dropbox

  • Dropboxの上場予定価格は16-18ドル、時価総額100億ドルには届かず――別途Salesforceが1億ドル出資

    Dropboxの上場予定価格は16-18ドル、時価総額100億ドルには届かず――別途Salesforceが1億ドル出資

    先月、上場準備中であることを発表したDropboxは、今日(米国時間3/12)、証券取引委員会に提出したS-1書式をアップデートし、売出し価格を改定した。DropboxはNasdaqに上場して1株当たり16ドルから18ドルで3600万株を売り出す。18ドルの場合、売却総額は6億4800万ドルとなる。ティッカーシンボルはDBXが予定されている。 続きを読む

  • DropboxがIPOを前にしてSalesforceの深い統合を発表、エンタープライズの評価アップをねらう

    DropboxがIPOを前にしてSalesforceの深い統合を発表、エンタープライズの評価アップをねらう

    Dropboxはこのところ忙しい。2週間前にはIPOを発表した。ついこないだの先週には、Googleとの大型パートナーシップを発表し、そして今日(米国時間3/9)は、Salesforceとのより深い統合のニュースが飛び込んできた。 続きを読む

  • 駆け足で振り返るDropboxの歴史

    駆け足で振り返るDropboxの歴史

    Dropboxが初めてスタートアップシーンに登場したのは、2007年の夏の、Y Combinator Demo Dayでのことだった。その後同社は成長を続け、何億人ものユーザーを抱え、その価値も100億ドルを超えた。このことで皆が期待してきたIPOのための機は熟したのだ。 しかし、このクラウドストレージ企業は、成功への道のりで沢山の競合相手を打ち負かしながら、どのように世界で勝ち残ったのだろうか?Dropboxの簡単な歴史を振り返ってみよう。 続きを読む

  • Dropbox、Googleと提携してG Suiteを正式サポートへ

    Dropbox、Googleと提携してG Suiteを正式サポートへ

    Drpoboxにとって盛りだくさんな一週間だった。金曜日(米国時間2/23)に同社はついに上場することを発表した。しかし、それだけではなかった。今日(米国時間3/1)同社はGoogleとの提携によって、G SuiteをDropboxに統合すると発表した。 続きを読む

  • ついにDropboxがIPOを申請、プライベート時代の評価額を上回るか?

    ついにDropboxがIPOを申請、プライベート時代の評価額を上回るか?

    いよいよ本物。DropboxのIPO申請書類がこれだ。 上場はDropboxにとって大きな節目であり、それはここ数年間、もっとも期待されたIPOのひとつだ。このクラウドストレージ企業は2007年に創業され、これまでに6億ドルあまりを調達してきた。 続きを読む

  • Dropbox、非公開で上場申請書を提出

    Dropbox、非公開で上場申請書を提出

    Dropboxは密かに株式上場を準備しているとBloombergが報じた。TechCrunchもこのクラウド・サービスの有力企業が2018年に株式を上場する計画だという情報は得ていた。Dropboxにコメントを求めているがまだ回答がない。 続きを読む

  • DropboxがAutodeskを統合、大きな設計ファイルのコラボレーションがクラウドを意識せずにできる

    DropboxがAutodeskを統合、大きな設計ファイルのコラボレーションがクラウドを意識せずにできる

    Dropboxが今日(米国時間11/14)、Autodeskのユーザーが大きな設計ファイルに、より容易にアクセスし共有できるための、二つのプロダクトを発表した。ひとつはDropboxに保存しているAutodeskのファイルをAutodeskのソフトウェアからオープンしセーブするためのデスクトップアプリケーション、もうひとつはAutodeskがなくても設計ファイルを見ることができるアプリケーションだ。 続きを読む

  • 新アカウントタイプDropbox Professionalはフリーランサーやクリエイティブに便利な機能を揃える

    新アカウントタイプDropbox Professionalはフリーランサーやクリエイティブに便利な機能を揃える

    Dropboxには大きなストレージのPlusアカウントがあり、いろんな機能を揃えたBusinessアカウントがある。しかしこれまでなかったのは、一部の高度な機能はほしいけどBusinessにグレードアップする理由はないという個人事業主や小企業のためのサービスだ。今日(米国時間10/17)同社は、この宙ぶらりんのユーザーを対象とする新しい種類のアカウントDropbox Professionalを発表した。 続きを読む

  • DropboxのコラボレーションツールPaperがドキュメントのプレビュー機能などを加えてアップデート

    DropboxのコラボレーションツールPaperがドキュメントのプレビュー機能などを加えてアップデート

    大企業を相手に一挙に大量のユーザーを獲得したいDropboxは、そのためにプロダクトのチューンナップを続けている。今日(米国時間8/30)のアップデートではコラボレーションツールPaperに、ドキュメントをプレビューしてからロードする機能などを加えた。 続きを読む

  • Dropbox、独自ネットワークの運用開始――パフォーマンス向上とコスト半減を期待

    Dropbox、独自ネットワークの運用開始――パフォーマンス向上とコスト半減を期待

    昨年、DropboxがAWSから離れ、独自のデータセンターを建設する計画を明らかにしたとき、Dropboxのネットワーク自体も大幅に改革されるはずだ推測された。今日(米国時間6/19)、Dropboxは世界のネットワークの大きなアップデート計画を発表した。これによりユーザーは同期速度が大きくアップし、Dropboxにとってはコストが節減されるという。 続きを読む

  • Dropbox Businessのアドミンダッシュボードがデザイン一新、時間制限など機能を増強

    Dropbox Businessのアドミンダッシュボードがデザイン一新、時間制限など機能を増強

    Dropboxは消費者市場でスタートしたが、最近では企業ユーザーにとって使いやすいサービスにするための多大なる努力を傾注している。今やDropbox Businessのユーザー企業は20万社を超え、彼らはそのクラウドストレージサービスの上で社員たちが機密性のあるファイルや情報にアクセスするときのための、より高度でより細かい管理機能とセキュリティをますます求めるようになっている。 今日(米国時間6/13)同社は、アドミンダッシュボード上の機能をさらに増やした。それは同社の、AdminXイニシアチブと呼ばれる大きなプロジェクトの一環だ。 続きを読む

  • Dropbox、6億ドル融資枠確保との報道

    Dropbox、6億ドル融資枠確保との報道

    大型ユニコーン企業の一つ、Dropboxは素早いキャッシュ調達を必要としているようだ。Bloombergの最新の記事によれば、同社は6億ドルの融資枠を確保したという。これはDropboxが上場する前の最後の「資金調達」になるかもしれない。 続きを読む

  • DropboxやG Suiteなど複数のクラウドサービスを一括サーチ ― Swiftypeが新プロダクトを発表

    DropboxやG Suiteなど複数のクラウドサービスを一括サーチ ― Swiftypeが新プロダクトを発表

    今日紹介するSwiftypeは元々、TechCrunchなどのニュースサイトで利用するサーチシステムを開発していたスタートアップだ。しかしその後、同社はカスタマーサポートやEコマースの分野の企業にもシステムを提供するようになった。そして今日、Swiftypeはこれまで以上に大きな飛躍をすることとなった。同社が新しいエンタープライズ向けのサーチプロダクトを発表したのだ。 中小規模向けに開発されたSwiftypeの新プロダクトを利用すれば、さまざまなクラウドサービスからお目当てのファイルを見つけ出すことが可能だ(先日にはGoogleもClo… 続きを読む

  • Dropbox、年間売上予測は10億ドルと発表

    Dropbox、年間売上予測は10億ドルと発表

    今日(米国時間1/30)サンフランシスコで行われたイベントで、Dropboxはメモ帳アプリのPaper、およびSmart Syncの新機能を発表した。CEOのDrew Houstonは、同社の売上成長と、セルフサービス・ビジネスモデルについて話した。 続きを読む

  • DropboxのSmart Syncを使うと、クラウドにあるファイルを直接アクセスできる

    DropboxのSmart Syncを使うと、クラウドにあるファイルを直接アクセスできる

    今日(米国時間1/30)DropboxはSmart Syncを発表した。Dropboxのクラウド上に保存されたファイルを、ローカルに保存することなく直接アクセスできる機能だ。 続きを読む

  • Dropbox Businessが企業ユーザーのためのセキュリティを多面的に強化、ソフトウェア管理のオンプレミス並を目指してSymantecとパートナー

    Dropbox Businessが企業ユーザーのためのセキュリティを多面的に強化、ソフトウェア管理のオンプレミス並を目指してSymantecとパートナー

    最近のDropboxは、同社のDropbox Businessプロダクトに力を入れていて、今日は同社の企業向け製品を大企業によりアッピールするための広範なアップデートの一環として、セキュリティベンダSymantecとのパートナーシップを発表した。 続きを読む

  • Mac用のデスクトップクライアントがOS Xのセキュリティを侵しているという批判にDropboxが答える

    Mac用のデスクトップクライアントがOS Xのセキュリティを侵しているという批判にDropboxが答える

    Dropboxが、同社のクラウドストレージサービスの、Apple MacOS用のデスクトップクライアントの実装をめぐる懸念に答え、またその統合化機能や、OSにリクエストしているパーミッションに関しては、もっとユーザーとコミュニケーションすべきだった、と反省を述べた。 Dropboxでデスクトップクライアントを担当するチームのBen Newhouseが、こう述べる: “DropboxのOSとの統合について、もっとよく伝えるべきだったことは明らかだ。パーミッションは一回求めているが、何をどうしているのかを説明しなかった。それは、直さな… 続きを読む

  • Dropboxの2012年の事件では社員のパスワード再利用により6000万あまりのユーザー認証情報が盗まれていた

    Dropboxの2012年の事件では社員のパスワード再利用により6000万あまりのユーザー認証情報が盗まれていた

    【抄訳】 Dropboxが今週初めに開示したところによると、同社の大量のユーザーの、2012年に取得された〔==盗まれた〕認証情報が、闇のWebを放浪している。しかしその実際の数は、最初に考えられたものよりも、はるかに大きかったかもしれない。 最初にMotherboardが報じ本誌TechCrunchの情報筋が確認したところによると、6000万あまりのアカウントの認証情報が盗まれた。今回Dropboxがパスワードの侵害を開示したことは、2012年の事件のときの同社の態度に比べると、進化している。そのとき同社は、ユーザーのメールが唯一の盗ま… 続きを読む

  • Dropbox、パスワード再設定を求める―対象は2012年半ば以降変更していないユーザー

    Dropbox、パスワード再設定を求める―対象は2012年半ば以降変更していないユーザー

    Dropboxは今日(米国時間8/25)の午後、2012年半ば以降一度もパスワードを変更していないユーザーにパスワードの変更を求める。 2012年6月にLinkedInがハッカーにに侵入され、その際盗まれたみられる1億1700万のアカウントのパスワードが今年5月にネットにアップされた。この事態を受けて2012年半ばという時期が決定されたとみられる。最近、過去の大規模なハッキングで盗難にあったパスワードや個人情報がネット上で発見される例が続いている(また今年5月にはMySpaceが大規模にハックされた)。 続きを読む

  • Dropboxのロスレス画像圧縮ソフトウェアLeptonは、あの‘middle-out’アルゴリズムを使っている

    Dropboxのロスレス画像圧縮ソフトウェアLeptonは、あの‘middle-out’アルゴリズムを使っている

    “middle-out”(ミドルアウト)アルゴリズムは、テレビドラマ「シリコンバレー(Silicon Valley)」のもっとも劣悪な(そしてたぶんもっともおかしい)シーンで有名になったが、Dropboxが最近作ったクールなロスレス画像圧縮ソフトウェアLeptonでは、それがフィクションではなくて本物だ。 Leptonは、JPEGで圧縮した画像のファイルサイズのほとんどをさらに最大22%縮小するが、それでいてオリジナルのビットを一つも失わない。どうやれば、それが可能なのか?…ミドルアウトを使うのだ。 続きを読む