ディスプレイ(用語)

ディスプレイに関連する記事一覧

  • Dellの40インチ曲面モニターはホームオフィスのコマンドセンターに最適

    Dellの40インチ曲面モニターはホームオフィスのコマンドセンターに最適

    Dellは2021年のキックオフを、さまざまなスイートスポットに狙いを定めた新しいディスプレイのラインアップで飾った。Dell UltraSharp40 曲面WUHDモニターは、39.7インチの画面領域があり、解像度は5120×2160ピクセル。これは通常の32インチワイドスクリーンディスプレイでは4K解像度の画素密度に相当する。 続きを読む

  • レノボの最新オールインワンデスクトップは縦横回転モニター付き

    レノボの最新オールインワンデスクトップは縦横回転モニター付き

    縦横回転ディスプレイ付き一体型パソコンを世に出すのはLenovoに任せておこう。それがこの会社のやり方だ。必ずしも必要不可欠でも実用的でもないが、決しておもしろくないわけではない。この手のかなり安定した製品カテゴリーでの、少々風変わりなことをチャレンジは大賛成だ。 続きを読む

  • Dellの新型ディスプレイは飛び出すカメラとTeamsボタンでビデオ会議に対応

    Dellの新型ディスプレイは飛び出すカメラとTeamsボタンでビデオ会議に対応

    Dellの新型ディスプレイは、ビデオ会議に対応したシンプルだが頼りになるソリューションを求める声の高まりに応じるものとなった。賢い飛び出し式のカメラと、さらにあまり賢くないTeamsボタンを備えている。この新型ディスプレイにはいくつもの進歩的な機能が盛り込まれているが、それでもオフィスでの使用をしっかり念頭に置いて作られている。 続きを読む

  • Looking Glassの次期製品はホログラフィック・デジタルフォトフレーム、写真はiPhoneで撮影

    Looking Glassの次期製品はホログラフィック・デジタルフォトフレーム、写真はiPhoneで撮影

    Looking Glassのテクノロジーは非常にクールだが、とても高価だ。一方でPortraitはブルックリン拠点のスタートアップである同社が生み出した製品の中で、最も技術的に野心的で汎用性の高いものではないかもしれないが、最も入手しやすい製品だ。 続きを読む

  • 窓型スマートディスプレイのアトモフが1.5億円を追加調達、CG制作や世界展開を加速

    窓型スマートディスプレイのアトモフが1.5億円を追加調達、CG制作や世界展開を加速

    窓型スマートディスプレイ「Atmoph Window 2」を製造・開発するアトモフは11月6日、シリーズB2ラウンドとして、出資と融資により合計1.5億円の資金調達を完了した。引受先は、既存投資家のMonozukuri Venturesに加えて、中信ベンチャーキャピタル、また今回初めて個人投資家として、笠原健治氏(ミクシィ創業者)、柄沢聡太郎氏(Almoha LLC Co-Founder CEO)、濱崎健吾氏(米Indiegogo)が加わった。 続きを読む

  • ソニーが1台50万円超の3Dディスプレイを発表、3D作品をヘッドセットなしで見られる

    ソニーが1台50万円超の3Dディスプレイを発表、3D作品をヘッドセットなしで見られる

    米国時間10月15日、ソニーは5000ドル(約52万6000円)の3Dディスプレイを発表した。しかし、おそらくこれは一般ユーザー向けではない 続きを読む

  • TouchWoodは多目的で目立たないインターフェイスを机やテーブルや壁の中に組み入れる

    TouchWoodは多目的で目立たないインターフェイスを机やテーブルや壁の中に組み入れる

    近ごろでは何をするにも対応アプリがあり、それが1日中、音を鳴らしたり光ったりして必死に私たちの気を引こうとする。そんな絶え間ない呼び込みの消耗戦を鎮めたいと考えたTouchWoodは、静かでシンプルなインターフェイスを、デスクや壁などの自然な素材の中に組み入れる。 続きを読む

  • デルの新型32インチ4Kディスプレイ「U3219Q」はホームオフィスのアップグレードに最適だ

    デルの新型32インチ4Kディスプレイ「U3219Q」はホームオフィスのアップグレードに最適だ

    Dell(デル)は、そのディスプレイの質の高さで長い間高い評価を得てきたが、それは最近のモデルでも変わりがなかった。変わったのはむしろ、人々がリモートワークに移行し、より恒久的なホームオフィスの構成オプションに落ち着くにつれて作業用ラップトップを補完する外付けモニタを求める人が増えているということ。 続きを読む

  • Luna Displayがテレプロンプターモードを追加、macOSが類似機能Sidecarを標準搭載後も進化と挑戦を続ける

    Luna Displayがテレプロンプターモードを追加、macOSが類似機能Sidecarを標準搭載後も進化と挑戦を続ける

    私は本当にLuna Displayが好きだ。しかし、アップルが昨年のWWDCでiPadをmacOSのサブディスプレイとして使えるようにするSidecarを発表後、開発元のAstropadにとって2020年は間違いなく辛い時期だった。当時Luna Displayの技術は、アップルのSherlocking(市場需要のリサーチを受けての自社OSへの搭載)の最新の犠牲者と考えられていた。 続きを読む

  • グーグルはより多くのホテルにカメラ非搭載のNest Hub導入を推進、自動チェックアウトやアメニティの依頼などを代行

    グーグルはより多くのホテルにカメラ非搭載のNest Hub導入を推進、自動チェックアウトやアメニティの依頼などを代行

    ここ数年、私が宿泊した部屋の中には、古い30ピンアダプターのiPodの目覚まし時計が付いている部屋が何室があったが、ほとんどのホテルでは新しいテクノロジーの更新は優先順位の高いものではないのは確かのように思える。テレビセットとUSBポート1~2つだけではなく、ちょっとした技術的なおもてなしを提供したいと考えているホテルには、GoogleがNest Hubを提供している。 続きを読む