ドナルド・トランプ / Donald Trump(人物)

ドナルド・トランプは、45代目アメリカ合衆国大統領。

  • トランプ政権のTikTok禁止令が予想どおり遅れる

    トランプ政権のTikTok禁止令が予想どおり遅れる

    米国の連邦裁判所は、TikTokの禁止措置は米国時間9月28日の月曜日には予定どおり発効しないと発表した。禁止を遅らせる動きは予想されていたもので、裁判所が禁止の合法性とトランプ政権が主張するようにアプリが国家安全保障にリスクをもたらすかどうかを検討する間、米国居住者はアプリの使用を続けられる。 続きを読む

  • 中国は米国企業へのTikTok買収を認めず、合意に達しない状況を「ゆすり」と呼ぶ

    中国は米国企業へのTikTok買収を認めず、合意に達しない状況を「ゆすり」と呼ぶ

    9月20日とされていたTikTokの売却の期限はとっくに過ぎているが、関係者はまだ取引条件で合意に達していない。TikTokの売却に対する中国政府の不服は、日増しに明らかになっている。 続きを読む

  • 米国政府によるテンセント関連企業排除の次期ターゲットはゲーム会社

    米国政府によるテンセント関連企業排除の次期ターゲットはゲーム会社

    米国オンラインゲーム業界の大手企業数社が、中国のマルチビリオンダラー企業であるTencent(テンセント)との関係に関する情報提供を求める書簡を米国政府から受け取った。 続きを読む

  • ギャング資本主義と米国の中国イノベーションの盗用、これは正しい道なのか

    ギャング資本主義と米国の中国イノベーションの盗用、これは正しい道なのか

    かつて、米国と中国の経済を見分けるのは「簡単」だった。一方は革新的で、他方はクローンを作っていた。一方は自由市場で、他方は政党とその指導者に支払いを要求していた。一方は世界のトップの頭脳を引き付ける働きをして、才能のある人たちを受け入れた。他方は、あなたを扇動罪で投獄する前に空港のバックルームに連れて行った(それはどちらもだが)。 続きを読む

  • トランプ政権指示のWeChat配布禁止を米連邦地裁が拒否、現在もダウンロード・利用可能

    トランプ政権指示のWeChat配布禁止を米連邦地裁が拒否、現在もダウンロード・利用可能

    数日前、米国商務省は8月にトランプ大統領が署名した執行命令を受けて、米国のユーザーによるTikTokとWeChatのダウンロードを中止することを目的とした、一連の規則を発表した。TikTokは米国時間8月19日、Oracle(オラクル)やWallmart(ウォルマート)との投資・クラウドサービス契約に署名したことで、ダウンロード禁止の実施を少なくとも1週間遅らせたことで、ギリギリのところで猶予を得た。しかし、WeChatは事実上、本日(米国時間8月20日)に、ダウンロードといくつかのサービスの禁止が実行されることになっていた。 続きを読む

  • オラクルとウォルマートのTikTok事業買収をトランプ大統領が容認、TikTok Globalとして米証券取引所上場へ

    オラクルとウォルマートのTikTok事業買収をトランプ大統領が容認、TikTok Globalとして米証券取引所上場へ

    セキュリティ上の懸念という見当違いの名目で、米国の自由貿易の概念を低下させ、数十億ドル規模の企業数社を引き連ね、裸の欲のために恥をかかせ、米国政府に利益の一部を要求した後、ここ数週間見てきたTikTokの物語はついに終わったようだ。 続きを読む

  • トランプ大統領がTikTokめぐるオラクル提案の「コンセプト」を承認

    トランプ大統領がTikTokめぐるオラクル提案の「コンセプト」を承認

    ドナルド・トランプ大統領は、人気のソーシャルメディアアプリTikTok(の米国事業に関するOracle案の「コンセプト」を承認した。Bloombergが報じた。 続きを読む

  • WeChatとTikTokのダウンロードが9月20日から不可に、米商務省が発表

    WeChatとTikTokのダウンロードが9月20日から不可に、米商務省が発表

    米商務省は、TikTokとWeChatの利用禁止に関する詳細を発表した。国家安全保障上の懸念によるこの措置については9月20日までに実施するとの方針を8月に示していた。 続きを読む

  • 中国政府はTikTokの米国事業を売却せずに潰すかもしれない

    中国政府はTikTokの米国事業を売却せずに潰すかもしれない

    世界中で人気を博しているショートムービーアプリTikTokの一部またはすべての事業を米国を拠点とする企業に売却することを強行しようとしていることで、中国のテックユニコーンであるByteDanceの周辺が騒がしい。米国時間9月11日、中国政府がこの取引に反対する可能性があるとの報道を受け、売却話の先行きが不透明になりつつある。 続きを読む

  • 「TikTokの米事業売却の期限延長はない」とトランプ大統領が釘を刺す

    「TikTokの米事業売却の期限延長はない」とトランプ大統領が釘を刺す

    トランプ大統領は9月10日、中国企業ByteDanceがTikTokを売却する2020年9月20日という期限は延長しない、と述べた。交渉に圧力をかける発言だが、買い手と合意に至らなければTikTokは米国で使用できなくなる。 続きを読む