donorschoose

  • 貧困撲滅に一石、貧しい国の起業家にマイクロ融資してみよう

    貧困撲滅に一石、貧しい国の起業家にマイクロ融資してみよう

    この数週間世界市場を襲った金融危機には実に割目すべきものがある。が、30%とか、もっと株の金融資産が下がった僕らにしても、生活に困るほどのことはない。世の中にはもっとひどい人もいる。もっともっとひどい境遇の人もいるのだ。世界人口の3分の1は貧困の中で生きている。20%は極貧…つまり常に空腹を抱えて暮らしている。 自分たちにできることは何か? $20、$50、$100とか超小口融資(マイクロローン)を貧しい国の起業家に送ってみるのはどうだろう?  今日(米国時間10/15)は「Blog Action Day」。世界中のブログが一丸となって世界の… 続きを読む

  • アメックスカードメンバーはDonorsChooseの$1.5Mのために投票を

    アメックスカードメンバーはDonorsChooseの$1.5Mのために投票を

    アメリカンエクスプレスのカードホルダーはいるかな。もしいれば、ここで投票して米国内10万人の児童生徒たちに学用品を贈ることができる。アメリカンエキスプレスは、メンバーが投票した上位の慈善団体に総額$2.5M(250万ドル)を寄付する。そしてDonorsChooseは現在、一等報奨金$1.5M(150万ドル)の第3位につけている。しかも2位との差はわずか1000票だ。締切までにはあと6時間ほどある。DonorsChooseに投票するならここ、他のトップ25候補はここで見られる。(投票できるのはAMEXメンバーのみ)。 われわれは今年のDo… 続きを読む

  • 募金にご協力いただいた読者から抽選で1名様にTechCrunch米版無料広告枠プレゼント!

    募金にご協力いただいた読者から抽選で1名様にTechCrunch米版無料広告枠プレゼント!

    ブロガー対抗の募金レース「DonorsChoose.org主催ブロガーチャレンジ」も残り1日。 本ブログでこれまでに集まったお金は、まだ$5348だ。集まったお金は学校活動の資金に役立てる。寄附がないと日の目を見ないような活動だから、とても社会的意義のある運動なのだ。寄附は10ドルからの受付けとなるが、10ドルでも社会は変わる。前書いたようにTechCrunchでは最高$25K(2万5000ドル)を目標にしている。 そうそう、これは実言うとブロガー対抗コンテストなのだ。ベンチャーキャピタリスト兼パートタイムブロガーFred Wilsonはな… 続きを読む

  • DonorsChooseは好調、しかしFred Wilsonを止めねばならぬ

    DonorsChooseは好調、しかしFred Wilsonを止めねばならぬ

    どうやらDonorsChooseブロガーチャレンジは大変好調のようで、わずか6日間で$130,000(13万ドル)の寄付を集めた。これは低所得世帯の生徒たち約1万人に、本や画材、テクノロジーなど学習に必要な物を贈ることができる額だ。 TechCrunch経由の寄付は、現在のところテクノロジーグループで第2位につけている。 さて、貧しい子どもたちを助けるのはすばらしいことだが、私は自分がトップにいない順位表は大嫌いだ。今回はFred Wilson(ベンチャーキャピタリスト兼パートタイムブロガー)が目の上のコブ。これは何とかしなくてはいけない。… 続きを読む