disability

  • VR技術が老眼を救う

    VR技術が老眼を救う

    目の前1インチのところに仮想現実世界を描いて見せるVR技術が、現実世界のスマート眼鏡を生み出すことになるかもしれない。開発中のデバイスは「Autofocals」という名前で、これを使えば視力の低下によりもたらされる問題を解決することができるよ。深度センサーおよび視線追跡機能を利用して、自力で焦点調節をできない人が、正しく物を見ることをサポートする。スタンフォードの研究者たちが手がけるもので、現在のところはプロトタイプ段階だ。 続きを読む

  • 9歳の少年、先生のために3Dプリンターで電動義手を作る

    9歳の少年、先生のために3Dプリンターで電動義手を作る

    Calramon Mabalotは、ちょっとした少年だ。3Dプリンターが大好きで、兄と一緒に数多くのプロジェクトを作った ― 3Dプロジェクトで出会った先生のための電動義手も。Mabalotは3DPrintingIndustryのインタビューに答えて、指の関節付きの電動義手をどうやってデザイン、制作したかを話した。 なぜ3Dプリントで義手を作りたいと思ったのか?「作り方を知りたかったから」とMabalotは答えた。 📣Project Update: [P6.3] @Enablethefuture #3dprinting #Prosthetic #flexy… 続きを読む

  • 今度は先天的に後ろ足が奇形の猫が3Dプリントで正常に歩けるように

    今度は先天的に後ろ足が奇形の猫が3Dプリントで正常に歩けるように

    猫のVincentは生まれつき後ろ足の脛骨がなくて歩けず、誰かがそのキャンプ場で見つけてくれなかったら、幼い子猫のまま死んでいただろう。アイオワ州立大学のMary Sarah Bergh博士も、診療に訪れたVincentを見捨てることなく、3Dプリントで猫用の脚を作った。 実際にVincentの後ろ足を設計して作ったのは、Bergh博士の相談を受けたBiomedtrix社だ。そのチタン合金製の義足は、猫の成長に合わせて調整できる。 続きを読む

  • 数々のイノベーションを喚起したアメリカ障害者法–全国でその制定20周年が祝われる

    数々のイノベーションを喚起したアメリカ障害者法–全国でその制定20周年が祝われる

    [筆者: Lora Kolodny] Americans with Disabilities Act(ADA)(アメリカ障害者法)は、今日で制定20周年を迎える。この法律は、社会および技術系企業に対し、すでに興味深い形で影響を与え、今なおその影響を広げつつある。 最近の例を一つ挙げよう: 連邦政府は全国の学校、とくにプリンストン大学とアリゾナ州立大学に対して、eリーダー、具体的にはAmazonのKindle DXの使用を学生たちに義務づけることを、そのデバイスが”アクセサブル(accessible)”になるまで見送るよう、勧奨し… 続きを読む