差別(用語)

差別に関連する記事一覧

  • スタンフォード大とデューク大が投資家と企業幹部の多様性教育を推進する認証プログラムに参加

    スタンフォード大とデューク大が投資家と企業幹部の多様性教育を推進する認証プログラムに参加

    テック業界の多様な企業創設者の育成と支援を目的に、ノースカロライナ大学のKenan Flagler Entrepreneurship Center,(ケアンフラグラー起業家精神センター)、Opportunity Hub(オポチュニティー・ハブ:OHUB)、100 Black Angels & Allies(ブラック・エンジェルズ・アンド・アライズ)ファンドによって結成されたパートナーシップに、デューク大学とスタンフォード大学という強力なパートナーが加わった。 続きを読む

  • 米国のVC業界に急増するアジア人差別と戦う動き

    米国のVC業界に急増するアジア人差別と戦う動き

    長年のベンチャーキャピタリストであるハン・トゥン氏は体格が大きい。これが命を救ってきたかもしれない。トゥン氏は1984年に米国ロサンゼルスにやって来た台湾系米国人第1世代で、14歳だった同氏にとって当時は不安な時代だった。 続きを読む

  • 顔認識技術のKairosを追い出された創業者ブラッキーン氏が諮問委員として復帰、偏向問題に取り組む

    顔認識技術のKairosを追い出された創業者ブラッキーン氏が諮問委員として復帰、偏向問題に取り組む

    顔認識のスタートアップ企業Kairosの創業者で、2018年に更迭された元CEOのブライアン・ブラッキーン氏が同社に復帰した。ブラッキーン氏は現在、同社の科学諮問委員会の議長を務めており、顔認識技術による人種的偏見の問題を解決し、排除することに貢献しようとしている。 続きを読む

  • 誰もが資本を獲得し起業家精神を持てる社会を目指すことが最後の公民権運動

    誰もが資本を獲得し起業家精神を持てる社会を目指すことが最後の公民権運動

    人間にとって環境と背景はいつでも重要だ。俯瞰的に見ると、私には次のような持って生まれた特権があった。男性であること、世界で最も力のある国にその歴史上最も繁栄している時代に生まれたこと、両親はどちらも大学を出ていること、中流階級の隣人に囲まれていることなどだ。 続きを読む

  • 「もう黙っていない法」で守秘義務合意があっても虐待や嫌がらせを告発可能に

    「もう黙っていない法」で守秘義務合意があっても虐待や嫌がらせを告発可能に

    元Pinterestの社員で、同社を人種的および性的差別で訴えたイフェオマ・オゾマ氏が、職場で差別や嫌がらせを経験している人たちに力をつける新しい法案の作成でカリフォルニア州上院議員コニー・レイバ氏らに協力している。 続きを読む

  • Salesforceの元マネジャーが同社内の「自覚なき差別」と不平等を告発

    Salesforceの元マネジャーが同社内の「自覚なき差別」と不平等を告発

    Salesforceの元デザイン研究上級研究員で2021年2月始めに退社したシンシア・ペリー氏は、自身の辞職届けをLinkedInに掲載し、彼女に対する会社の不快な対応を詳細に記した。Protocol誌が最初に報じた。文中、ペリー氏は黒人である彼女が在籍中「無数のマイクロアグレッション(自覚なき差別)と不平等な扱い」を経験したことを訴えた。 続きを読む

  • グーグルが給与差別の申し立ての決着で社員らに対し2.7億円近くを支払う

    グーグルが給与差別の申し立ての決着で社員らに対し2.7億円近くを支払う

    Googleは、その給与や雇用に見られる体質的な差別への訴えに関する米国労働省との決定事項の一環として、5500名あまりの現社員およびこれまでの求職応募者に対し259万ドル(約2億7000万円)の支払いを行うことで合意に達した。 続きを読む

  • リモート試験の監視システムには「さらなる透明性が必要」と米上院議員が指摘

    リモート試験の監視システムには「さらなる透明性が必要」と米上院議員が指摘

    新型コロナウイルス感染症(COVID-19)流行のために遠隔試験を受けざるを得ない学生たちから、公正さに問題があるという主張が続く中、試験監督システムを手がける大手3社は、透明性の向上が求められている。 続きを読む

  • アップルが104億円を投じる「人種の公平性と正義のためのイニシアチブ」関連の新たな取り組みを発表

    アップルが104億円を投じる「人種の公平性と正義のためのイニシアチブ」関連の新たな取り組みを発表

    2020年6月、Apple(アップル)は「人種の公平性と正義のためのイニシアチブ(REJI)」に1億ドル(約104億円)を投じた。このイニシアチブを主導しているのは、アップルの環境、方針、社会的イニシアチブ担当バイスプレジデントであるリサ・ジャクソン氏だ。アップルは米国時間1月13日、このイニシアチブの一環として、いくつかの新たな取り組みを発表した。 続きを読む

  • イタリア地裁がDeliverooの配達員ランキングアルゴリズムに対し「差別的」と判決、賠償命令

    イタリア地裁がDeliverooの配達員ランキングアルゴリズムに対し「差別的」と判決、賠償命令

    イタリアの地裁は、3つの労働組合が起こした訴訟において、純粋なアルゴリズムによるマネージメントに打撃を与えた。ボローニャ裁判所は、オンデマンドフードデリバリープラットフォームDeliverooで使用されていた評判ランキングアルゴリズムは、地元の労働法に違反してギグ配達労働者を差別したと裁定した。 続きを読む