを動かすために大量のコードを書く必要がなくなり、またシステムのスケーラビリティも増す。 続きを読む

  • Google Cloudがアプリケーションパフォーマンスモニタリングのツール集を提供

    Google Cloudがアプリケーションパフォーマンスモニタリングのツール集を提供

    Googleのクラウドプラットホームでは、社内用に作ったツールやサービスがGoogleのプロダクトとして顧客に公開提供されることが多い。今日(米国時間3/28)同社は、その一環として、Google Cloud Platformの上でアプリケーションを構築するデベロッパーにとって重要な、アプリケーションのパフォーマンス管理(application performance management)ツール集Stackdriver APMを発表した。 続きを読む

  • Cloudflareが自分のグローバルネットワークへのアクセスを提供して真のエッジコンピューティングを可能に

    Cloudflareが自分のグローバルネットワークへのアクセスを提供して真のエッジコンピューティングを可能に

    ますます多くのコンピューティングがエッジへ移行して行くに伴い、プログラマーはレイテンシーを減らしパフォーマンスを上げるために、ユーザーになるべく近いコンピューティングパワーにアクセスしたい、と願っている。今日(米国時間3/13)Cloudflareが発表したCloudflare Workersは、そんなデベロッパーたちがCloudflareのネットワークのエッジで直接実行されるコードを、書けるようにする。 続きを読む

  • Atlassianが全デベロッパーツールをワンセットにしたAtlassian Stackを年会費制でローンチ

    Atlassianが全デベロッパーツールをワンセットにしたAtlassian Stackを年会費制でローンチ

    Atlassianが今日(米国時間6/13)、Atlassian Stackという、新しい会員制のサービスを立ち上げた。それは、同社がホストしているデベロッパーツールをすべてまとめたサービスで、会費は1000ライセンスにつき年額18万6875ドルだ。これにより企業の調達担当は仕事が楽になり、費用削減にもなる(一見、高いけど!)。個々のプロダクトの会員ユーザーになるよりも、Atlassian Stackの会員になるとデベロッパーツールのすべてを手早く利用できて簡単なのだ。 続きを読む

  • Atlassianの主力製品はクラウドのユーザーと自前のデータセンターのユーザーの二股をかける

    Atlassianの主力製品はクラウドのユーザーと自前のデータセンターのユーザーの二股をかける

    Atlassianは、クラウドとデータセンター両者の、いわゆる‘良いとこ取り’を考えていて、今日(米国時間10/12)行われたAtlassian Summitでは、同社のデータセンター+クラウド方式を拡大する新製品を発表した。 今は企業ITのクラウドへの移行が進んでいるから、そんな中で、クラウドとオンプレミスの二股を張るのは奇妙にも見えるが、しかしAtlassianから見れば、そんなハイブリッド方式こそが、未来のリスクに対する正当なヘッジなのだ。 続きを読む

  • ソフトウェアの配布過程を自動化するJFrogが$50Mの巨額を調達して飛躍を目指す

    ソフトウェアの配布過程を自動化するJFrogが$50Mの巨額を調達して飛躍を目指す

    オープンソースのソフトウェア配布ツールを作っているJFrogが今日(米国時間1/20)、5000万ドルの資金調達を発表した。これまで同社は二回のラウンドで1050万ドルを調達していたが、それに比べると5000万は大きな跳躍だ。 投資家はScale Venture Partners, Sapphire Ventures, Battery Ventures, Vintage Investment Partners, Qumra Capital, 参加した既存の投資家はGemini Israel VenturesとVMwareだ。 続きを読む

  • 今がデベロッパプラットホームの時代であるわけ

    今がデベロッパプラットホームの時代であるわけ

    [筆者: James Yu] 編集者注記: ゲスト筆者James Yuは、モバイルデベロッパのためのクラウドプラットホームParseの協同ファウンダだ。彼をTwitterでフォローでき、また彼のブログも読める。 これまで長年、ソフトウェア開発はサーバ中心型設計とクライアント中心型設計のあいだを、行きつ戻りつしていた。そして今日では、iOSやAndroidのようなモバイルプラットホームが支配的になり、サーバとクライアントのどちらにも偏重しないハイブリッドなクライアント/サーバアーキテクチャの時代に入った。 そのデベロッパにとっての意味は、扱う技術がそ… 続きを読む