DOE / 米エネルギー省(組織)

United States Department of Energy、DOE / 米エネルギー省に関する記事一覧

  • バイデン大統領が掲げる2050年太陽光発電の目標を達成するために米国に必要な4つのこと

    バイデン大統領が掲げる2050年太陽光発電の目標を達成するために米国に必要な4つのこと

    米国エネルギー省(DOE)が発表した太陽エネルギーの未来に関する報告書には、今後30年間における明るい未来像が描かれており、30年後には国のエネルギーの半分近くが太陽でまかなわれるようになるという。ただしそれを実現するためには、太陽光発電の性能向上、エネルギー貯蔵量の増加、ソフトコストの低減、そして約100万人規模の労働力の確保という4つの分野における大きなハードルを乗り越えなければならない。 続きを読む

  • 米国地域プロジェクト紹介:電力利用料モニターと太陽光パネルを利用すれば、電力消費量の70%をカットできる

    米国地域プロジェクト紹介:電力利用料モニターと太陽光パネルを利用すれば、電力消費量の70%をカットできる

    家庭におけるエネルギー効率の最適化を目指し、ゼネラル・エレクトリック社(GE)はアメリカ合衆国エネルギー省(DOE)と協力してプロジェクトを立ち上げた。プロジェクト予算は500万ドルで、アメリカ西海岸地区の家庭にエネルギー管理システム、LED照明、家電や太陽光パネルを提供しようというものだ。 プロジェクトでは、各家庭のエネルギー効率を調査し、そして新しい管理システムを導入してその効果を確認するということを目的にしている。GEによれば各家庭の電気料金は70%削減することができるのだという。30%は利用状況をモニタリングして調整することで、… 続きを読む

  • カリフォルニア工科大、太陽光による燃料合成で助成金$122Mを獲得

    カリフォルニア工科大、太陽光による燃料合成で助成金$122Mを獲得

    米国エネルギー省は本日(米国時間7/22)、カリフォルニア工科大学率いる「太陽エネルギー燃料イノベーション・ハブ」の構築に対し、最大$122M(1億2200万ドル)を助成することを発表した。同ハブの目標は、太陽エネルギーを化学燃料に変換し、その技術を商業利用できる規模に発展されること。 このプロジェクトは、植物がエネルギーを生成する方法からアイディアの一部を得ており、人工光合成を利用して、太陽光、水および二酸化炭素をクリーンな燃料に変換する。研究者たちの使命は、光吸収体、触媒、分子リンカー、分離膜などの技術を用いて、太陽光を燃料に変える… 続きを読む