drones

  • Parrotがローエンドのドローン事業から撤退しB2Bに専念

    Parrotがローエンドのドローン事業から撤退しB2Bに専念

    明らかに、中国のDJIの市場での強さに負けて、同社はAnafi以外のドローンを閉鎖するのだ。その系統はDJIのMavicに酷似しているが、Parrotは折りたたみ式のクワッドコプターをエンタープライズのユーザーに向ける。 続きを読む

  • 航空機の鳥の衝突試験は義務化されているがドローンはまだまだこれから

    航空機の鳥の衝突試験は義務化されているがドローンはまだまだこれから

    鳥は飛行機にとってとても危険だから、鳥の衝突試験が義務付けられている。では、ドローンはどうだろう? 続きを読む

  • ドローンのスピードレース主催のDrone Racing Leagueが早くも53億円超のシリーズC調達

    ドローンのスピードレース主催のDrone Racing Leagueが早くも53億円超のシリーズC調達

    このスタートアップは、ドローンのスピードレースがビジネスだ。ドローンにはそんなエキサイティングな面もあることに着目して2015年に創業された同社は、空飛ぶFormula-1レースのスリルを味わえるリーグを作ろうとしている。 続きを読む

  • DJIは今後のドローンほぼ全機種に航空機接近感知機能を実装する

    DJIは今後のドローンほぼ全機種に航空機接近感知機能を実装する

    米国時間5月22日、ワシントンD.C.で行われたイベントでDJIが、ドローンによる人身事故を防ぐ計画を発表した。そのリストのトップにあるのは、AirSense技術を重量250グラム以上のすべての機種に実装することだ。それを来年の1月1日から有効にする。 続きを読む

  • Parrotのドローン新製品はサーマルカメラ搭載、各分野のプロフェッショナル狙う

    Parrotのドローン新製品はサーマルカメラ搭載、各分野のプロフェッショナル狙う

    Parrotはドローンの市場を監視や検査を必要とするさまざまな業務用分野にも広げたいと願っている。 続きを読む

  • Salesforce Ventures初のハードウェア投資先はエンタープライズドローンのKespry

    Salesforce Ventures初のハードウェア投資先はエンタープライズドローンのKespry

    Salesforceのツールを使って保険請求査定官を現場に送り込むが、彼らは今度はKespryのサービスを利用してドローンを飛ばし、家の屋根がどれぐらい壊れているかなどを調べる。 続きを読む

  • 鳥やコウモリのように「そこらへん」に止まれるドローン

    鳥やコウモリのように「そこらへん」に止まれるドローン

    モジュール構造にしたために、とまったり休んだりするために使える構造物の形状や種類の範囲が、単純に鳥の脚やかぎつめを模倣する場合に比べて大きく広がった。 続きを読む

  • 今度はドバイの空港がドローンで機能停止

    今度はドバイの空港がドローンで機能停止

    ドバイ国際空港が、近傍を飛行するドローンを目視したため約30分、フライトを閉鎖した。 続きを読む

  • ドローンが初めて臓器移植用の腎臓を運び結果は良好

    ドローンが初めて臓器移植用の腎臓を運び結果は良好

    ドローンを使う配送に実用性があるのは、二つの分野だけではないだろうか: テイクアウトと臓器移植だ。どちらも、荷重が比較的軽いし、しかも時間要件がきわめて厳しい。そして確かに、冷蔵ボックスに収めた腎臓を運ぶボルチモアでの実験は、うまくいった。このぶんでは、良質な装具に収めたあなたの昼食のパッタイも、無事に早く届くだろう。 続きを読む

  • 警察のドローンが空から落ちてくる…DJIはファームウェアのアップデートを推奨

    警察のドローンが空から落ちてくる…DJIはファームウェアのアップデートを推奨

    イギリスの民間航空局(Civil Aviation Authority, CAA)が、警察やそのほかの緊急事態対応省庁に対し、特定の機種のドローンの運用をやめるよう警告した。一部のデバイスが予期せざる動力喪失により、航行中に墜落しているからだ。 CAAの安全性警告は、イギリスでこれまで一部の緊急時サービスに使われていたDJIのMatrice 200シリーズのドローンに適用される。 続きを読む

  • Apple StoreでSkydioの自律飛行ドローンを買えるしApple Watchからコントロールもできる

    Apple StoreでSkydioの自律飛行ドローンを買えるしApple Watchからコントロールもできる

    これからはほんの数タップで、Skydioの1999ドルの自律飛行ドローンをApple Watchからコントロールできる。まるで自分がSFの主人公になったように、高価な自律飛行ドローンを、小さな腕時計型のコンピューターで操縦できる。 このとってもクールな自動飛行ドローンR1は、アメリカのApple Storesでも買えるようになる。これからは、Webサイトに注文しなくてもお店でドローンを買えるようになるのだ。これまでAppleで買えたドローンは、ドローン最大手のDJIのものがほとんどだったが、その中でSkydioは、エリートのような位置づけに… 続きを読む

  • ドローンにオプティカルフローを教育して小さな穴を高速で通過させるテクニック

    ドローンにオプティカルフローを教育して小さな穴を高速で通過させるテクニック

    メリーランド大学の研究者たちが、鳥や虫が飛ぶときのテクニックをドローンに教えて、小さな穴を高速でくぐれるようにした。ドローンはわずかに数回、感知撮影をして開口部を定義し、大きなドローンが不定形な穴を訓練なしで通り抜ける。 続きを読む

  • バッテリー満載ドローンのImpossible Aerospaceが940万ドルを調達

    バッテリー満載ドローンのImpossible Aerospaceが940万ドルを調達

    スマートフォンメーカーと同じく、ここ数年ドローンメーカーは山ほどの機能を追加しながら、バッテリー寿命に関してはほとんど改善できていない。そして、スマートフォンが「1日中」使えることを謳っているのに対して、有名ドローンの飛行時間は20~35分にすぎない。 続きを読む

  • ドローン+AIで発電/送電施設等の異状を至近距離で検出するSterblue

    ドローン+AIで発電/送電施設等の異状を至近距離で検出するSterblue

    ドローンの商用利用に関する政府の規制は、関連企業にとってとてもポジティブな方向に向かってるようだし、またドローンを利用するスタートアップにとっては、人工知能を利用して人間の努力なしで結果を得る機会がますます増えている。 Y Combinatorの最近のクラスを卒業したフランスのSterblueは、市販のふつうのドローンと、そのような自動化手法を使って、大きな屋外建造物の近接検査をする。 続きを読む

  • ベネズエラ政府、大統領暗殺未遂に爆発物搭載ドローンが使用されたと主張

    ベネズエラ政府、大統領暗殺未遂に爆発物搭載ドローンが使用されたと主張

    低予算の兵器化されたドローンによる攻撃が起きるディストピア的未来はすでにやってきたのだろうか? BBCおよびAPによると、ベネズエラ政府は、同国大統領の暗殺未遂事件に爆発物を搭載したドローンが複数使用されたと主張している。 続きを読む

  • イギリスでドローン利用の年齢制限案、高齢者ではなくて子ども

    イギリスでドローン利用の年齢制限案、高齢者ではなくて子ども

    爆発的に増えることがほぼ確実な、ドローンの消費者利用備えて、イギリスでは早くもドローンの規制が検討されている。その、山ほどある提案の中には、年齢制限がある。それは、18歳未満には重さ0.55ポンド(約250グラム)以上のドローンの使用を禁ずる、というものだ。 続きを読む

  • アメリカ空軍のドローンのドキュメンテーションがダークウェブで200ドルで売られていた

    アメリカ空軍のドローンのドキュメンテーションがダークウェブで200ドルで売られていた

    ダークウェブ(dark web, 闇ウェブ)の上には、あなたが想像すらしなかったものがある。6月にはセキュリティ調査企業Recorded Futureの危機情報(threat intelligence)チームInsikt Groupが、ダークウェブのマーケットプレース上の犯罪行為をモニタしているときに、アメリカの機密軍事情報が売られていることを発見した。 続きを読む

  • 今年の独立記念日では、Intelドローン500基が花火に取って代わる

    今年の独立記念日では、Intelドローン500基が花火に取って代わる

    今年のカリフォルニア州フェアフィールドのトラビス空軍基地では、いつもと少し違う7月4日(独立記念日)を迎える。花火の代わりに、Intelのドローン、Shooting Star 500基がこの祝日と基地の75周年を記念して編隊を組んで空を舞う。 続きを読む

  • ドローン撃退銃DroneShieldがピョンチャンに次ぎ全米ストックカーレースNASCARで採用

    ドローン撃退銃DroneShieldがピョンチャンに次ぎ全米ストックカーレースNASCARで採用

    NASCARレースの実況で、ドローンから撮ったすてきな画面を見たくても、そのクァッドコプターは不思議な力によって地上に釘付けになっているだろう。DroneShieldのそのドローン退治技術は、Texas Motor Speedwayで行われるNASCARのイベントで起用される。 同社が作っている数種類の製品はどれも、飛ぶべきではないところを飛んでいるドローンを見つけて安全に停止させる。 続きを読む

  • Fordのコロンブスの卵: 自動運転車のセンサーシステムをドローンでバックアップする

    Fordのコロンブスの卵: 自動運転車のセンサーシステムをドローンでバックアップする

    未来の自動車は、自分が正しく動くために大量のセンサーに依存するだろう。今日すでに彼らは、カメラや超音波機器やレーダーの配列などなどを山のように積み込んでいるが、しかしそれらの多くは、やや規格から外れたようなドライバーのアシストが主な目的で、しかもそれらが万一動作しなくても、いざというときは人間ドライバーが持っている感覚器に頼る、という前提だ。 しかし、そのかんじんの、人間の感覚器が役に立たないときもある。そこでCNETの報道によるとFordは、車載センサーのバックアップとして、人間の感覚器官に代わる新しい方法を編み出し、特許を出願した。… 続きを読む