Digg

  • ‘ニュースのまとめ屋’DiggがSlack用のボットをローンチ、ほかのメッセージングアプリにももうすぐ

    ‘ニュースのまとめ屋’DiggがSlack用のボットをローンチ、ほかのメッセージングアプリにももうすぐ

    ニューズアグリゲーターのDiggも最近はやや影が薄くなっているが、それでも今なお、科学とテクノロジーやインターネット上の口コミ情報など、いろんなカテゴリーのおもしろくて厳選されたニュース記事やビデオを提供している。そして今度からは、そんな同社のニュースサービスを、メッセージングやコミュニケーションのアプリから見ることができるようになる。その手始めはSlackで、ユーザーはSlackを使ってる状態のまま、Diggのホームページへ行かなくてもDiggを楽しめる。 そのいわゆるボット、DiggBotのローンチは、本誌TechCrunchなども… 続きを読む

  • Digg(およびDigg Reader)のAndroid版アプリケーションが登場

    Digg(およびDigg Reader)のAndroid版アプリケーションが登場

    ソーシャルニュースサービスおよびGoogle Readerの代替としてのDigg Readerを提供しているDiggが、Androidアプリケーションをリリースした。Digg.comで提供されているサービスと、Digg Readerの機能が提供され、またFacebook、Twitter、Tumblr、Google+などのサービスとも連携させることができる。 続きを読む

  • iOS版Digg Readerアプリケーションが、いよいよApp Storeで公開中

    iOS版Digg Readerアプリケーションが、いよいよApp Storeで公開中

    Google Readerがシャットダウンしてしまう7月1日がいよいよ近づいてきた。そんな中、RSSが大好きな人々のためのDigg ReaderのiOS版アプリケーションがiTunesストアに登場した。Android用アプリケーションの方は、3週間ないし4週間のうちにデビューする予定なのだそうだ。 続きを読む

  • Digg曰く、開発中のGoogle Reader代替ツールはRSSリーダー「以上」を目指す

    Digg曰く、開発中のGoogle Reader代替ツールはRSSリーダー「以上」を目指す

    DiggがGoogle Readerの代替プロダクトを開発中であることは既にご存知だろう。この度Diggは寄せられるコメントに応える形で、自社ブログに開発の目的などを掲載していた。その記事によると、まず4つの柱があるのだとのこと。柱とはすなわち、シンプルであること、軽快に動作すること、デバイス間で同期がとれること、そしてもちろんGoogle Readerからのインポートが簡単に行えることだ。但し、Diggとしてはこの要望を実装するReaderクローンの制作で満足するつもりはないようだ。将来的には、ソーシャルメディアやReddit、Hack… 続きを読む

  • 栄枯盛衰―Web2.0の寵児DiggがBetaworksに買収(しかし、いくらなんでも50万ドルではないもよう)

    栄枯盛衰―Web2.0の寵児DiggがBetaworksに買収(しかし、いくらなんでも50万ドルではないもよう)

    bit.ly、news.me、Chartbeatなど多数の人気サービスを運営するBetaworksがソーシャル・ニュース・サイトのパイオニア、Digg.comを買収した。 金額は明らかにされていない。Betaworksのファウンダー、John BorthwickがDiggのCEOを兼ねることになる。Diggの現CEO、Matt WilliamsはBetaworksの買収手続きが完了次第、Andreessen Horowitzに客員起業家(Entrepreneur inResidence)として参加する予定だという。Diggのファウンダー、Kev… 続きを読む

  • GoogleがDiggのファウンダー、ケビン・ローズとMilkチームを獲得―ソーシャル戦略ますます強化へ

    GoogleがDiggのファウンダー、ケビン・ローズとMilkチームを獲得―ソーシャル戦略ますます強化へ

    AllThingsDによれば、Diggのファウンダーでスーパー起業家のケビン・ローズがGoogleに加わるという。いや、Googleに参加するのはケビンだけでなく、彼のMilkチームの全員だ。つまりGoogleは人材獲得のためにMilkを買収した。 GoogleはMilkのOinkアプリ、ないしそのテクノロジーに興味があったわけではないらしい。噂によればローズのチームはGoogleが最近ますます力を入れているソーシャル戦略の柱の一つになるという。 続きを読む

  • さらば、Digg

    さらば、Digg

    シリコンバレーのスタートアップは年老いた将軍に似ている。もはや死ぬことはなく、尽きることのないベンチャー資金とそこそこの収入という救命ボートに乗って浮かび続ける。次第に消えゆき、最後にはかつて彼らが持っていた希望の影ともいえる資産を目当てに買収される。Diggがその道をたどり始めていることは明白だ。 まだ会社は死んでいないが、ここしばらくの間影は薄く、その魂はすでに去っている。もはや会社はどうなっておかしくない。とどめは・・・ファウンダーのKevin Rose ― Diggにとって長年偉大な資産だった ― が去りつつあることだ。 続きを読む

  • 関連性(Relevance)の時代の幕開け

    ソーシャル・ネットワークにおける「次の大きな波」はいったい何になるのだろう? テクロジー愛好家の間でこの問題は長年熱心に議論されてきた。われわれはすでにパラダイムシフトの兆候を目前にしていると思う。単純なソーシャル共有から個人化された関連性の高い(relevant)コンテンツへの移行だ。 「次の波」を占う上でカギとなる要素は、「ソーシャルグラフ(Social Graph)」を補う「関心のグラフ(Interest Graph)」だ。Facebook、Twitter、Googleといったメジャー・プレイヤーもすでに「関連性の高いコンテンツ」の提供… 続きを読む

  • セレンディピティーの神話

    セレンディピティーの神話

    編集部注:Henry “Hank” Nothhaft, Jr.は、Trapitのファウンダー兼CMOで、同社のウェブコンテンツ用バーチャルパーソナルアシスタントは、SRIおよびCALOプロジェクトから生まれ、現在はまだベータテスト中だ(Appleに買われた会話型検索エンジンのSiriもCAROプロジェクト発) 最近のメディアおよびテクノロジー業界に現れてきた興味深いコンセプトに「セレンディピティー」がある ― 本人が頼みもしないのに欲しいものが出てくることだ。 この一見ありふれた要求にもかかわらず、セレンディピティーの概念は… 続きを読む

  • Digg、Android版ネイティブアプリケーションを提供開始

    Digg、Android版ネイティブアプリケーションを提供開始

    DiggがAndroid版のネイティブアプリケーションの提供を開始した。アプリケーションでは、他の人のコメントを評価する等、基本的機能をサポートしている。このAndroid版は、かなりの人気を集めたiPhone版アプリケーションに遅れること1週間で登場したことになる。Android Marketには外部から特定のアプリケーションにリンクを張る方法が用意されていないので、直接リンクは張れない。利用しているプラットフォームからAndroid Marketを開いて「Digg」で検索すればアプリケーションが見つかるはずだ。また、下に掲載しているQ… 続きを読む

  • Diggのトラフィック下落、Twitterの半分に

    Diggのトラフィック下落、Twitterの半分に

    この1年間の大部分においてDiggは好調で、ユーザー数を増やし、Facebook Connectを加え、サイトを高速化し、Digg Trendsなどの新機能を投入し、重要な幹部を採用した。 しかしこの勢いも、2009年9月の全世界ユニークビジター数3200万人をピークに、停滞している。comScoreの調査による。11月の全世界ビジター数は、15%減の2700万人で、これはTwitter.comを訪れた人数の約半分だ。Diggは、3月にTwitterに抜かれている(下図参照)。 続きを読む

  • Digg, Twitter, Facebookの成長を振り返る―どうしても1つ選ぶとすれば?

    Digg, Twitter, Facebookの成長を振り返る―どうしても1つ選ぶとすれば?

    Diggがウェブ上でわれわれの集団的想像力をもっともかきたてる存在だったのはそう遠い昔のことではない。事実、Googleは昨年、Diggの買収を真剣に検討したくらいだ―ただし土壇場で止めたが。Diggこそニュースの未来形だ。クラウドソーシングされた民主的な情報チャンネルだ。ニューヨークの高層ビルの奥の院にいる内心ではネットを忌み嫌っている年寄りの権力者ではなく、大衆自身が何が重要なニュースかを決めるのだ…というような盛り上がり方だった。 しかし、今ではDiggのオーラは消えてしまった。もちろん今でもDiggは膨大なトラフィックを集めてい… 続きを読む

  • いったいTweetMemeの規模はどの程度なのか、なぜそれが問題なのか?

    いったいTweetMemeの規模はどの程度なのか、なぜそれが問題なのか?

    TweetMemeが、Compete.comによる月間ユニーク訪問者で1800万人と、かなり堅実に伸びている件について、いろいろ噂が絶えない。この数字は、LinkedInやgmail.comという有名どころの、それぞれ1500万人、900万人というユニーク数を上回っている。事実Competeによると、現在Tweetmemeはインターネットで68番目に大きいサイトである。 TweetMemeとは何をするところか? ここは、他のサイトに「retweet」ボタンを付けて、読者が簡単に記事のリンクをTwitterに送れるようにするサービスだ。われ… 続きを読む

  • 広告のクリック数を稼ぐDiggの新(珍?)手法–過去の人気コンテンツを広告の素材に

    広告のクリック数を稼ぐDiggの新(珍?)手法–過去の人気コンテンツを広告の素材に

    先週本誌は、スポンサーが前に載ったコンテンツを見つけてそれを自分の広告で包むという、新しい種類の広告をDiggがテストしていると報じた。そして今朝(米国時間10/16)、そういう広告の初物が実際にDiggに登場した。なかなか、グレートなアイデアのようだ。 ぼくも実際に見るのは今朝が初めてだから、広告中のかんじんのDiggのコンテンツ部分がスポンサー(広告主)にリンクしてるのか、それともコンテンツ本体にリンクしてるのか、これまではよく分からなかった。実はそれは、元のコンテンツ本体(Diggの記事)のパーマリンクのページにリンクしているだけ… 続きを読む

  • Diggもスピードを重視へ

    Diggもスピードを重視へ

    ウェブが成熟するにつれ、起きるべきことが起きていくのはよい傾向である。サービスに新機能を詰め込むのではなく、サービスの性能を改善することに集中する。最近これを実践しているのがDiggだ。 今日(米国時間10/8)のブログでDiggのエンジニアリング担当VPのJohn Quinnが、Diggのサイト高速化への取り組みについて書いている。例えば、CSSやJavaScriptといった静度リソースをコンテンツ配信ネットワーク(CDN)に移行することや、今より高性能の分散データベースに切り換えることなど。しかし、最大の変更の一つはあまりに小さすぎて… 続きを読む

  • 新聞はもはや「なんでもあり(ミニ総合メディア)」が売りではなく、Web上で良質な記事が評価される時代

    新聞はもはや「なんでもあり(ミニ総合メディア)」が売りではなく、Web上で良質な記事が評価される時代

    また同じ話の蒸し返しだ。新聞業界は、新聞社の業績低迷をインターネット上のニュース集積サイト(news aggregators, ニューズアグリゲータ)のせいにして非難し、リンクから成る世界と、今やどこへでも飛んでいける翼を得た情報への、適応を怠っている(彼らはネット上の情報の自由な流れを毎日の記事の制作に利用しているのに、自分のとこから出ていく情報に関しては「どけち」を貫き、蟻一匹出すまいとする)。 木曜日(米国時間8/13)にpaidContentが、メディアコンサルタントArnon Mishkinの“リンク経済というウソ… 続きを読む

  • Retweet.com、キラードメインを獲得してTweetMemeに挑戦

    Retweet.com、キラードメインを獲得してTweetMemeに挑戦

    TechCrunchでも採用した緑色をしたretweet用ボタンはウェブ中に広がり、これによりTweetMemeのアクセス数も大いに伸びた。あまりにメジャーになり、既にデファクトの地位を獲得したようにすら思えるかもしれない。ただ、この人気にチャレンジしてくるサービスも出てくるようだ。そのひとつはRetweet.comという、完璧過ぎる名前を持つことになりそうだ。 現在のところ、Retweet.comには「間もなくサービス開始」と記したトップページがあるのみだ。サービス内容がどのようなものになるのか、詳細は誰にもわからない。しかしTwee… 続きを読む

  • DiggBarの仕様変更はそのまま。もうURL短縮サービスではない

    DiggBarの仕様変更はそのまま。もうURL短縮サービスではない

    日曜日(7/19)にお伝えしたあのDiggBarの仕様変更が、このまま続くことになりそうだ。今日中にDiggから発表があるはずだ。 われわれが初めてDiggBarのことを聞いたのは2月のことで、スタートしたのは4月だった。当時Diggは、これをURL短縮サービスであると言っていた。即ち、長いURLを短く変換して、TwitterやFacebookなどのサービスで使いやすくするものだった。ただしDiggでは他のサービスと異なり、その記事のDiggの統計情報の入った自社のツールバーをページの上部に置いた。本来のURLのページはiframeの中… 続きを読む

  • 日本の「お弁当」をヒントにBit.lyがややデザインを一新

    日本の「お弁当」をヒントにBit.lyがややデザインを一新

    ホームページを変えようとしているのはYahooだけじゃない。URL短縮サービスBit.lyも今日(米国時間7/20)、メインサイトをやや変えた。Twitterを強く意識したものになったのは、意外ではないね。 Bit.lyのブログの記事によると、新デザインは”Bento Box(弁当箱)”と呼ばれる。それは、日本で食べ物を入れるためによく使われる容器の名前だ。そう名付けた理由は、今度のホームページは主な機能ごとにはっきり区切られた形になっているからだ。それらは、リンクの短縮、カスタムURL、Twitterへの投稿、ほ… 続きを読む

  • DiggのKevin Rose、DiggBarの変更に不快感

    DiggのKevin Rose、DiggBarの変更に不快感

    われわれは今日(米国時間7/19)、Diggが同社のURL短縮サービスであるDiggBarのURLリダイレクト方法を変更したことを報じた。同サービスのユーザーは喜んでいない。リンクが記事そのものではなく、Diggの記事要約ページに飛んでしまうことがあるのだ。あたり一面に「おとり商法」の言葉が踊り、Diggのファウンダー、Kevin Roseが事態の収拾に動き始めた。 変更前は、短縮URLが目的地のURLを指していた(例)。クリックした人がログイン中のDiggユーザーであれば、画面上端にDiggツールバーが現れ、その記事の統計データやDig… 続きを読む