DevOps(用語)

「開発(Development)」と「運用(Operations)」を組み合わせた用語。開発者と運用者が連携、協力するソフトウェア開発手法の1つ。

  • ChefのHabitatは多様なインフラストラクチャへの対応雑務からアプリケーションデベロッパーを解放する

    ChefのHabitatは多様なインフラストラクチャへの対応雑務からアプリケーションデベロッパーを解放する

    Chefが今日(米国時間6/14)、Habitatをローンチした。それはアプリケーションを、いろんなインフラストラクチャの上でそのまま動けるようにパッケージする、オープンソースのプロジェクトだ。 Habitatは基本的に、アプリケーションを独自の軽量ランタイム環境で包み、それらをどんな環境でも動けるようにする。ベアメタルのサーバー、仮想マシン、Dockerコンテナ(+そのコンテナ管理サービス)、Cloud FoundryのようなPaaSシステム、などなど。 続きを読む

  • コンテナ管理のWeaveworksにGV(元Google Ventures)がシリーズBで$15Mを投資、オープンソースと商用サービスの併立へ

    コンテナ管理のWeaveworksにGV(元Google Ventures)がシリーズBで$15Mを投資、オープンソースと商用サービスの併立へ

    コンテナ管理ツールのWeaveworksが今日(米国時間5/11)、GV(元Google Ventures)がリードするシリーズBのラウンドで1500万ドルを調達したことを発表した。同社へのシリーズAで500万ドルを投資したAccelが、このラウンドにも参加した。同社の調達総額は、これで2000万ドルになる。 Weaveworksは、デベロッパー(dev)とエンタープライズのオペレーション(ops)の両方にとって最新のホットな技術であるコンテナを、管理しモニタしセキュリティを図るための一連のオープンソースのツールを作っている。しかし今回得… 続きを読む

  • Kubernetes/Docker Swarm両方をサポートするコンテナ管理プラットホームRancher LabsがシリーズBで$20Mを調達

    Kubernetes/Docker Swarm両方をサポートするコンテナ管理プラットホームRancher LabsがシリーズBで$20Mを調達

    KubernetesとDocker Swarmの両方をサポートするコンテナ管理プラットホームRancher Labsが今日(米国時間5/9)、シリーズBで2000万ドルを調達したことを発表した。このラウンドをリードした同社の新しい投資家は、中国の投資企業GRC SinoGreenで、既存の投資家MayfieldとNexus Venture Partnersも参加した。これで同社の資金調達総額は3000万ドルになる。 新たな資金は、営業とマーケティングの強化および、ユーザーの要望に合わせての製品の改良に充てられる、という。 続きを読む

  • コンテナ化したアプリケーションの総合的一元的管理コンソールDocker DatacenterをDockerが提供

    コンテナ化したアプリケーションの総合的一元的管理コンソールDocker DatacenterをDockerが提供

    Dockerが今日(米国時間2/23)、Docker Datacenter(DDC)と名付けた新しいコンテナコントロールセンター(管理者用総合コンソール)を発表した。ユーザー企業は、規模の大小を問わず、このアドミンツールを使ってコンテナの作成や管理、それに配布をコントロールできる。 DDCは、同じく今日発表されたDocker Universal Control PlaneやDocker Trusted Registryなど、さまざまな商用製品で構成されている。また、一部には、Docker Engineのようなオープンソース製品も使われている。DDCの… 続きを読む

  • Walmartがオープンソースのクラウド&アプリケーション管理プラットホームOneOpsをローンチ

    Walmartがオープンソースのクラウド&アプリケーション管理プラットホームOneOpsをローンチ

    Walmart(そう、あのWalmart)が、クラウドとアプリケーションのライフサイクル管理のためのDevOpsプラットホームOneOpsを、オープンソースでローンチする。Walmart Labsが開発したそれは、アプリケーションをよりはやく書いてローンチし、それらのメンテナンスをより容易にすることがねらいだ。 そのサービスをオープンソースにすることは、昨年発表されていた。 続きを読む

  • Chefが企業におけるコンプライアンステストの自動化のためにドイツ企業を買収しツールを開発

    Chefが企業におけるコンプライアンステストの自動化のためにドイツ企業を買収しツールを開発

    Chefは、ソフトウェアやインフラストラクチャの構成や管理、それらの自動化で企業を助けてきた。その同社が今日(米国時間11/3)、同様の自動化サービスをコンプライアンスにおいて提供するための発表をいくつか行った。 まず同社は、ドイツのコンプライアンスとセキュリティの企業VulcanoSecを買収したことを発表した。実際に買収が行われたのはこの夏だが、発表を今日行った、という。買収の条件等は公表されていない。 同時に同社は、VulcanoSecのコンプライアンス技術(コンプライアンステストの自動化やメンテナンス)をChefに統合することを発… 続きを読む

  • 全体を正しく管理したいITと自分の仕事だけしたいデベロッパ…両者を同期させるGitベースのツールGitSwarmをPerforceが発表

    全体を正しく管理したいITと自分の仕事だけしたいデベロッパ…両者を同期させるGitベースのツールGitSwarmをPerforceが発表

    PerforceがGitLabをベースとする新製品GitSwarmをローンチした。これは、デベロッパがもっぱら自分のコードだけに対して仕事をし、一方同時に、ITの管理部門はコードベースの全体を一望できる、というツール、すなわち、誰もが自分の職分に応じた仕事ができるプロジェクト管理環境製品だ。 Perforceのグローバルマーケティング担当VP Chris Hooverはこう説明する: “このプロダクトのメリットは、Perforceが従来から得意とする全体的(集中管理的)なワークフローと並行して、各デベロッパが自分のコーディング等を… 続きを読む

  • Microsoftが企業のDevOps的実践を支援するツールとドキュメンテーション(eブック)をローンチ

    Microsoftが企業のDevOps的実践を支援するツールとドキュメンテーション(eブック)をローンチ

    Microsoftが今日、企業のデベロッパやITスタッフ、あるいは開発専門のデベロッパショップによる、DevOps的実践を支援する新しいプロジェクトを発表した。そのひとつは、開発実践の改良策を提案する自己評価ツール、もうひとつは、この分野におけるMicrosoft自身の過去数年間の知見を綴ったeブックだ。 続きを読む

  • Visual Studio 2013の三度目のアップデートではGitベースの開発をより優遇、Azureの統合も充実

    Visual Studio 2013の三度目のアップデートではGitベースの開発をより優遇、Azureの統合も充実

    MicrosoftのVisual Studioは、だいたい二年ごとにニューバージョン、あいだにサービスパック、というパターンを守ってきたが、しかしVisual Studio 2013以降は、アップデートのペースが早くなった。そして今日Microsoftは、Visual StudioとTeam Foundation Server 2013の三度目のアップデートをリリースした。前回のアップデートはVisual Studioのクロスプラットホームな開発機能の強化が中心だったが、今日のローンチはIDE本体の機能に力が向けられたようだ。 続きを読む