disqus

  • Facebook、外部サイト用コメントシステムまもなく公開か?

    Facebook、外部サイト用コメントシステムまもなく公開か?

    昨年10月、Facebookがコメント用プラグインを全面改訂するというニュースが駆けめぐった。Disqus、Echo、Livefyreといったコメントサービスのスタートアップは背筋が凍る思いだっただろう。当時本誌に宛てられた声明によると、Facebookは改訂があることを認め、曖昧に「近々さらに発表できることがある」と言っていた。しかし、あれから数ヵ月たった今、何もない。しかし、いよいよ何かが起こりそうだ。 Facebookは、外部の第3者サイト向けの本格的コメントシステムを発表直前であると、CNETのCaroline McCarthyが… 続きを読む

  • コメントサービスのDisqus、月間閲覧者2億人―UIをリニューアル、有料付加サービス、新APIを提供開始

    コメントサービスのDisqus、月間閲覧者2億人―UIをリニューアル、有料付加サービス、新APIを提供開始

    まずいくつか数字を挙げておこう。Quantcastのデータによると、コメントサービスのDisqus(ご覧のとおり、われわれも利用している)は、月間延べ2億人に閲覧されているという。つまり6ヶ月でトラフィックが倍増したことになる。ユニーク訪問者は9500万人、アメリカでは第4位のネットワークとなった。Disqusを利用しているサイトやコミュニティーは50万を超え、1800万人のプロフィールが登録されている。月間投稿数は1億6000万だ。 この急成長を受けて、今日(米国時間11/17)、Disqusは新しい一歩を踏み出した。この新バージョン… 続きを読む

  • ブログなどの悪質コメントを撃退するLivefyreに投資家たちの期待も大

    ブログなどの悪質コメントを撃退するLivefyreに投資家たちの期待も大

    Webサイトに書き込まれるコメントは、今やひどい状態だ。訪問者の比較的多いサイトは、だいたいどこでもひどい。たまに良質なコメントもあるが、多いのはジョーク、アホ発言、単なるイジメ、などだ。Webは対話のための偉大なメディアだと考えると、この状態は放置できない。そこでLivefyreが、対策に乗り出そうとしている。 Livefyreが昨年12月に非公開ベータで立ち上がったときは、”知的な会話のスレッドを作る”をテーマにしていた。ただし取り上げる対象のほとんどは、Twitter上のトピックだった。CEOのJordan… 続きを読む

  • 近いうちにブログコメントは全部Facebook(またはGoogle)のものになる

    近いうちにブログコメントは全部Facebook(またはGoogle)のものになる

    コメント用ログインシシテムの種類が多すぎる。ブロギングプラットホーム(Wordpress、Typepad、Blogger)がそれぞれ自前のログインシステムを持っているのに加えて、DisqusやJS-KITといったクロスプラットホームのコメントシステムがある。しかし、まもなくこの殆どがFacebook ConnectかGoogleのFriend Connectに明け渡されることになるだろう。 私が言っているのは、ログインに使うIDのことだけであって、コメント付けシステムそのものではない。ここTechCrunchでは、コメントを残したい人みんな… 続きを読む

  • コメントシステムのDisqus、インタフェースを刷新しローカルサーバへの自動バックアップも実現

    コメントシステムのDisqus、インタフェースを刷新しローカルサーバへの自動バックアップも実現

    ブログのコメント機能を拡張するDisqusが、新機能を搭載し、WordPress用の新たなプラグインを準備して、開発者向けにはAPIを拡充し、そしてメインサイトでのUIを刷新して2.0となった。 Disqusはブログへのコメントをリモートで保存するので、Disqusの利用をやめるときに困ってしまうというのが大きな関心事だった。Disqus 2.0のWordPress用プラグインでは、コメントを自動的にローカルのWordPressのデータベースと同期することで、利用停止時の問題に対応した。Disqusを利用している限りはブログへのコメントは… 続きを読む

  • Disqusが、Fred Wilsonとエンジェルから50万ドルを調達

    Disqusが、Fred Wilsonとエンジェルから50万ドルを調達

    ブログコメントシステムのDisqusが、シリーズAで$500,000(50万ドル)を調達した。出資したのはUnion Square Ventures(Fred Wilson)、Naval Ravikant、Howard Lindzon、Aydin Senkutら。Union Squareの出資は、Fred Wilsonがこのサービスを激賞してきた様子を考えると不思議はない。Wilson本人のブログを含め、Disqusは現在4000以上のブログで使用され、6万人近いコメンターがいる。 このサービスは、ブログのコメント機能に、スレッド、スパムフィルター、コ… 続きを読む

  • より良いコメントシステムづくりを目指すSezWho、大金$1Mを調達

    より良いコメントシステムづくりを目指すSezWho、大金$1Mを調達

    DisqusとIntense Debateスタートの熱気がまだ冷めないが、コメントシステムのSezWhoが、シリーズA投資ラウンドで$1M(100万ドル)をKPG Venturesから調達、サービス内容をアップグレードした。現在、コメント投稿者コミュニティの改善を目指すスタートアップ企業各社からなる少数グループ中、SezWhoは、今回の資金調達を以て最も豊富な資金を得た企業となる。コメントの質をどのように向上させるかというビジネスは、どういういわけかあっと言う間に激戦区となった。今回の資金調達は開発をスピードアップするためにちょうど良いタ… 続きを読む

  • Intense Debateのコメントシステムが公開ベータ。さらにオープンに

    Intense Debateのコメントシステムが公開ベータ。さらにオープンに

    これでブログコメント欄でのバトルがいよいよ激烈になる。今日、TechStarのIntense Debateが公開ベータをスタート、同時にDisqusもスタートした。 Intense Debateのプライベートベータは以前紹介したが、ベータから変わったのは誰でもサインアップできるようになることだけではない。コメントシステム全体も開放される。 新バージョンには、バプリッシャーが外部のコメントシステムに縛られることで感じる気持ち悪さを軽減するための工夫がいくつか加えられる。システムにはOpenIDのフルサポート、コメントの移行、コメントのフルフィー… 続きを読む

  • Disqusもブログのコメント争奪戦に参入

    Disqusもブログのコメント争奪戦に参入

    ブログも良いものになると調律の優れたフォーラムのようなもので、書き手が調整役として何か投稿して、スレッドを始める。まあ、祭りもあるけどね。 Y Combinatorが育成する新会社Disqusが2ヶ月の調律期間(ベータ)を終え、フォーラム比較を確かなものにするサービスを始める。コメントシステムの最適化を考える大所帯なブログにとっては助かる新サービスだ。 Disqusが提供するのは、ブログのコメントを最適化し、全モデレート可能なコミュニティフォーラムに統合化するjavaスクリプトのエンベッドコード(以下参照)やブログ専用プラグイン(Wordp… 続きを読む

  • Y Combinator Demo Day―この夏のスタートアップが勢ぞろい

    Y Combinator Demo Day―この夏のスタートアップが勢ぞろい

    Y Combinatorが半年毎に開催しているDemo Day秋の陣が、今日(米国時間8/16)Mountain Viewオフィスで行われた。今回は参加が19社もあり、報道関係者とエンジェル投資家候補の前で7分間のエレベーターピッチを見せた。この19社は、この夏の応募期間中に選ばれた。 紹介に続いてPaul Grahamが投資家たちに対して、生後11週間の会社と早く契約を結ぶよう、はっぱをかけていた。 各プレゼンターの印象は以下のとおり(19社のうち何社かには、ここに紹介するのを断わられた) 続きを読む