docker

  • Kubernetes/Docker Swarm両方をサポートするコンテナ管理プラットホームRancher LabsがシリーズBで$20Mを調達

    Kubernetes/Docker Swarm両方をサポートするコンテナ管理プラットホームRancher LabsがシリーズBで$20Mを調達

    KubernetesとDocker Swarmの両方をサポートするコンテナ管理プラットホームRancher Labsが今日(米国時間5/9)、シリーズBで2000万ドルを調達したことを発表した。このラウンドをリードした同社の新しい投資家は、中国の投資企業GRC SinoGreenで、既存の投資家MayfieldとNexus Venture Partnersも参加した。これで同社の資金調達総額は3000万ドルになる。 新たな資金は、営業とマーケティングの強化および、ユーザーの要望に合わせての製品の改良に充てられる、という。 続きを読む

  • MicrosoftのAzure Container Serviceが一般供用へ…オーケストレーションは主要二社の製品から選べる

    MicrosoftのAzure Container Serviceが一般供用へ…オーケストレーションは主要二社の製品から選べる

    MicrosoftのクラウドコンピューティングサービスAzure用のコンテナスケジューリングおよびオーケストレーションサービスAzure Container Serviceが、一般的に可利用になった。 このサービスではユーザーが、自分たちのコンテナをデプロイおよびオーケストレートするためにMesosphereのData Center Operating System(DC/OS)、またはDockerのSwarmとComposeを選ぶ。サービスが発表されたのは2015年9月で、公開プレビューは今年の2月に行われた。 続きを読む

  • CoreOSのコンテナセキュリティスキャナーClairがベータを脱してv.1.0へ

    CoreOSのコンテナセキュリティスキャナーClairがベータを脱してv.1.0へ

    CoreOSが昨年11月に最初のプレビューを発表した、DockerコンテナのセキュリティチェックツールClairが今日、ベータを終了してClair 1.0のローンチに到達した。 続きを読む

  • DockerがAuroraによるオーケストレーションサービスのConductantを買収、「運用経験は良質な開発のベース」

    DockerがAuroraによるオーケストレーションサービスのConductantを買収、「運用経験は良質な開発のベース」

    Dockerが今日、オーケストレーションを専門とする小さなスタートアップConductantを買収した、と発表した。 Conductantを知らなかった人がほとんどだと思うし、そもそもWebサイトも外部資金の導入経験もまだない企業のようだが、この買収でDockerは相当数の人材を獲得することになる。 Conductantは、Bill FarnerとDavid Chungがファウンダーだ。TwitterにいたときFarnerのチームは、のちにApache Auroraとなるプロジェクトを作った。 続きを読む

  • コンテナ化したアプリケーションの総合的一元的管理コンソールDocker DatacenterをDockerが提供

    コンテナ化したアプリケーションの総合的一元的管理コンソールDocker DatacenterをDockerが提供

    Dockerが今日(米国時間2/23)、Docker Datacenter(DDC)と名付けた新しいコンテナコントロールセンター(管理者用総合コンソール)を発表した。ユーザー企業は、規模の大小を問わず、このアドミンツールを使ってコンテナの作成や管理、それに配布をコントロールできる。 DDCは、同じく今日発表されたDocker Universal Control PlaneやDocker Trusted Registryなど、さまざまな商用製品で構成されている。また、一部には、Docker Engineのようなオープンソース製品も使われている。DDCの… 続きを読む

  • CoreOSのコンテナエンジンrktがバージョン1.0に到達…プロダクション利用可に

    CoreOSのコンテナエンジンrktがバージョン1.0に到達…プロダクション利用可に

    CoreOSのコンテナランタイム競合製品rktが今日(米国時間2/4)バージョン1.0に達し、同社によるとプロダクションユースに十分使えるレベルになった。 バージョン1.0ではセキュリティ機能が新たに増え、今後は、CLI(コマンドラインインタフェイス)とオン・ディスクフォーマットのいかなる変更も後方互換性が保証される。 rktは現在、CoreOS App ContinerのイメージおよびDockerのイメージフォーマットでパッケージされたアプリケーションをサポートする。したがって、コンテナをDockerで作って、それをrtkで動かすことが可能… 続きを読む

  • コンテナを超えてマイクロサービス技術の広い世界を目指すDockerがUnikernel Systemsを買収

    コンテナを超えてマイクロサービス技術の広い世界を目指すDockerがUnikernel Systemsを買収

    Dockerが今日(米国時間1/21)、Unikernel Systemsの買収を発表した。この、イギリスのケンブリッジのスタートアップは、unikernel(ユニカーネル)の普及を目指している(少なくとも、デベロッパに対する普及を)。 Dockerは、同社のツールやサービスにユニカーネルのサポートを統合する計画だ。最近の同社は、デベロッパがさらに効率的なマイクロサービスアーキテクチャを構築できるための、コンテナ以外の技術にも着目し始めている。買収の価額は公表されていない。 続きを読む

  • OracleがDocker運用管理サービスのStackEngineを買収、経営の軸足はますますクラウドへ

    OracleがDocker運用管理サービスのStackEngineを買収、経営の軸足はますますクラウドへ

    長年クラウドを馬鹿にしていたOracleが最近は逆にそれを、ものすごく重視している。先週ひそかにStackEngineを買収したのも、同社のPaaSの提供物をさらに一層充実させるためだ。 テキサス州オースチンのStackEngineは、同社のWebサイト上の短い声明で、Oracle.comへの合体を説明している。それによると、データベース大手のOracleが同社を買収し、その条件の一環として社員は全員Oracleに加わる。 続きを読む

  • 実習主体で企業の即戦力エンジニアを育てる新種のプログラミング校Holberton School

    実習主体で企業の即戦力エンジニアを育てる新種のプログラミング校Holberton School

    今はプログラミングスクールがとてもたくさんあり、それらの多くはだいたい2か月ほどかけて新人プログラマを育てる。でも、その‘卒業生’たちが、プログラマとして給料をもらえる本格的なエンジニアになるためには、12週間のブートキャンプ(boot camp, 特訓コース)でも不十分だし、ネット上にもまだ本格的な上級コースはない。 しかしここでご紹介する”Holberton School of Engineering“は、まったく新しいやり方でソフトウェアエンジニアを育てようとしている。Holbertonはネッ… 続きを読む

  • Dockerアプリケーションの有料の総合デプロイ&管理サービスをDocker自身が制作し発表

    Dockerアプリケーションの有料の総合デプロイ&管理サービスをDocker自身が制作し発表

    Dockerが今日(米国時間11/16)バルセロナで行われた同社のデベロッパカンファレンスで、商用のDockerデプロイ総合サービスDocker Universal Control Plane(UCP)を発表した。Dockerの有料サービスUCPは、opsチームによるクラスタのセットアップを容易化し、またそのクラスタに載るアプリケーションのデプロイを、デベロッパ向けに支援する。 Dockerのプロダクト担当VP Scott Johnstonによると、これまではつねに、Dockerなどの新しい技術を採用したいデベロッパと、会社のインフラストラクチャ… 続きを読む

  • Hewlett Packard Enterpriseは今後何もかもコンテナが主軸…ハイブリッドクラウドをメインにしつつ

    Hewlett Packard Enterpriseは今後何もかもコンテナが主軸…ハイブリッドクラウドをメインにしつつ

    Hewlett Packard Enterprise(HPE)が今日(米国時間11/16)、バルセロナで行われたDockerのデベロッパカンファレンスで、同社のデベロッパ関連製品のアップデートをたくさん発表した。HPEのコンテナにかける意欲には、並々ならぬものがあるようだ。 HPEのインキュベータパートナー担当VP Tana Rosenblattは次のように語る: “コンテナは確かに画期的な技術だが、それは単に新しい技術であるだけでなく、ハイブリッドな環境を求める企業にとっても意味がある。今後のDockerとの、きわめて有意義なパート… 続きを読む

  • コンテナのセキュリティをモニタするオープンソースツールClairをCoreOSがローンチ

    コンテナのセキュリティをモニタするオープンソースツールClairをCoreOSがローンチ

    データセンターのための軽量Linuxディストリビューションとして人気のCoreOSは、コンテナにも熱心だ。今日(米国時間11/13)同社は、コンテナのセキュリティをモニタするオープンソースのツールClairをローンチした。そしてその、まだベータのClairを、同社の有料のコンテナレジストリサービスQuayに統合する。その統合は、今後予定されているQuay Enterpriseでサポートされる。 続きを読む

  • Googleが主力のコンテナサービスContainer RegistryとContainer Engineをアップデート…Kubernetesを統合など

    Googleが主力のコンテナサービスContainer RegistryとContainer Engineをアップデート…Kubernetesを統合など

    今年Googleは、Container RegistryやContainer Engineなどにより、同社のCloud Platform(IaaS)のコンテナ対応化にますます力を入れてきた。そして今日(米国時間11/10)は、この二つのサービス(ないしツール)のアップデートが発表された。 続きを読む

  • DockerがTutumを買収してコンテナアプリケーションの稼働管理サービスを充実

    DockerがTutumを買収してコンテナアプリケーションの稼働管理サービスを充実

    Dockerが今日(米国時間10/21)、Dockerコンテナのデプロイと管理を提供するクラウドサービスTutumを買収したことを発表した。サービスの対象となるユーザシステムは、クラウドでもオンプレミスでもどちらでもよい。 価額など買収の条件は公表されていない。 企業としてのDockerはこれまで、コンテナの構築、配備、そして稼働に重点を置いてきた。コンテナと呼ばれる離散的なプログラミング/ビルディングブロックは、マイクロサービスと呼ばれることもある。今日の買収によって同社は、これまでプログラマ任せだった、コンテナの継続的な稼働管理の部分… 続きを読む

  • GoogleのCloud Platform上でDockerコンテナを使うための自動化管理サービスContainer Engineがベータを終えて一般公開

    GoogleのCloud Platform上でDockerコンテナを使うための自動化管理サービスContainer Engineがベータを終えて一般公開

    Googleが同社のオープンソースのKubernetesを使って、Googleのクラウドプラットホーム上でDockerのコンテナを動かし管理するサービスContainer Engineが、ベータを脱し一般公開される。すなわちGoogleはそれをプロダクションレディ(production-ready, 企業活動のための本格採用OK)と見なし、アップタイム99.5%のSLAを保証する。 Google自身が早くから、自社のデータセンターでコンテナを使ってきたし、昨年あたりからは、コンテナを大規模に使ってきた経験から学んだことを外部に公開し始めた。… 続きを読む

  • MicrosoftがMesosphereの協力でMesosをWindows Server 2016に統合

    MicrosoftがMesosphereの協力でMesosをWindows Server 2016に統合

    Apache Mesosプロジェクトをベースとして、コンテナを軸とする“データセンターのためのオペレーティングシステム”を作ろうとしているMesosphereが、今日(米国時間8/20)行われたMesosConで、Windows Server 2016のプレビューバージョンの上で動くMesosの、初めての公開デモを行った。 Microsoftは昨日、DockerコンテナをサポートするWindows Serverのテクニカルプレビューをローンチしたばかりだから、デベロッパがこの機能を実際のプロダクションで使えるのはもっと先… 続きを読む

  • Open Container InitiativeにAT&T、Oracle、Twitterなどが加わり、より強力な標準化組織に

    Open Container InitiativeにAT&T、Oracle、Twitterなどが加わり、より強力な標準化組織に

    1か月前にDockerとLinux Foundationが、Dockerのデベロッパカンファレンスで、 Open Container Projectを発表した(日本語)。今それはOpen Container Initiative(OCI)と呼ばれ、Linux Foundationの事務局長Jim Zemlinが今朝(米国時間7/22)のOSCONで、このプロジェクトが急速に成長している、と述べた。新たに14の企業が参加しただけでなく、今ではOCIという組織の定款も作ろうとしている。 続きを読む

  • Docker、月150ドルで企業向け商用ソリューションの提供を開始―AWS、IBM、Microsoftも販売

    Docker、月150ドルで企業向け商用ソリューションの提供を開始―AWS、IBM、Microsoftも販売

    p>今日(米国時間6/23)、Dockerはコンテナ管理ソフトウェアの企業向け商用ソリューションを一般公開したと発表した。Dockerの商用ソリューションはDocker自身に加えてAmazon Web Services、IBM、Microsoftから提供される。価格は月150ドルからと手頃だ。 続きを読む

  • Dockerが早くもシリーズDで$95Mを調達…エンタプライズ需要への対応に備える

    Dockerが早くもシリーズDで$95Mを調達…エンタプライズ需要への対応に備える

    2年前にコンテナ人気に火をつけた張本人であるDockerが今日、シリーズDで9500万ドルを調達したことを発表した。このラウンドをリードしたのはInsight Venture Partners、新たな投資家としてはCoatue、Goldman Sachs、Northern Trust、既存の投資家ではBenchmark、Greylock Partners、Sequoia Capital、Trinity Ventures、それにAME Cloud Venturesが参加した。 Dockerのエンタプライズマーケティング担当VP David Messinaによる… 続きを読む

  • MicrosoftがWindows ServerのDockerコンテナサポートのために、新たな仮想化ハイパバイザ層とWSの極小化コアNano Serveを提供

    MicrosoftがWindows ServerのDockerコンテナサポートのために、新たな仮想化ハイパバイザ層とWSの極小化コアNano Serveを提供

    コンテナはアプリケーションの書き方や展開の仕方を急速に変えつつある。このバスに乗り遅れたくないMicrosoftは昨年10月に、Windows Serverの次のリリースでDockerによるコンテナをサポートする、と発表した。そして今日(米国時間4/8)同社は、Windows Server上のコンテナの安全を確保するためのハイパバイザと、Windows Serverから余計なものをそぎ落として極小化し、クラウドとコンテナ向けに最適化したバージョンを発表した。 続きを読む