Disrupt SF 2016

  • RNA配列決定に革新をもたらすバイオテックのAmaryllis

    RNA配列決定に革新をもたらすバイオテックのAmaryllis

    遺伝情報を読み取り記録することは、世界中のどのバイオテック企業においてもその根幹をなす技術だ。よって、その技術が改善すれば、その産業そのものがアップグレードするといってもいいだろう。Amaryllis NucleicsはRNAから遺伝子を転写する技術を飛躍的に向上させることでバイオテック産業の技術革新を目指している。 続きを読む

  • アマチュアでも正確な切削ができるコンピュータービジョンによるCNCマシンShaper Origin

    アマチュアでも正確な切削ができるコンピュータービジョンによるCNCマシンShaper Origin

    誰もが副業(副収入源)を持つ時代になりつつあるようだが、ここでご紹介するShaper Originがあれば、誰もが余暇時間にクールなガジェットを作り、売っていくことができる。このハンドヘルドなCNCマシンでFalcon 9ロケットをホームメイドすることは無理でも、Etsyで飛ぶように売れる小物類なら、何でも作れるだろう。 続きを読む

  • Disruptのステージにロボット登場―Boston DynamicsのCEO Marc Raibertが解説とデモ

    Disruptのステージにロボット登場―Boston DynamicsのCEO Marc Raibertが解説とデモ

    サンフランシスコで開催中のTechCrunch Disruptの参加者は四脚ロボット、Spotがステージに登場して身軽に動きまわったことに驚いた。Boston DynamicsのロボットについてはYouTubeに多数のビデオが投稿されているものの、目の前で実物を見るのはやはり印象が強烈だった。 続きを読む

  • これがDisrupt SF 2016のStartup Battlefield優勝、準優勝チームのピッチだ

    これがDisrupt SF 2016のStartup Battlefield優勝、準優勝チームのピッチだ

    初めに、25社のスタートアップありき。そして三日間の激しい競争があり、今、勝者が決まった。 Startup Battlefieldに参加したスタートアップは、全参加社の中から厳しく選別され、その厳しいコンペに臨んだ。彼らは、多くのVCたちや業界のリーダーから成る審査団の前でプレゼンテーションを行い、賞金5万ドルと優勝カップDisrupt Cupを争った。 続きを読む

  • TechCrunch Disrupt SF 2016、Startup Battlefieldのファイナリスト6社が決まりました、明日は決勝を実況ストリーミング

    TechCrunch Disrupt SF 2016、Startup Battlefieldのファイナリスト6社が決まりました、明日は決勝を実況ストリーミング

    二日間にわたり、5000名を超える来場者と数十万のネット閲覧者の前で、25社が、Disrupt SF 2016 Startup Battlefieldの勝者を目指して競った。 そして、6社が決勝に残った: 続きを読む

  • 自動車用AIスタートアップのComma.ai、999ドルの自動運転アドオンを年内発売へ

    自動車用AIスタートアップのComma.ai、999ドルの自動運転アドオンを年内発売へ

    今年のTechCrunch Disrupt SFで著名なiPhone/PlayStationハッカー、George Hotzは、自身が設立した自動車AIスタートアップComma.aiが初めて販売する製品を披露した。Comma Oneは、999ドルのアドオン装置で24ヵ月分のソフトウェア購読料がついてくる。出荷は年内の予定。Hotzいわく、これを使うとマウンテンビューからサンフランシスコまで、ハンドルとブレーキとアクセルに一度も触れることなく車を走らせることができる。 続きを読む

  • 完全自動のドローン集団で、倉庫の在庫を把握する

    完全自動のドローン集団で、倉庫の在庫を把握する

    映画「インディー・ジョーンズ」第1作のラストで当局が聖櫃を隠そうとしたとき、誇り高き官僚的組織が必ず取る手段を選んだ。巨大な倉庫の中にしまい込んだのだ。 続きを読む

  • GPUの並列処理でSQLクェリを超高速化するBlazingDB、AWSのGPUインスタンスなどを利用

    GPUの並列処理でSQLクェリを超高速化するBlazingDB、AWSのGPUインスタンスなどを利用

    顧客データを数ペタバイトも集めるのはクールだけど、でもそれをどうやって有効利用するのか? BlazingDBは、大量のGPUを使ってデータベースに対するSQLクェリを高速化する。同社はTechCrunch Disrupt SFのBattlefieldコンペで、そのソリューションの無料のコミュニティエディションを披露した。 続きを読む

  • Facebook チャットボット経由の支払サポートへ―Messenger Platform v1.2発表

    Facebook チャットボット経由の支払サポートへ―Messenger Platform v1.2発表

    TechCrunch Disrupt SF 2016カンファレンスに登壇したFacebook Messengerの責任者、David Marcusが大きな発表をした。FacebookはこれまでMessengerボットの機能の最大の穴だとされていた部分を埋めた。ユーザーを他のサービスに送り出すことなく、Messengerボットは内部で支払処理が可能になるという。 デベロッパーは商品購入が可能なボットの開発において、ユーザーがすでにFacebook本体ないしMessengerに登録してあったのクレジットカード情報をその場で利用できるようになる。4月に… 続きを読む

  • Meter Maid Monitorは駐車違反取締りを出し抜くサービス

    Meter Maid Monitorは駐車違反取締りを出し抜くサービス

    今年のTechCrunch Disruptハッカソンでおそらく一番気に入ったハックは、非常にサンフランシスコらしい問題を解決するものだった。Meter Maid Monitorはハイテクなクラウドのマジックを使って、市内の2時間制限駐車スペースに止めた時の、メーターメイド[駐車違反を取締る婦人警官]とのバトルを自動化する。 続きを読む

  • 6歳のSriyaがデモしたペッパーはハイタッチで自閉症を改善

    6歳のSriyaがデモしたペッパーはハイタッチで自閉症を改善

    アメリカの児童は64人に1人の割合で自閉症スペクトラムに起因する問題を抱えているという。明らかにこれには対処のための研究が必要だ。TechCrunchが開催しているSF Disruptのハッカソンでは6歳のShriya Sreejuがこの点を訴えた。Sreejuが紹介したのはペッパー・ロボットをプラットフォームに利用した自閉症ソリューションだ。 続きを読む

  • Disrupt SF 2016ハッカソンの最優秀賞は、PointShop.space

    Disrupt SF 2016ハッカソンの最優秀賞は、PointShop.space

    昨夜のハッカソンには1000人近い熱心な参加者が集まり、冷たい霧にけむるサンフランシスコ・ベイブリッジを背景に行われたDisrupt SFの開会に花を添えた。 続きを読む

  • Waiterは、あなたに代ってカスタマーサポートの電話を待ってくれるサービス

    Waiterは、あなたに代ってカスタマーサポートの電話を待ってくれるサービス

    サポート電話で待たされるが好きな人などいないが、担当者が空いた時に電話をかけてくる会社はほとんどない。 その結果私たちは延々と待たされ、挙句の果てに電話をかけていることを忘れてしまい、相手に切られたり時間切れになったりする。いずれの場合も待った時間は無駄になる。 続きを読む

  • PepperPayは、商品を画像認識するレジ係ロボット

    PepperPayは、商品を画像認識するレジ係ロボット

    画像認識技術が進歩すれば、スマートフォンやタブレットで物体の認識が可能になり、人間の目やバーコードスキャナーに頼る必要がなくなる。TechCrunch Disrupt SFハッカソンの参加プロジェクト、PepperPayは、レジのチェックアウトに画像認識を利用する。 続きを読む

  • PeppAR Waiterは、メニューを3Dで見せてくれるロボットウェイター

    PeppAR Waiterは、メニューを3Dで見せてくれるロボットウェイター

    レストランメニューの安っぽい写真はもういらない!これからはロボットと拡張現実が取って代る。 それが未来に向けてのプランだ。少なくとも、先週末TechCrunch Disrupt SFハッカソンに登場した大胆かつ先進的なプロジェクト、PeppAR Waiterを見る限りは。 続きを読む

  • GoogleのクラウドサービスのトップDiane Greeneはどんな人か…Disrupt SFで会えるよ

    GoogleのクラウドサービスのトップDiane Greeneはどんな人か…Disrupt SFで会えるよ

    Googleが自社のサービスを駆動するために使っているクラウドサービスは、一級品だ。しかしあまりにも長きにわたって同社は、成長著しいクラウドコンピューティングの分野で地歩を築くことができなかった。その一方で、AmazonのAWSやMicrosoftのAzureといった競合相手は、どんどん伸びている。そこで同社は、この船を正しい方向へ向けるために、昨年BeBop Technologiesを3億4800万ドルで買収し、Google Cloud Enterpriseを担当するVPとしてDiane Greeneを迎えた。 続きを読む