dji

  • DJIの最新産業用ドローン「Matrice 300」は飛行時間55分、最大伝送距離15km

    DJIの最新産業用ドローン「Matrice 300」は飛行時間55分、最大伝送距離15km

    ドローン最大手のDJIは今日(米国時間5/7)、最新機種のベールをはいだ。産業向けドローンのMatrice 300は、同社のMatriceシリーズを元に作られ、長寿命バッテリーと6面に配置された障害物検出センサーに加え、最大15 kmのビデオ通信範囲を備える。 続きを読む

  • DJIがカメラとバッテリー寿命をアップグレードした新型ドローン「Mavic Air 2」を発表

    DJIがカメラとバッテリー寿命をアップグレードした新型ドローン「Mavic Air 2」を発表

    ドローン大手のDJIは、最初のMavic Airを発売してから2年ちょっとが経った今、その後継機、Mavic Air 2を発表した。バッテリー寿命は34分に延長され、カメラによる撮影機能が静止画、動画とも強化されている。また、ワイヤレス通信や、障害物回避機能も強化され、初心者にも使いやすいものとなっている。 続きを読む

  • DJIが地上でもトップを狙う、カメラ搭載オフロード車の特許を出願

    DJIが地上でもトップを狙う、カメラ搭載オフロード車の特許を出願

    空を飛ぶカメラドローン業界においてトップを走るDJIが地上にも本格的に進出!? カメラとスタビライザーを搭載した小型のオフロード車に関する特許を出願している。 続きを読む

  • スマホ用ジンバルDJI Osmo Mobile3をベイエリアでテスト

    スマホ用ジンバルDJI Osmo Mobile3をベイエリアでテスト

    TechCrunchによるビデオレビューの時間だ。今回、DJIはスマートフォン向けのジンバルの最新モデルを送ってきたので、数週間使用してみた。 続きを読む

  • DJI Mavic Miniの日本向け特別仕様は199gで気軽に飛ばせる

    DJI Mavic Miniの日本向け特別仕様は199gで気軽に飛ばせる

    Mavic Miniは4万6200円という低価格ながら、優れたカメラ、長い飛行距離、よくできたコントローラーなど、高品質のドローンとしての重要な条件をすべて満たしている。風にも強く、飛行速度も速くて楽しめる。改正航空法適用外となるよう、日本向けは重量も199gに抑えられている。 続きを読む

  • DJIが超小型軽量ドローン「Mavic Mini」を発表、1回の充電で30分間飛行、障害物回避機能はなし

    DJIが超小型軽量ドローン「Mavic Mini」を発表、1回の充電で30分間飛行、障害物回避機能はなし

    DJIが3年前に発表したMavic Proは衝撃的な新製品だった。折りたたみ可能なドローンはこのテクノロジーをもっと大衆に広めるために業界が必要としていたカンフル剤だった。 続きを読む

  • DJIの新スマホジンバルはスリム&シンプルに

    DJIの新スマホジンバルはスリム&シンプルに

    先月の記事でも触れたように、DJIのカメラスタビライザー製品はドローンから派生したものだ。しかし現在、一眼レフカメラからスタンドアロンのポケットサイズ製品まで、非常に大きな規模にまで成長した。 続きを読む

  • DJIが米政府の懸念払拭目的に組立工場をカリフォルニアに設置へ

    DJIが米政府の懸念払拭目的に組立工場をカリフォルニアに設置へ

    HuaweiやZTEなどのような中国のメーカーへの圧力の高まりを受け、深セン拠点のドローン大手DJIは間違いなく懸念材料を抱えている。 続きを読む

  • DJIが教育用戦闘ロボット「S1」を発売

    DJIが教育用戦闘ロボット「S1」を発売

    先日アクションカメラのOsmo Actionを発売したしDJIが、今度は教育用ロボットに参入する。 続きを読む

  • DJIがエンタープライズ向けのドローン搭載用コンピューターを発表

    DJIがエンタープライズ向けのドローン搭載用コンピューターを発表

    DJIは米国時間5月28日、最新バージョンとなるドローン用のオンボードコンピューター「Manifold 2」を発表した。第2世代となるこのデバイスは、研究から日常的な検査まで、さまざまなエンタープライズ向け用途にプログラムが可能だ。 続きを読む

  • DJIは今後のドローンほぼ全機種に航空機接近感知機能を実装する

    DJIは今後のドローンほぼ全機種に航空機接近感知機能を実装する

    米国時間5月22日、ワシントンD.C.で行われたイベントでDJIが、ドローンによる人身事故を防ぐ計画を発表した。そのリストのトップにあるのは、AirSense技術を重量250グラム以上のすべての機種に実装することだ。それを来年の1月1日から有効にする。 続きを読む

  • DJI Osmoの新しいアクションカメラをテスト、GoProキラーになれるか?

    DJI Osmoの新しいアクションカメラをテスト、GoProキラーになれるか?

    DJIの新しいアクションカメラ、Osmo Actionの実機を外に持ち出してテストするチャンスがあった。撮影したフッテージをご紹介しよう。スペックと私の印象は以下のとおりだ 続きを読む

  • 海洋ドローンのSofarは海のDJIになれるのか?

    海洋ドローンのSofarは海のDJIになれるのか?

    暗い深海の下には何が潜んでいるのだろう? SolarCityの共同創業者であるPeter Rive氏は、一般の人や科学コミュニティによる探索を手助けしたいと願っている。 続きを読む

  • 警察のドローンが空から落ちてくる…DJIはファームウェアのアップデートを推奨

    警察のドローンが空から落ちてくる…DJIはファームウェアのアップデートを推奨

    イギリスの民間航空局(Civil Aviation Authority, CAA)が、警察やそのほかの緊急事態対応省庁に対し、特定の機種のドローンの運用をやめるよう警告した。一部のデバイスが予期せざる動力喪失により、航行中に墜落しているからだ。 CAAの安全性警告は、イギリスでこれまで一部の緊急時サービスに使われていたDJIのMatrice 200シリーズのドローンに適用される。 続きを読む

  • DJI Mavic 2 Pro/Zoom、ビデオレビュー

    DJI Mavic 2 Pro/Zoom、ビデオレビュー

    DJIは先週ブルックリンで開催されたプレスイベントでハイエンド・ドローンの最新モデル、Mavic 2を発表した。今回のアップデートではカメラ周りに重点が置かれている。Pro(1449ドル)はハッセルブラッドのカメラ(1インチ撮像素子)を搭載しており映像作家の利用に耐える。Zoom(1249ドル)はその名のとおりコンシューマー向けドローンとしては初めてのズームレンズ搭載モデルだ。 続きを読む

  • DJI、SparkドローンにLine Friendsのクマのブラウンをフィーチャー

    DJI、SparkドローンにLine Friendsのクマのブラウンをフィーチャー

    7月に予定されていたDJI Mavic 2のリリースは延期され、新しい期日はまだわからない。 待っている間にちょっとした発表があった。Sparkにクマの顔がついた。DJI Sparkについてはすでに非常に詳しいテストレポートを書いているので興味ある読者はそちらをご覧いただきたい。小型軽量で多機能、コストパフォーマンスも良いモデルだ。 続きを読む

  • これは、DJIの次期Mavicドローンなのか?

    これは、DJIの次期Mavicドローンなのか?

    これだけは確かだ:DJIはもうすぐビッグイベントを開く。当初は7月18日に予定されていたが、「(同社の)イノベーション基準に合致したものを届けるために」延期された。このタイミングは2016年のMavic Proの後継機にぴったりであり、イベントのポスターに書かれた”bigger picture” ということばもも画像処理に焦点を合わせていることを示唆している。 続きを読む

  • Parrotから折りたたみ式ドローン、Anafi登場――DJI Mavic Airに対抗

    Parrotから折りたたみ式ドローン、Anafi登場――DJI Mavic Airに対抗

    今朝(米国時間6/6)、フランスのドローン・メーカー、ParrotがAnafiを発表した。これは明らかにDJIのMavic Airに対抗するモデルだ。Parrotによれば、このポータブル・ドローンの開発に2年間かけたという。「ユーザーからのフィードバックに応えようとすると同時に昆虫の仕組みからインスピレーションを受けた」そうだ。 続きを読む

  • DJIの新ドローン、Mavic Airは799ドルでスマホサイズ――新機能満載で出荷は28日から

    DJIの新ドローン、Mavic Airは799ドルでスマホサイズ――新機能満載で出荷は28日から

    DJIはドローンの新製品の秘密保持という点ではこれまでもあまりいい成績を収めていないが、今回のMavic Airも直前に写真がリークされた。今朝(米国時間1/23) ニューヨークで開催され、リアルタイムでストリーミングされたプレスイベントで発表されたMavic Airの内容はだいたいわれわれの予想どおりだった。ハイエンドのMavic Proと普及版のSparkの中間の位置づけとなる製品で、DJIが一般消費者向けに力を入れていることを示すものとなった。 続きを読む

  • DJIの最新ドローン、明日の発表前に写真がリーク

    DJIの最新ドローン、明日の発表前に写真がリーク

    DJIは明日、新型ドローンを発表すると見られているが、いち早く「これがそうだ」という写真が流れ始めた。Mavic Airというモデル名になるらしいが、現行の折畳式小型ドローン、MavicProと低価格のSparkのミックスのような感じだ。私は興味を惹かれた。 続きを読む